忍者ブログ
アルミは軽くて強い。加工しようとするとやたら粘っこいクセに熱に弱かったり、となんとなく親近感を覚える素材なのであります。
[311]  [310]  [309]  [308]  [307]  [306]  [305]  [304]  [303]  [302]  [301
まいろ。

土曜は朝練したものの、昼間は例によって子守。

家に居ってもTVばかりになってしまいがちなので、大抵は界隈の大きめの公園に出かけるのだが。

先週末あたりから最低気温も20℃を超え、新緑も目に鮮やか・・・。

公園の端にある͡コナラの近くを通ると、子供のころに嗅ぎ慣れた、甘酸っぱ~い香り。

上方3m付近に樹液場発見。

幹の回りをぐるりと見まわすと、樹皮がえぐれた奥に艶消しの黒い背中が。

拾った小枝で掻きだすと。



第一村人・第二村人発見!!

関西は出現が早いなぁ!!(東北は梅雨明け前後)

***

翌日曜も昼間は子守で、昨日とは違う公園に。

ワシ、ちょっとそこの木ィ見て来るから・・・と雑木林に分け入ると。

やっぱり樹液の香り。

昨日の今日だったので、ポケットには折り畳んだ針金二本と百均LEDミニライト。

カミキリの脱出口を覗いていくと、奥の方に黒い影。

一旦身を引き、針金を穴の形に合わせて折り曲げ、準備完了。

すかさず一本目を突っ込み、奴の退路を塞ぎ、二本目でケツをコンコンして出口に誘導。

出てきたのは、越冬明けの土ついたコクワガタ。

う~む、覚えてるもんやなぁw

虫かごに入れて他の穴を見ていくと。

木の皮のめくれた奥にある穴から覗く、黒い、ギザギザの大顎。

これは・・・ヒラタ!?

えらい複雑な穴に入ってるので針金の設定を練り、いざ、挑戦!!

二本の針金で退路を塞ぎ、拾った枝で少しずつ刺激するものの、穴が広くて苦戦。

じりじりと角が下がっていき。

あかん、入られる!!

最後の手段、針金で足払い!

ぼろん。

出た!!と慌てて押えたら。

えええええ。



歯折れのノコギリ原歯ですやんか・・・。

まだ5月やでぇ(汗

ほんま関西は早いわぁ・・・。


ヒラタ捜索は続くのであった・・・。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
初コメです。
いつも相方がお世話になっています。
当方は越後国下越地方出身ですが、ヒラタは柳の木にカミキリムシが穴を開けたあとにその樹液に集まるパターンで、その穴にピンセット突っ込んでよく確保してました。
こちらは個体少ないのか、なかなか確保難しいですし、時期も違うように感じています。
ついつい興味引くネタやったので、ついついコメントしてしまいました。
また釣りのブログ楽しみにしています。
ジン太 2017/05/30(Tue)21:47:52 編集
Re:ジン太はん
いらっさいませ。

越後国でしたか。所によってはギザギザのないヒラタ個体群もあるらしいですなぁ。

>こちらは個体少ないのか、なかなか確保難しいですし

メゲずに頑張りますぜ。子供には「買った方が早いんちゃう?」とか言われてますがw

虫取りは子守しながらできるけど、釣りはOTL
KAT 2017/05/30(Tue)22:58:00 編集
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 14 15 16 17
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/20 KAT]
[11/20 ハオコゼ]
[11/19 KAT]
[11/19 ガッシー]
[11/15 KAT]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAT
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1976/02/09
趣味:
釣り・工作・料理
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]