忍者ブログ
アルミは軽くて強い。加工しようとするとやたら粘っこいクセに熱に弱かったり、となんとなく親近感を覚える素材なのであります。
[1]  [2]  [3
傷心が未だ癒えない加藤屋です。こんばんわ。

前回も書いたとおり、エポキシの配合がミスったためにスレッド巻きを一からやり直すハメになったわけですが。作業が進まんといつまでも竿が使えないわけで。

前回のスレッド巻きはパソコンの前にでんと座り、YouTubeでひたすら装甲騎兵ボトムズを1話から見ながら「手巻き」でした。一本程度ならなんとかなりますが、流石に3セットとなると、神聖クメン王国が崩壊して、戦艦Xでレッドショルダーマーチが流れる頃に終わりました(これでわかる人おるんか?)。

二回目ともなると、そこまで時間を掛けたくないので、ロッドラッパーの導入をしようと思い立ちました。

ネットで調べてみると。

・板材を組み合わせて、コの字型の台にローラーなりフェルトを取り付け、竿を傷つけないで回せるようにする

・スレッドにテンションをかけて、パーマを抑制しつつ、ブランクに巻き付けやすくする

という2点がキモのようです。かのキスきも師匠も立派なラッパーを自作されてました。

幸い、ワンバイフォー材やらツーバイフォー材は在庫あるし、加工する道具類は一通り揃っているので、作れん事はないのですが・・・

面倒くさい&使った後どこに置くねん

という切実な問題が・・・で、考えてみた。


ぽっくぽっくぽっく・・・ち~ん♪


1mmのステンレス線を取り出し、やっとこで曲げ曲げ・・・折り折り・・・でけた。



やっつけ仕事(爆 これをどうするかというと。



こう使います。
真ん中に出てたV字型の部分の角度を変えることで、ボビンの軸にテンションを掛ける仕組み。テンションを変えたい場合はやっとこで微調整。
ボビン側から生えてる四角部分と、ラインを通すホールから伸びてる四角部分はそれぞれ弾性で狭まるようにしているので、ここを机のヘリに挟み込みます。固定したい場合はマスキングテープ固定する仕様です。

これでスレッド側は充分。

あとはブランクを支える台は・・・と見回すと、ティッシュの空き箱ふたつ発見。これでいいや。

竿を載せる部分はカッターで切れ目入れて、織り込み、布ガムテープで養生。
使ってる最中に壊れんように補強入れて、机にガムテで直貼りw



ロッドラッパーらしくなったじゃないか(爆

巻いてみようか・・・。

クルクルクル。ちょっとスレッドの出が悪いが、くりくりと巻けました。
所要時間は一箇所数分。2箇所巻いてみましたが、無問題。

構想15分。製作15分。コスト0。

我が家にロッドラッパーが出来ましたw
PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1
4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/19 KAT]
[09/19 ツインパワーZ]
[09/17 KAT]
[09/17 ツインパワーZ]
[09/12 KAT]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAT
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1976/02/09
趣味:
釣り・工作・料理
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]