忍者ブログ
アルミは軽くて強い。加工しようとするとやたら粘っこいクセに熱に弱かったり、となんとなく親近感を覚える素材なのであります。
[345]  [344]  [343]  [342]  [341]  [340]  [339]  [338]  [337
まいろ。

昨夜は納竿出撃の予定が、仕事終了間際「これもお願いします」と出されたカゴ3杯分の伝票に粉砕されますた。

悲しかったとですOTL

くっそ~~~!!

***

で、前回の続き。



延べ竿のゴム栓を二番の竿尻にぴったりハマるよう、現物合わせで削り込み。



スペーサーに発砲ウキの切れ端を挟み込んで、ステン4mmタッピングビス40mmで尻栓と合体。



スペーサーは発砲錘用の16mmを流用。

今回はビスがええ長さなかったことと、できるだけ短くしたかったので、一旦、これで進めることに。

エア抜きの穴を横に空けて、尻栓のエア抜き穴と接続して、尻栓加工は終了。



尻栓を竿尻にセットすると、尻栓の分だけ2番が浮き上がる。

この長さがズームを伸ばす際に手を掛ける部分になり、スペーサー+ゴム栓の長さ分、仕舞が長くなる事に。

ズームの構造は2番の竿尻を尻栓と一体化したゴム栓で受け、2番の一部を元竿の玉口とほぼ同径に太らせ、二番がガタツキなく収まり、元竿と二番を一体化することで短仕舞でも使えるようにするのがキモ。
  
要はビニールテープぐるぐる巻きにしただけでも使えると言えば使えるけど、使用中グラついたら「ムキー」となるので、ガイド固定の方法を応用し、スレッド巻いてエポキシ吸わせて、元竿玉口にあう肉厚部を作る。

まずは上端をマスキングテープで巻いて、位置決め。



今回はブレ止めを2.5cm幅にすることにして、下端も大体決定。



並継投竿のガイド下巻用に買ってあったドラゴンのホログラムシートを2.5cm幅に切って貼り付け。

元竿とのクリアランスが1mm程度なので、Aスレッドを巻き巻き。

この状態で元竿と合体させてみると・・・元竿の受けはエポキシ多めに吸わせたらええ感じになるやろうけど・・・ズームを伸ばす部分が短すぎて、魚掛けてからだとなかなか苦戦しそう。。。

ほんで、各部寸法の見直しから、やり直しOTL



尻栓のスペーサーを65mmほどにして、ステンの75mmコーススレッドに変更。

これで大分使い勝手が良くなった。

もう一度、元竿側の受けの位置を決め直し、ホログラムシート張って、Aスレッドで巻き巻き。

エポキシは~とマタギのバリーコート出してみたら、暫く使わん間に卑猥な液体に化しており。

やむなく、ダイソーのエポキシ接着剤で代用。

規定量混和後、ドライヤーで温めて、粘度を下げてスレッドに乗せ、さらにドライヤーで炙ってスレッドに吸わせていくが・・・。

10分エポキシとはいえ、硬化の方が早くてボコボコOTL

仕方ないから、塗れてないとこ補充するよう、翌日二回目の塗りを施し、ボコボコなんは削って整えることに。



どうせ元竿と擦れるところだから・・・と時々元竿と摺り合わせしながら、金工ヤスリで大まかに整え、スレッド見えちゃった所は瞬着で誤魔化し。

気休めにサンドペーパー600番→1000番→1500番→コンパウンドで研磨。




こんな感じでしょうか。

近くでまじまじ見てはいかんよ、クオリティw

普通のエポキシなら一発で決めるのだが・・・粘度低いタイプとはいえ、エポ接着剤は癖があるね。。。




これが元竿に二番を入れた、縮んだ状態。77cmズームで、穂先折れも含めると大体4.5m。




そこから二番を掴んで引き出すと・・・フルサイズのチヌ竿に。




最後にガイドを下から接着していき、ズーム式チヌ竿の完成。




全体像はこんな感じ。

もともとの仕舞寸法100cmの6本継のチヌ竿が、ズーム付けたら110cmに伸びますた。

さー、明日は試運転じゃ!!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[01/03 KAT]
[01/03 ジン太(J太)]
[01/02 KAT]
[01/02 ハオコゼ]
[01/01 KAT]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAT
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1976/02/09
趣味:
釣り・工作・料理
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]