忍者ブログ
アルミは軽くて強い。加工しようとするとやたら粘っこいクセに熱に弱かったり、となんとなく親近感を覚える素材なのであります。
[98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88


前々回の釣行でリールシート剥がれかけが発覚した愛用の1号竿、HSプロ磯1-53MS-V。

機能的には4.5~5.3mマルチレングス搭載、穂先がULガイドと二世代ほど前の古臭いデザインだが。

PEラインを多用する私のメバル釣りにはなくてはならん竿。

後継機種は前から探しているが、イマイチぱっとするのが見つからないのが現状。

直して使うか、後継を探すか・・・春はそこまで来てるし。。。

よし、(とりあえず)修理だ!

・・・現実逃避とも言うなwww




リールシートを固定しているスレッドにカッター入れて剥き剥き。

残ったエポキシカスはアクリル定規でこそげ落とし。

改装準備完了。



今回の具材。

たまたまアウトレット980円のお値打ち価格で入手したFUJIのチタンNS-6シート。
右は旧リールシート。前進機構は一応ついてるが、ダイワブランドの板シートだけあって。
シマノのリールの座りはすこぶる悪かった。これで大分改善されるはず。

TAKA産業のラバーチューブ25mm。元々、私の手には少し元径が細いのでラバーグリップ化ですべり止め&汚れ防止&一回り太く。
ただ、25mmが最も細い番手なのだが、竿の元径は17mm。半分ほどには縮む、と説明に書いてあるとはいえ・・・一石三鳥成るか!?


まずはラバーチューブをカットし、竿に通し。

ガスコンロの中火の遠火で、海苔を焼くように炙る。

根気良くくるくる回してると・・・規定の温度に達したのか、全体が収縮。

うまい具合にフィットしてくれた。

炙った後はすぐに流しで流水をかけて粗熱取り。



仕上がり。余りは使うアテがないので、元々の化粧巻きに合せて、竿尻にも付けたった。

ちょっとセパレートグリップ風。



尻栓は継ぎ目にカッター刺して一周。

落ちた収縮チューブを成形後、瞬着で尻栓に接着して一体感を出してみた。



で・・・いよいよスレッド巻きに入るんですが。前回のロッドラッパーは当然ながら廃棄済み。

なんかええもんないかな~と。トイレに入ったら、ええもん発見。



今回のロッドラッパー(笑) 我が家のトイレットペーパー置きwww

元々は百均かなんかで買ったウッドラック。普段は横木に板が置いてあるが、外したらジャストサイズじゃないですか。

流石にそのままではすべりが悪いので、ラック側にマスキングテープを巻き、洗濯バサミでブレ止め。

これで十分使用に耐えるw流石に投げ竿みたいな重い長物は無理だけど・・・

前回作った自作ボビンにDスレッド通して巻き巻き・・・



小一時間ほどで完成。


あとはエポキシ乗せてくるくるするのと、元ガイドをHタイプのテレガイドに換装し、リール→元ガイド→二番の流れをスムーズにしてやるくらいか・・・。

タイミングを見計らって発注に行かねば・・・。


忙しくても、夜な夜な竿いぢり・・・ほとんどビョーキやな(爆
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
南無阿弥…
あらら、ご病気で(爆)
ガンガって切り抜けましょうぞ!!
春の海が待ってるよ~w
じゃこびっち 2012/03/04(Sun)22:44:33 編集
Re:じゃこはん
同病相哀れむ、ということですな^^;

ガンバるというか、時限爆弾が破裂するのを
待ってるような・・・
なんしか落ち着きまへんOTL
KAT 2012/03/05(Mon)20:40:24 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 4 6 7
8 9 10 11 12 13 14
16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/16 KAT]
[10/16 ジン太]
[10/03 KAT]
[10/03 ツインパワーZ]
[09/26 KAT]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAT
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1976/02/09
趣味:
釣り・工作・料理
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]