忍者ブログ
アルミは軽くて強い。加工しようとするとやたら粘っこいクセに熱に弱かったり、となんとなく親近感を覚える素材なのであります。
[7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
私の持ってるABUの両軸リールは全て80~90年代製の5501C/6501Cのパーミングカップモデル。
折しもバスフィッシング全盛の頃のモデル。当時、ハンク・パーカーあたりが使ってたアレだ。
(リック・クランはTD-1Hiだったな・・・)
当時TD-1Hiを使ってたが、当時のABUは諭吉3人ほどはしてて、厨房には手も足も出なかったOTL

で、時は流れて平成の世の中。当時憧れのリールが中古釣具屋に手頃な値段でゴロゴロしてる
ので、状態いいのを見つけるとつい「お助け」してしまうのだ・・・


閑話休題


10年以上前のリールとは言え、今でも実用に耐えるのがABUのええところ。餌釣りで重めの仕掛
けを使うのであれば、そのままでも中型青物くらいなら耐えてくれる。


が。


今回の相手はコロダイなんだな(爆


B-TRAPの強化ドラグを組み込み、10kgオーバのドラグ耐力を身につけてもらおうかw


老体にムチ打ちガンバレ!


以下、取付作業



ハンドル側アッシーを通常分解


ハンドル外してCリング外してドラグノブ取ったらサイドプレートのビス2本抜く。


ドラグ周りを順にバラす。08年あたりからABUもカーボンドラグ化してるが、昔のABUはOIL
差す湿式。今回組み込む強化ドラグは乾式。だもんで、パーツクリーナ等でドラグプレート
・メインギア周りを脱脂する必要あり。


元々入ってたドラグワッシャー3枚を強化ドラグ3枚に置き換え、組み付け。グリスやOILが
入らないように注意。あとはバラした順に組み付けて作業終了。


強化ドラグの問題点

強化ドラグは絶大なドラグ力をもたらすが、リールに掛かる負荷も強烈。上の画像は68コロ
とドラグ全閉でガチンコ勝負した後のもの。真鍮製のメインシャフトにドラグワッシャーが
食い込み、変形している(この時は食い込んで出来たバリでドラグワッシャーが外れなかっ
た。金ヤスリでバリ取りして分解できた)。

強化ドラグは諸刃の剣である(--;
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[04/27 KAT]
[04/27 じゃこび]
[04/26 KAT]
[04/25 ツインパワーZ]
[04/24 KAT]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAT
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1976/02/09
趣味:
釣り・工作・料理
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]