忍者ブログ
アルミは軽くて強い。加工しようとするとやたら粘っこいクセに熱に弱かったり、となんとなく親近感を覚える素材なのであります。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
25日は夕方までフリーだったので。

午前の買い出しの合間にポートで青千円買いこみ。

午後から重い腰を上げて、ご近所カレー調査。



15時開始。

来るまでは腰重かったけど、ブン投げて、竿先見つめてると、やたらワクテカしてくる投げ釣りって不思議w

底を錘でへつってみると。

春キスの時も感じてたけど、以前は沖が砂泥状だったのが、砂地の面積が広がり。

岸から3・4段あったカケアガリも、明確に感じるのは1段に減り。

どうやらここはマコ様の住処ではなくなって来ているような?

時折、びびびっと引き込まれる穂先にビクッとしつつも、安定の鈎なし。

青い空を見上げて、コーシーすすって、タバコ吹かして。

17時、納竿。

今日も俺に釣られる間抜けなカレーは居ないということがわかった。

第一次調査、終了。
PR
30日は久しぶりの平日の休みじゃ~!!釣りしたんで~!!と企んでたら。

朝、目を覚ましてみれば。



しとしとしと・・・・・と嫌な音。




朝から雨(本降り)やんけOTL

幸い、風はないからなんとかなるか、と前回の残り餌もって和歌山へ。

ポンコチ屋はしごしても雨は上がらず。

車を片男波につけて、雨具フル装備でいったろか・・・と用意しかけたら。

・・・スプールにサンドプロテクターねぇじゃんOTL

(ワシの引き釣りは竿立てリール巻き、この状態だと雨がリール内部直撃、しかもグリスアップしたばっかだしOTL)

結局、困った時の川頼み。



河口大橋の下にクーラー据えて、13時、開始。

餌を付けたら、とっとっとと雨の中に出て行って、ブン投げたら、橋の下へ戻るw

時々、ブルルン、といいアタリはあるが。

干潮だからか乗せるのに四苦八苦。

ポツリポツリと拾ってると。

潮が上げに転じて、上流から濁りが広がり。

アタリもとまってしまって、15時、納竿。



キープはこんだけ。。。




ほかの材料増やして誤魔化すオサーン。。。
パゲ釣りからほぼ一か月。

休みは取れてたものの、ほぼ子守とイベントで消化される休暇。

年々自由時間が減る事よ・・・。

今週は月夜のはじまりで、闇夜の徘徊もできず。

深夜にリールのメンテ。



サーフリーダーCi4+と15プロサ3台。

構造はほぼ一緒、サフリだけクロスギアのリダクションギアが二つ。

クロスギアがメインシャフトより上にくるパターンのリールだが、中身は従来のリールより大分簡素化されて清掃・オイルアップしやすくなった気が。

あとグリスが蛍光グリーンでごく少量なのはなんでかしら?

サフリは回転の軽さ重視でパーマルブ&OIL仕様で素組み。



プロサはメインギアとピニオンのグリスをSW系グリスに替え、もっちり脂ギッシュに。
ついでにラインローラーの隙間に特殊撥水グリスを封入。

こちらは耐久性重視。

ついでにキス鈎を少々連結して、隙あらば・・・泉南キスの調査に・・・

なんて考えてたのが先週の事。

***

午前中からのイベント補助・子守を終え、15時帰宅。

潮はこれから上げの夕方満潮。

ちょろっと行ってきますかね~。



キコキコやって来たのはいつものハマ。

15時半開始。

例年ならGWに釣れ出し、今頃は地元のおいやんが朝から頑張ってるハズだが、その姿もなく。

EXに25号ぶら下げて、5本鈎で投擲。

2・3回投げるもプルン、と弱弱しいピンのアタリはあるが、ドドドド・・・と来るような食べごろサイズの反応なく。

まだ早かったか~。

せっかく来たんだし、と久しぶりの並継を振り回し、投擲訓練と泉南名物・障害物キス釣り訓練。

17時、ぼちぼち終わろうか、と思ったところで。

ブルン、ドドドドド・・・・!!

お~、久々のこの感触。



なんとか顔は見れました。

リリースして17時半、帰宅。

期待していった割にはお触りだけでお預け、みたいな欲求不満が。。。

ブルンブルンいわすキス釣りしたなってきたな~。

和歌山行くか。。。
テンヤの太刀魚釣りを師匠に教えてもろた時から、「南紀のハゲ釣り」の方がオモロイで~と誘われていたのだが。
仕事の都合やら子守やらで中々都合が合わずに断り続けてはや5年?

実は今使ってる振出投釣りの装備一式は紀ノ川用のEX-Tを除けば南紀パゲを想定して揃えたものだったり。

当日は嫁と子供がイベントで別行動が確定し、ようやくお供できることに。

平日仕事が終わってから、作り貯めておいたハゲ仕掛・装備をかき集め、本来のハゲ装備に再集約し。

29日午前0時過ぎにJ.Jおやびんとそ~兄、師匠のお友達のJさんと共に南紀へ出発。



渡船に乗って、6時前にはJ.Jおやびんと一緒に岩の上。

道具立ては初代すっぴん405DX-TにPE1.5+NA力糸12-5、鉛27号にモトス8号・ハリス3号+チモト保護チューブ、餌は細いマムシ。

久しぶりの磯投げに四苦八苦しながら投げてると。

「○○~、足場悪いとこでも投げれるように体幹鍛えんとアカンで~」

と鋭いチェック。

シモリにブチ込み、一式やり直しとかしてる間に。

隣から「きたでー!!おおおおようひくわ~」と楽しそうな声。

巻き上げるその先には、デパ地下でしか見んような卓球ラケットサイズのハゲ。

波止サイズ見慣れた目には超でけー。

これよりデカいうちわ・お盆サイズが居るっちゅーんだもんね、海は怖いわ。

パゲの引き釣りをイメージしつつ、竿引きやってみたり、キス引き釣りのフォームを変更したりしながら引いてると。

ここここ・・・っときて



北枕。

パゲはもっと鋭くカンカンカーンてハッキリ当るで~と指摘を受け、続行してると。

ゴッ!

???

ゴッゴッゴッ!!

なんやこの、鶏に突っつかれてるみたいな、ペンチで挟んで捻る的な暴力的なアタリは。

うおらぁ!と竿を立てたはずがそのまま竿先残して竿半月。

おおおお、締め込みよる~!!

底切って寄せて来ると、ぼこんと浮いたのは初ハゲ。



う~む、感無量。

波止で垂直にコン!と来たのを皮一枚で掛ける釣りとは根本的に違うな。

横から投げてハゲ食わすとえらい暴力的やん。。。

一発目の横走りは病み付きになるな。



なんとか一枚確保した後はマンダームな時間が続き。

ドピーカンの灼熱地獄。

初めてのパゲ釣りなので、竿一本手持ちスタイルで引いては待ち、引いては待ちを繰り返し。

ぽつり、ぽつりと追加。

途中、今日一サイズを掛けるも、スピニングB11号折れてぶち凹み。

試行錯誤してる間に、あっちゅうーまのお迎え船の時間。

「○○~、船、あっちから回ったからあと何投か出来んで~」

の師匠の言葉に最後の一投。

カケアガリに止ておいた置き竿にコンコーンときて。

ラストに回遊型の青白いハゲを一枚追加。

最終的に師匠5枚、わて4枚で納竿。

***



今日のエモノ、パゲ23-27。




そして、晩飯。

ラストの一番小さい回遊型がキモ・タマゴ共にアタリで。

薄造り&肝醤油でいただきました。

***

J.Jおやびん、そ~兄、Jさん、大変お世話になりました&ありがとうございました。

また、癖になりそうな釣りを教えていただいて、ありがとうございます。。。
三連投なんてひさしぶり♪

午前中から昼にかけて、次女・長男の子守で某イベントへ。

無事済ませて帰ってきたのが13時。

朝の風はどこへやら、北東の風がそよそよ吹いてるやん。

ほな、予定通り、出発。

***



恒例のカレー調査。

海まで来てみたら、それなりの風。

14時から打ち始め。

誘い入れる都度、のしっと来る重みをワクテカしながら待つ。

時々、のしっときて。




月と星・・・違うし。




流星と星?・・・違ぁ~う!!




空荷を巻き上げてたら竿先をひったくられて、ロケット登場。

15時50分の満潮は何事もなく過ぎ。

17時、納竿。

帰って、ロケット剥いて、フードプロセッサにぶちこみ、卵白と塩混ぜて、鍋の具にしたった。

旨いロケットやった。
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/25 KAT]
[11/25 ハオコゼ]
[11/04 KAT]
[11/03 ハオコゼ]
[11/03 KAT]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAT
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1976/02/09
趣味:
釣り・工作・料理
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]