忍者ブログ
アルミは軽くて強い。加工しようとするとやたら粘っこいクセに熱に弱かったり、となんとなく親近感を覚える素材なのであります。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
天気のいい土曜日。

朝から車の荷物を下ろし・・・下ろし・・・下ろし・・・どんだけ積んどんねんOTL

久々にフロアの見えた車にママチャリ積んで。

車屋へ。

二年に一度の車検。

そして、足の踏み場のなくなった俺の部屋OTL

***

ええ天気やけど、足ないんじゃな~と、おとなしく子どもらと遊んでたが。

夕方・べた凪・無風・満潮下げ始め、に惹かれるところあり。

17時半、ヘッドライトとミノモン2つポケットにねじ込み、AR-C持って、チャリで海へ。



アフタースポーンならベントス食よなぁ。

心当たり一カ所目、スカ引いたものの。

二カ所目、1投目からバコン!と食い上げ。

エラ洗い。

寄せても、底に向けて突っ込み。

最後はズリ上げ。



ダイソーミノモンをハーモニカ。

フックを外してるとゲボしたのは大量のボケ。

読み通り(ニヤリ

18時、魚ぶら下げて帰宅。



腹割ってみたら割と脂残ってた。

明日に期待。


PR
昼前からぼっつら和歌山に下り。

M○Xで解凍済のオキアミ一枚買って。

刺し餌一掴み抜いたオキアミ細かく切り刻み、押し麦1/3袋・3倍チヌ半袋・V9遠投半袋のいつものレシピで撒餌こしらえ。

川に向かおうと走らせたが、田中町交差点で左に曲がり、BOOK○FFとポンコチ屋はしご。



北島着、13時半くらい。

風もないええ天気の祝日なもんで、橋の下から南海鉄橋まで等間隔にチヌ師が並ぶ。

一番下手に陣取り、準備。

風もないので、川は澄潮、いつものポイントは底まで丸見え。

ちょっと沖の底が見えなくなっている場所をポイントに設定し、撒餌入れていき。

ぼっつら流す。

段々とボラが集まり、そろそろかな~と思ったら、下手からぴちゃぴちゃと跳ねながらコノシロの大群到来。

目の前のポイントはボラとコノシロで充満。

これ、底にチヌ入る余地あんのかな・・・。

刺し餌ベタ底で這わして、チヌのアタリを待つが・・・これが、遠い。

15時を回ったところで、ちょんとボラアタリのように沈んで、浮いて~からのマッハの潜航。

ボラっぽいけどなぁ~、掛かったもんはしゃあない、と竿を立てると一気に沖へ突っ走る。

LBで足を止めに掛かるが、巻きにかかるとまた突っ走る。

ボラ臭いな~、チヌやったら大概のサイズやけどなぁ。

だましだまし寄せて来ると。

川底でギラリと光ったのは幅広いタイ型。

よっしゃ~!!と更に慎重にやり取りをしていくと。

思わぬところで、魚の動きがストップ。

杭かなんか、巻いたよう。

そのままテンションキープで、自分から外してくれるのを待つが。

プツン!という感触と共に穂先が跳ね上がり、バラシ。

どこに何が沈んでるのかわからん、川OTL

***

30分後に、今度はチヌらしいアタリで40cm級を掛けるも。

今度は見えてる杭に巻かれて、鈎ハズレ。

とことん、杭に祟られる一日やなOTL

16時を回り、「子どもたちが帰る時間です」からラストスパート。

急速潜航アタリからの、沖に突っ走る奴がもう一度襲来。

今度は巻かせへんで~、とLBを駆使し。

ようよう取り込んだのは・・・



ここでは良型だけど、これは・・・いらんなぁw


続いて、ちょん、じわ~・・・からのチヌらしいアタリで、回遊型の35cm級。

今日のチヌは元気なのばかりで。

最後のチヌをポイントに突っ込ませてしまい、アタリも途絶えたので。

16時半、納竿。



お持ち帰り。
13時過ぎ、明日からの仕事に備えて、目薬やら栄養ドリンクやら必要な物資の買い物しながら和歌山に下り。

M○Xで完全解凍済みのオキアミを一枚買い、年末につかった集魚剤の余り混ぜて、北島へ。



(画像は前回の使い回し、ちょっと曇ってました)

無人かと思いきや、河川敷に降りたら、橋の真下と上手に先客3名様。

少し下がって、14時半、店開き。

こないだは満潮から下げ釣ったけど、今日は15時半ごろ満潮。

ゆっくり上手に上げる潮にパカパカ撒餌打ち、仕掛けを張る。

先客がいるからか、早々にボラが集まり。

最初から尾羽掛けで流し始める。

潮はゆったり上手に行ったり、止まったり。

撒餌バラけさせて、ウキに被せてると、ぼつぼつボラアタリが出始め。

15時過ぎ、じわ~っとシモったウキが急速潜航。

ピシッとアワセ入れるとガンガンガン!!

右に左に走り回るのをいなして、空気吸わせて、御用。



ミッションコンプリート。

ストリンガーに掛けて、撒餌入れて、ポイント休ませて、再開。

再びシモっていくウキ。

ガンガンガン!

うひょ~。

キビレ・カイヅさん交じりで連発。

そして。

16時前に流れが速くなり、16時の「子どもたちが帰る、時間です」には、川に。

数は出せるようになってきたが、この流れでなんとか、アタリを出したい。

ウキ下替えたり、水中ウキ入れたり、這わせたりと試行錯誤を繰り返し。

17時前、ようやくカイヅ一枚食わせたのを機に納竿。

「こちらは、防災和歌山市です。和歌山市が、5時をお知らせします♪」



キープ3枚、2枚お持ち帰り。
年末繁忙期も28日終電で終わり。

年始繁忙期が始まる3日まで束の間の休暇。

29日は間近に迫った車検の見積もり・予約、食品の買い出しで終わり。

体の空いた30日、納竿のため、昼から南下。

MAXで解凍済みのオキアミ3㎏買い、刺し餌分、一掴み抜いて。

昨年の残りの3倍チヌ半袋に押し麦増量、最後にV9遠投半袋。



捏ねずに均一に切り刻んで、仕上げ。

***



0時半すぎ、現着。

ためる撒餌10杯ほど打ち、広範囲に撒餌ちらばし。

仕掛けの作成。

円錐ウキBにハリス1ヒロ強の固定ウキ、チヌ鈎2号、ガン玉G3で開始。

最初は頭付のオキアミから流し始め。

15分ほどでエサ取りが頭齧るようになったので、尾羽だけに替え、チヌを待つ。

ボラがぼちぼち来始まったな~と思ったら。

落ちる撒餌にすい~っと浮いてくる影。

チヌ来てるやんw

オキアミ付け直して流すと。

じわ~っとしもったウキが急加速。

アワセ入れるとゴンゴンゴン!!

LB逆転して、撒餌の範囲から出したら、下手に歩き、遣り取り。

空気吸わせて、タモで御用。



ボウズ解除。

ストリンガーに掛けて、釣り座に戻り。

撒餌パカパカ入れて、再開。

数投後、ウキが斜めに走り。



二枚目~。

ここからはポイント休ませつつ、撒餌巻いては、思い出したように仕掛け流すと。

数投毎に反応があり。

15時前にストリンガーに5枚。

入れ替えしつつ、釣り続け。

9枚目にカイヅさんがきて、終わりの合図。

15時半、撒餌余して、納竿。



お持ち帰り、40ほどまで5枚。




2枚をささーっと開いて、焼きもんと造り、味噌汁はアラ出汁で晩飯。

***

今年の釣行回数35回?

振り返ってみれば、ほとんど太刀魚ばっかりやなOTL

ボラに始まり、チヌに終わる、いつもの年末であったことよ。。。

年々、釣りに行く時間もままならなくなってきてるが、細々と続ける所存。

皆様もよい年末年始をお迎えくださいませm(_ _)m
朝から昼まで、子どもらは習い事のクリスマス会。

家が静かになってから、よろよろと起き出し、朝飯とコーシーをすすりこみ、10時前、出発。

手元にあるのはルアー一式と、先週使うつもりで買ってた青400円。

時間もあんまないし、川でマゴチかな~と、R26バイパスに乗ったが。

淡輪過ぎたあたりで、古い話を思い出し。

岬ランプで降りる。

ついたのは某テトラ。

AR-C1006改にタコ用のPE5号巻いたツインパワーをセットし、飴玉錘10号、サルカン結び。

その先にハリス10cmほどのチチワに結んだカレイ鈎、ハリス3号。

穴釣り、というよりは、テトラ際ぽっちゃん仕様。

テトラ際に白く見える砂地に青イソメつけて落とし込み、探っていく。

早速、ここここ・・・と来て、磯ベラ。

これが来ると、ちょっと違うんだよな。

よいよい、とテトラを進み、また際に落とし込む。

ガガガ!と来て、期待するも。



カンダイの仔。

ちょっと近くなってきたか?

海藻の生えたゴロタとテトラの間の砂地に落とし込むと。

ガンガンガン!と当たってきて。

竿をあげると、テトラの影から茶色の長い魚影が。



おったおった。

似た感じの所をぼつぼつ探っていくと。

条件の良い所では二尾三尾と連続で食って来るが、小型多く。

狙いは尺上、で釣り進んでいくが。

尺上まで辿り着くより400円の青の方が尽きるのが早く。

12時過ぎ、納竿。

誰かに抜かれた後っぽかった。。。



オカズ分ほどキープ。
次のページ >>
カレンダー
12 2019/01 02
S M T W T F S
1 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 16 17 18
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[01/10 KAT]
[01/09 ペイ太]
[01/02 KAT]
[12/31 ハオコゼ]
[11/25 KAT]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAT
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1976/02/09
趣味:
釣り・工作・料理
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]