忍者ブログ
アルミは軽くて強い。加工しようとするとやたら粘っこいクセに熱に弱かったり、となんとなく親近感を覚える素材なのであります。
[115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105
毎度。

ウレタン塗装をするかどうか迷ってましたが。

どう考えてもコロタマは竿ブッ飛ばしてナンボなので。

補強と表面保護を兼ねて、結局することにしました。


今回は塗装前の足付け。



サンドシートの細め(400番)・・・紙ペーパーだと600番相当でひたすら足付け。

シマノの投竿はブランクス表面にX型に補強テープが入っているので、ただシャコシャコ動かしただけでは補強テープの表面が削れるばかり。

サンドシートをカッターで切り刻み、凹部にフィットするよう加工して加工して・・・。

磨いて磨いて磨いて・・・

傷があったら均して・・・エポを削り・・・

1本(3ピース)仕上げるのに2時間。。。



左2本が足付け後。真ん中が作業前。

ツヤが落ち、エッジの反射が均一にぼやけてるのがわかりますかね?

で・・・ウレタン塗装をするとどうなるかってーと。



こんな感じになる予定です。

これは現在使用しているツインパワー405AX。

こいつもうちに来た時点でボロボロの状態でしたが。

#1・#2は表面塗装全削り&ウレタン塗装、#3は足付け後ウレタン塗装しています。

塗装の概要はこちらで。

ウレタンフロアーMが投竿に使えるかのテストベッドとして仕上げたんですが。

使ってみるとコレが中々。

かなり手荒く使ってるんですが、曲げても剥がれもなく結果は上々。

スレッド巻きに少々滑りやすい欠点はありますが、エポキシの乗りも悪くない。

おまけに納竿時の拭き取りも他の竿に比べて楽です。




使用するウレタンフロアーMは入手済み。

今回は大橋塗料さんにお世話になりました。


今後の予定としては。

・中性洗剤+ぬるま湯で脱脂&研磨カス除去、後、自然乾燥

・#1・#2は筆塗り一発極厚仕上げ

・#3は元のカラーリングを生かして仕上げ(工法模索中)

であります。

今は気温&湿度が高すぎるので、作業はもう少し先かなぁ・・・。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
まいろ♪管理人さん

浮師匠
、、、、、、、、この前 違う塗料で(?)
シゴキで上げました(!)。
(誰のブツとか塗料は・・・此処では 内緒 (笑))


「暫く・・・巻くの、、、、、、堪えてヤ~」状態デス (爆)
J、J 2012/09/02(Sun)00:20:33 編集
素晴らしい♪
うーん・・・

KAT殿は仕事が丁寧ですなあ~

継ぎ下補強してガイド取れなきゃいいやってレベルの私とは大違いでありますwww

手にとって自分の竿を見ると悲しくなってきますた。。。

ツインパワー 2012/09/02(Sun)15:51:20 編集
Re:師匠
巻き巻きお疲れ様ですm(_ _)m

シゴキですか。きっときれーな竿なんでしょうね。。。
ボロ竿&シマノのバッテンいっぱい付いた竿には垂れが怖くてできません。。。
KAT 2012/09/03(Mon)00:22:02 編集
Re:大王
毎度m(_ _)m

ポンコチライフ満喫中でありますw

しかしながら・・・遠目で見ると綺麗ですが、
手に取られるのはイヤンな粗作業なもんで(大汗
KAT 2012/09/03(Mon)00:30:43 編集
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[07/19 KAT]
[07/18 ツインパワーZ]
[07/05 KAT]
[07/04 ツインパワーZ]
[06/30 KAT]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAT
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1976/02/09
趣味:
釣り・工作・料理
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]