忍者ブログ
アルミは軽くて強い。加工しようとするとやたら粘っこいクセに熱に弱かったり、となんとなく親近感を覚える素材なのであります。
[62]  [60]  [59]  [58]  [56]  [55]  [54]  [53]  [50]  [49]  [48
今年はコロタマやる合間にキス釣りもやってみたいなーと思い。投げ専リールを探していた。
メーカー各社・中古も含め調べてみたが。エントリークラスのリールはどれも似たり寄ったりで。
巻物だけに、中古は状態はきれいでもハンドルを回すとフィーリングが・・・。



結局迷いに迷った挙句。D社のウインドサーフ35新品が手元に。
新品のリールなんで何年ぶりだろう・・・

決め手になったのはベアリングの配置と重量。ピニオンギア・メインギアにそれぞれ2つのベアリングを割いているのはこの機種だけで。重量も金属ボディの同クラスのリールが500g後半~600g台のところ、樹脂ボディの本機は540gと頭一つ出た感じ。

普段なら、新品のリールを買う際は2~3台いじらせてもらって、一番フィーリングの良いものを買うようにしているのだが。今回は在庫が1つしかなく。

面倒だったので、チェックもしやんと。

他に注文してた部品と一緒に、お買い上げ。

***

そして。それは始まった。

家族が寝静まった後、ガサゴソと箱を開封。早速ハンドルを左に換えて調子を見ようと、ハンドルキャップを回そうとしたら・・・指先に違和感。

ハンドルキャップ傾いでるやんOTL

・・・まぁ、ボディと擦れてる訳ちゃうし、ええか(汗

ハンドルを左に付け替え、ハンドルキャップをきっちり締め付け。さー回そうか・・・アレ?

ハンドル固定できなくてガタガタやんOTL

再度ハンドルキャップを外し、ハンドル側は刺したまま、キャップについてる白いハンドルカラーだけ挿入。

ねじ込み式のハンドルならきっちり根元まで入らなあかんカラーがぴょこんと飛び出て。

隙間が2mm(-_-;

寸法もしくは付ける部品間違ってるか、ハンドル軸エッジの面取り処理ミス?
ベトナムの職人さん・・・ちゃんと仕事してよ・・・

ええい!世話が焼ける!とデザインナイフでハンドルカラ-を削り、現物合わせで調整。ようやくハンドルがきっちり固定された。

さー回してみよか!

「ぶんぶんぶんぶぶぶ・・・・」

ローターブレまくりやんOTL

スプールを外し。Eリング取って、糸落ち防止リング取っ払い。ゆるみ止めのビス抜いて・・・ローターを固定しているナットを外そうとレンチをかけたら・・・力入れるまでもなく

「クルクル・・・」

だあああ!ローターナットくらいきっちり締めとけよっ!?

きっちり締め込み。組み戻して。ようやっとまともな回転になった。
オシュレートの上下支点にゴリ感あるけど、その内なじむやろ。オイルアップはとりあえず見送り。

***

エアベールて初めてなんだよね。マニュアルリターンて何やねん・・・とローター周りいじってたら。
重大な欠陥発見(もう嫌・・・

ラインローラー不動(爆

こよりにしたティッシュでうりうり押して回らんのは「きっとブッシュのせい」
ナイロンライン掛けて動かそうとしてもビクともしない「ハハハ・・・こやつめ」
まさかねーと楊枝で回そうとしてもビクとも「・・・」

カタログでは二軸受けラインローラー(ブッシュ2つ入ってるよ)とか謳ってるけど。

固定だったとは予想外OTL

これまでの不具合でイライラ来ていたワシ。躊躇無くドライバーをラインローラー軸のに掛けたさ。
企みもあったしね。

「グググ・・・グリ」

嫌ーな感触と共にネジナメるしOTL
マイナスドライバーに持ち替え、再度挑戦。少し回って「・・・グリ」あああまたやってもた(TOT)
どんだけ固いねん・・・。

こうなったら後には引けん。

ルーターを取り出し、ナメたマイナス部分のエッジを落とし、再度挑戦。半回転「グリ」

これが車の部品とかならインパクトドライバー打ち込むとか、ドリルで頭落としてリムーバー打ち込むかと。バーナーで焼いてみる等の強引な手段が取れるが・・・

悲しいけど、これリールなのよね(TOT)

おまけにベールの方はバカ高な上、指定部品とかで修理対応のみになるみたいだし、絶対に壊すわけにはいかん・・・。

再度削る。少し回せて「グリ」・・・「グリ」・・・

プチッ(-_-メ

チュイイイイイイイイイイン



これでさっぱりしたやろ!浮いた頭にペンチ掛けてようやくご開帳。
原因は・・・

ブッシュとローラー軸にまで赤いネジロック回ってましたOTL

ネジロックの滓を取り除いたらそれなりに動くようになり。ようやく一安心。
画像撮っておけば良かったな・・・
ボロボロにして取り除いたローラースクリューにはたっぷりと赤いネジロック剤。明らかに付けすぎ。
まさかとは思うけど。ロックタイトの高強度のアレちゃうやろな(汗
暫定で削った部分を滑らかに仕上げ。ジャンクのクロスキャストからローラースクリューを移植して・・・3mm短いのは目を瞑ろう。ダメにした部品は後日再発注って事で。

そして件の部品を組み込む。08TサーフZ45のローラー周り。

前もって用意してたパーツを組み込み(下:ノーマル、上:別途パーツ)。
6ベアリング化完了。先人の知恵にお世話になりましたm(_ _)m



2時間の紆余曲折の末。
ようやっと満足に動く、ウィンドサーフの完成でーっす(アレ?

これだから○社のリールは・・・とかはよう言わんが。
今回はツカンポに過ぎた・・・最低限、購入時に動作チェックだけはしとくんやったOTL


以上。実話です。。。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
OTLでつ
精密機械化し続けるリールを大雑把な職人が組み立てることによって起きた悲劇(喜劇?)でつね。
アタマ使って図面書く人間と、身体使ってモノつくる人間がまったく別やから、どうしようもないですわ。
昭和がすべてよいとは言いませんが。。。

ちなみに、キス釣りはあんまりしませんが、ほんとにプロキャスター7000を現役で使ってます。
PEを使うときは…プロスカイヤー6…実話です(爆)
じゃこ 2011/04/30(Sat)02:49:10 編集
Re:OTLでつ
今回は楽しませてもらいましたよー。動かんものを見ると血が滾るというか・・・動かしたくなるというか。
大雑把な職人さんが作る事によって大当たりと大ハズレが出来るのも事実。今回は大ハズレが回ってきたようで・・・。

キス釣りね。今まで食いたくなったら朝市とかで買ってたんですが・・・。今年は近場も含めて出撃回数激減が予想されるので「足元」狙ってみようかなーと。
年代物といえども、メンテして状態維持して、実用しているじゃこ兄には感服しきりであります。
今回は楽な道選んだはずが、とんだ回り道OTL
KAT 2011/04/30(Sat)15:41:08 編集
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[07/19 KAT]
[07/18 ツインパワーZ]
[07/05 KAT]
[07/04 ツインパワーZ]
[06/30 KAT]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAT
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1976/02/09
趣味:
釣り・工作・料理
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]