忍者ブログ
アルミは軽くて強い。加工しようとするとやたら粘っこいクセに熱に弱かったり、となんとなく親近感を覚える素材なのであります。
[413]  [412]  [411]  [410]  [409]  [408]  [407]  [406


4シーズン使い倒したバイオマスターC5000XG

スプールの上下動に引っ掛かりが出てきて、グリスUPでもどーにもならなくなってきたので。

摺動子・クロスギア周りとエコノマイザーを注文。




ギアの摩耗が酷く、ボディを開ける度、グリス真っ黒OTL

右の05バイオ2500に入れたCFギアは軽度の使用しかしてないので、ほぼ摩耗がないが。

左の11バイオC5000のCFギアは表面加工もハゲて摩滅。

そんなに変わらん大きさのギアで大きなローターとスプール動かしてるんだから、当然か。

XGはすぐ中古屋に並ぶイメージがあるが、このあたりにも原因あるんやろなぁ。





今回変更の部品。

クロスギアはアルミ製になりました。

摺動子は目視ではそんなに摩滅してるような印象がなかったが、摺動子ガイド入れて動かしてみるとガタガタ。

クロスギアピンは・・・ずいぶんまんまるになったもんだw

まるっと交換して、組み立てて、終了。

慣らしにルアーでも引いてみるか~と、海に行ってみたら。

なかなかよい塩梅でした。


おまけ



13バイオSWのC5000スプールにエコノマイザーは付くのか、とハメてみたら普通につきました。

カタログには普通のバイオよりストロークが0.5㎜長いとか書いたりする謎な子です。

常識的に考えたら同じボディ・同じスプール長でストロークだけ違うっちゅーのも変だわな。

誤記なんだろ、きっと。


***


無印バイオマスターもカタログから消えて早4年。。。
(かろうじてバイオSWはスフェロス改だけ残ってますけど)

次はどーすっかなぁ?



ストラディック・・・・各部にパッキン入って、摺動子幅も広くなって、ボディ合わせ面も真っ直ぐになって・・・・文句のつけようのないクオリティなんだけどねぇ。。。
(義父が太刀連れてけ、ってーんで急遽買ったものの、今年、太刀不在で出番なしの4000M)

15系統は11バイオとスプールノブ共交換で互換あるから、そっち系かね?

来年の話したら、鬼が笑うかw
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/25 KAT]
[11/25 ハオコゼ]
[11/17 KAT]
[11/16 ハオコゼ]
[11/15 KAT]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAT
年齢:
44
性別:
男性
誕生日:
1976/02/09
趣味:
釣り・工作・料理
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]