忍者ブログ
アルミは軽くて強い。加工しようとするとやたら粘っこいクセに熱に弱かったり、となんとなく親近感を覚える素材なのであります。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
パゲ釣りからほぼ一か月。

休みは取れてたものの、ほぼ子守とイベントで消化される休暇。

年々自由時間が減る事よ・・・。

今週は月夜のはじまりで、闇夜の徘徊もできず。

深夜にリールのメンテ。



サーフリーダーCi4+と15プロサ3台。

構造はほぼ一緒、サフリだけクロスギアのリダクションギアが二つ。

クロスギアがメインシャフトより上にくるパターンのリールだが、中身は従来のリールより大分簡素化されて清掃・オイルアップしやすくなった気が。

あとグリスが蛍光グリーンでごく少量なのはなんでかしら?

サフリは回転の軽さ重視でパーマルブ&OIL仕様で素組み。



プロサはメインギアとピニオンのグリスをSW系グリスに替え、もっちり脂ギッシュに。
ついでにラインローラーの隙間に特殊撥水グリスを封入。

こちらは耐久性重視。

ついでにキス鈎を少々連結して、隙あらば・・・泉南キスの調査に・・・

なんて考えてたのが先週の事。

***

午前中からのイベント補助・子守を終え、15時帰宅。

潮はこれから上げの夕方満潮。

ちょろっと行ってきますかね~。



キコキコやって来たのはいつものハマ。

15時半開始。

例年ならGWに釣れ出し、今頃は地元のおいやんが朝から頑張ってるハズだが、その姿もなく。

EXに25号ぶら下げて、5本鈎で投擲。

2・3回投げるもプルン、と弱弱しいピンのアタリはあるが、ドドドド・・・と来るような食べごろサイズの反応なく。

まだ早かったか~。

せっかく来たんだし、と久しぶりの並継を振り回し、投擲訓練と泉南名物・障害物キス釣り訓練。

17時、ぼちぼち終わろうか、と思ったところで。

ブルン、ドドドドド・・・・!!

お~、久々のこの感触。



なんとか顔は見れました。

リリースして17時半、帰宅。

期待していった割にはお触りだけでお預け、みたいな欲求不満が。。。

ブルンブルンいわすキス釣りしたなってきたな~。

和歌山行くか。。。
PR
テンヤの太刀魚釣りを師匠に教えてもろた時から、「南紀のハゲ釣り」の方がオモロイで~と誘われていたのだが。
仕事の都合やら子守やらで中々都合が合わずに断り続けてはや5年?

実は今使ってる振出投釣りの装備一式は紀ノ川用のEX-Tを除けば南紀パゲを想定して揃えたものだったり。

当日は嫁と子供がイベントで別行動が確定し、ようやくお供できることに。

平日仕事が終わってから、作り貯めておいたハゲ仕掛・装備をかき集め、本来のハゲ装備に再集約し。

29日午前0時過ぎにJ.Jおやびんとそ~兄、師匠のお友達のJさんと共に南紀へ出発。



渡船に乗って、6時前にはJ.Jおやびんと一緒に岩の上。

道具立ては初代すっぴん405DX-TにPE1.5+NA力糸12-5、鉛27号にモトス8号・ハリス3号+チモト保護チューブ、餌は細いマムシ。

久しぶりの磯投げに四苦八苦しながら投げてると。

「○○~、足場悪いとこでも投げれるように体幹鍛えんとアカンで~」

と鋭いチェック。

シモリにブチ込み、一式やり直しとかしてる間に。

隣から「きたでー!!おおおおようひくわ~」と楽しそうな声。

巻き上げるその先には、デパ地下でしか見んような卓球ラケットサイズのハゲ。

波止サイズ見慣れた目には超でけー。

これよりデカいうちわ・お盆サイズが居るっちゅーんだもんね、海は怖いわ。

パゲの引き釣りをイメージしつつ、竿引きやってみたり、キス引き釣りのフォームを変更したりしながら引いてると。

ここここ・・・っときて



北枕。

パゲはもっと鋭くカンカンカーンてハッキリ当るで~と指摘を受け、続行してると。

ゴッ!

???

ゴッゴッゴッ!!

なんやこの、鶏に突っつかれてるみたいな、ペンチで挟んで捻る的な暴力的なアタリは。

うおらぁ!と竿を立てたはずがそのまま竿先残して竿半月。

おおおお、締め込みよる~!!

底切って寄せて来ると、ぼこんと浮いたのは初ハゲ。



う~む、感無量。

波止で垂直にコン!と来たのを皮一枚で掛ける釣りとは根本的に違うな。

横から投げてハゲ食わすとえらい暴力的やん。。。

一発目の横走りは病み付きになるな。



なんとか一枚確保した後はマンダームな時間が続き。

ドピーカンの灼熱地獄。

初めてのパゲ釣りなので、竿一本手持ちスタイルで引いては待ち、引いては待ちを繰り返し。

ぽつり、ぽつりと追加。

途中、今日一サイズを掛けるも、スピニングB11号折れてぶち凹み。

試行錯誤してる間に、あっちゅうーまのお迎え船の時間。

「○○~、船、あっちから回ったからあと何投か出来んで~」

の師匠の言葉に最後の一投。

カケアガリに止ておいた置き竿にコンコーンときて。

ラストに回遊型の青白いハゲを一枚追加。

最終的に師匠5枚、わて4枚で納竿。

***



今日のエモノ、パゲ23-27。




そして、晩飯。

ラストの一番小さい回遊型がキモ・タマゴ共にアタリで。

薄造り&肝醤油でいただきました。

***

J.Jおやびん、そ~兄、Jさん、大変お世話になりました&ありがとうございました。

また、癖になりそうな釣りを教えていただいて、ありがとうございます。。。
例年2月の海は低水温で。

泳ぐ魚よう釣らんもんやから、アサリ掘りなどに精出すのだが。

潮位がええ塩梅になってきたな~と海の様子身に行ったら。



うそ~んOTL

例年3月入って、貝毒出始めて、4月上旬に解除ってのが例年のパターンで。

2月中旬から貝毒警報出たのはここ15年で初めてではないか?

今年は低水温が続き、今でも谷川で8度台。。。

春はそこまで来てるのになぁ・・・。
地獄のような一週間が終わり。

平穏が訪れた12日、出撃許可が下り。

13時前、阪和道乗って山越え。

餌仕入れて撒餌練って、14時にはスタートして、16時半満潮下げ始めで一枚確保が今日の予定。

○西でポンコチ偵察がてら集魚剤を買ってると。

「あれ、○○やん」

これはこれはの投げ師匠m(_ _)m

同輩の投竿物色中の師匠とやっぱ405のDやったらあれだしょ、とかスピンは06やろ、みたいな謎の会話を繰り広げ。

はっと気づくと13時半回っとーし(汗

暇乞いをして、解凍オキアミ置いてるM○Xへ移動。

ほどよく半解凍のオキアミ一枚入手し、車に戻って、バッカンを取り出し・・・


は?


バッカン一式あれへんOTL

先週、チヌ入れたから洗って干したまんまやぁ~!!

これから帰って出直して40分か・・・

M○Xの前でU切って、再度阪和道で山越え。

道中、餌冷蔵庫に放り込んで来週にするか・・・とか様々な事が思い浮かぶが。

家の前に着き、オキアミ開封。

集魚剤と麦とオキアミ混ぜ、再出発14時30分。

走り出したら、インパネにオレンジのランプが点灯、ガス欠かよ。。。

とことんツいてないな、今日は。

ガソリン補充し、今度はR26バイパスに乗り込み、川まで一直線。



14時50分、川着。

一昨日の雨で程よい濁り。

パカパカと撒餌打って、仕掛け組んで、ようやく開始。

上げ潮だが、放流が効いているせいか、ゆっくり川。

全オキアミで流しているとポツポツ頭齧られ始め。

チヌを待つ。



16時を回ると、粉雪が舞い始め、ウキを見ていると平衡感覚がおかしくなってくる。

16時半、ぼちぼちやな・・・と思ってると。

ウキがじわじわシモり・・・シモり・・・走らんなぁ・・・。

もうええやろ、と竿を立てると、おも~い感じでばたんばたんと頭を振る感触。

走る気配もないのでそろりそろりと寄せて来ると。

笹濁りの海面に見えてきたのは茶色い魚影。

もしやのマゴチさん!?と思ったのも一瞬。

茶色は赤銅色のボディに変り。

三角のヒレ、丸い口には口ひげ、のカープ大将OTL

しかも、全長70cm、推定5㎏の大物w

海面に浮かせた途端、頭を下げての急速潜航。

低水温で動きは鈍いが、強烈なヒトノシ。

こんなんマトモに相手してたら15分は無駄になるじょ~。。。

上げるのも億劫なので、下手に誘導し、水中に沈んでる乱杭場に持ち込み、ゴリ巻き。

案の定、乱杭に突っ込み、うまいこと鈎ハズレ誘発。

***

ハリス遣り替えて、チヌのアタリを待つが。

防災和歌山市が鳴っても、日没にも音沙汰なく。

17時半、納竿。

○ボ。
朝から恒例の野菜の買い出しに行き。

出撃許可が下りたので、昼から先週の雪辱戦で川へ。

途中の温度計は2℃。

我ながらアホやなぁ。。。

M○Xでずるずるのオキアミ一枚買い、刺餌用に一掴み抜いて、4倍チヌ半袋にV9遠投半袋をブレンド。

先週もドッグラン近辺は釣りとドッグランとで昼前から駐車場待ちが出るほどなので、北島橋へ。

用意して川に降りると・・・。

ありゃー、三世代釣り師に橋下の上も下も押えられとる。



少し下手で開店、13時。

満潮14時前でチャンスタイムは始まってる。

撒餌をバラ撒きつつ、寒風に吹かれながら打ち返す。

時々、陽が差すものの、小雪も舞う。

15時過ぎ。

回収寸前のウキがじわーっとシモり、そのまま急加速!

チヌか?

じっくり待って、竿を立てると。

ぎゅぎゅぎゅぎゅ~~~ドタンバタン、ぎゅううううううううううん!!

あかん、ボラや。。。

下手に歩いて、ポイントから引き離す。

走られては寄せて、走られては寄せて、を繰り返すが、全然ウキ見えて来ね~しw

もう、切るか~と思ったら。

お「兄ちゃん、すくおか」

散歩のおいやん登場。

K「ボラやからええわぁ」

お「そうかぁ、今時期のボラ旨いでぇ。チヌなんか裸足で逃げ出すで」

確かにな~。

おっさんとボラの話をひとくさり。

ソロバン旨いでな、で意気投合してしまい。

お「ほかすんやったらもろて帰るわ」

無事ボラは上がり。

おいやんは奥さんに電話を掛け、今晩の寿司キャンセルとボラの収穫を報告し。

ニコニコ顔で帰っていったw

・・・あんだけ嬉しそうにされたらこっちまで嬉しくなってくるやんけw


***


片付けも済んで、再開。

ボラアタリが出始めるも、完無視を決め込み。

刺餌をオキアミ尻尾のみに切り替えてチヌを待つ。

撒餌の範囲よりちょい沖を流してると。

ウキがじわ~っとシモり、急速潜航。

ピシッとアワすと、ガンガンガン!

おー、塩焼きサイズのカイヅさん、ひさしぶり♪

次も同サイズのカイヅさん。

チヌ集まって来たか~?

今日は掛けてからは上手か下手に誘導し、撒餌エリアを走り回らせんようにする事を徹底。



三枚目は40弱のよう走る奴。

その後。

撒餌入れて、場を休ませて、ウキ流す。

ウキ沈む、竿立てる、ガンガンガン!

うひょ~♪

以下、繰り返し。

痩せたんと口丸いのんは逃がし、パンパンの肥えたんだけキープ。

・・・

・・・・・


17時の防災和歌山市と共に納竿。

今日は紀の川チヌ、堪能した。




お持ち帰り、造り2軒分と西京漬け用と塩焼き家族分。

***

翌日の晩。



一日寝かせたチヌで造り、白和え、出汁巻、香の物に中骨出汁の味噌汁。


三日後。



漬け上がった西京漬けと自家製一夜干しとで晩飯。

縮尺がオカシイのはドンブリ飯とドンブリ味噌汁のせいw
次のページ >>
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/03 KAT]
[05/02 ツインパワーZ ]
[05/02 KAT]
[05/02 KAT]
[05/02 KAT]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAT
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1976/02/09
趣味:
釣り・工作・料理
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]