忍者ブログ
アルミは軽くて強い。加工しようとするとやたら粘っこいクセに熱に弱かったり、となんとなく親近感を覚える素材なのであります。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
闇夜周りに入るが・・・西の風ブイブイ吹く日が続き、メバルにはアウト過ぎる・・・

土曜日、ようやく、風が北西に振れたので。



川遊び。

開始早々ドラグがじーじー鳴くも、16・7cmくらいのニベラッシュ。

ぼちぼち落ちギスないんかい、と遠近探り倒していくが。

竿先ふよんふよんして小ニベ。

ジリジリドラグ鳴らして小ニベ。

せめて1.5倍ほどあれば・・・(TOT)

下げ二分からは一転してマンダーム。

干潮の潮止まりに、ようやっとドラグ吠えたと思ったらセイゴさん。

干潮の上げで、竿尻浮かす大アタリが出て、チビレ。

23時、エサ撃ち尽し、納竿。

なんか不完全燃焼なので、餌買って帰ったw



お持ち帰り。。。

小ニベの鈎飲まれ、持って来たはええけど、どないしたろかな・・・と腹裂いてたら。

なんとなくピンと来て。

三枚に卸して、塩して締めて、合わせ酢に5分ほど泳がせて、半生のきずしにしてみた。

これを冷蔵庫で一晩寝かせて、どう化けるか・・・?

***



翌8時、もう終わったか微妙な時期だが、ラストカレイ。

ひたすらマンダームに耐え。

ヒトデ二つとフグ1・イイダコ1釣って。

終了確認して、12時、納竿。

来年はもう少し早く始めたろ・・・。

***



晩飯はキビレ釜飯と小ニベのきずし。

小ニベ・・・大化けしよったわw

やっぱニベ旨し!!
PR
毎度m(_ _)m

初回で幻の泉南カレーを手にしてしまったKAT。

一尾居れば、何尾か寄ってるやろ・・・今週こそ二匹目の泥鰌捕まえたるで~とカレイ捕獲作戦に燃える一週間どした。。。

竿出しできる日曜はは9時過ぎ満潮なので、目覚ましセットして就寝。

8時前ポイント着。

まずはブイをよーく観察して・・・前回のポイント、投げれるなぁ!



DX2本にBX1本で8時、砲撃開始。



しかし・・・・



予想に違わぬと言うか・・・・



投げた餌がそのまま帰ってくるのは心が痛いのう・・・



時折、サソイを入れた時にズシッときてワクテカするが・・・・


ヒトデにイイダコ。


無脊椎はもうええっちゅーねん!


満潮で、これからやでー!!って時に限って。


左方向からアナゴカゴどぼんどぼんどぼん。。。


ワシの射界全部塞ぐことないやんけ(-_-;


向うのタコツボ、さっき上げてたな、と50m程移動して、下げ潮後半戦。


撃てども撃てどもナシの礫。


ようやく、ズシッと来たと思ったら。



カニ。

お前は味噌汁の出汁だ。


粘りに粘るも、11時を回り、タイムアップで納竿。



カレイよ何処(TOT)

やっぱマグレやったんやなぁ~。。。
※※※ 11/23追記あり ※※※

川が浚渫船でイマイチなので。



超超超久しぶりに、カレイ狙いなぞをしてみた。




こないだ仕入れた30円仕掛けに、青千円だけ持って、15時釣場着。


満潮が箱作で16時過ぎなので日没まで前後一時間一本勝負。




魚網・カゴを避けて場所を陣取り、順繰り準備してファイヤー!ファイヤー!ファイヤー!



・・・予想に反して、三本準備し終わっても、竿先は無反応。


誘って打ち返して、するも、餌取りがほとんど居ない???


投げれば竿先ピクピクプルプル・・・鈎あれへん、とかマッチ箱チャリコがダブルトルネードで上がってくるのが大阪湾のカレイ釣りちゃうかったっけ?


5分ペースで誘い入れて、カケアガリに仕掛け置いて待つ・・・

待つ・・・

待つ・・・

いわゆる、ひとつの、マンダーム。。。


***

満潮を超え、潮が左に動き出したタイミングで。

初代スッピンDXに青虫垂らして、投擲。

カケアガリに仕掛け落ち着けてると、モワンとした妙な感触が。

まさかね、と天秤を動かさないようにそっと三脚に竿を掛け。

暫く様子見てると、コツ、と一回だけ竿先が震えた。

まさかね?

念のため、一服入れて・・・

もうええやろ?と竿を呷ると、ぐいーんと重たい感触!


ゴミやろ?ゴミ?大阪湾やし、黒くて硬い海草の塊とかやろ?と思いつつ一定ペースでリーリング。

ゴミなら浮く頃だが、それにしては天秤が浮かねぇ。


むしろ、寄るに従って、道糸が左へ左へ流れていく。

なんか、締めこんでるしw


ようやく足元で浮いた天秤の先には・・・カレイ様の姿が!!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ドサッ。



釣っちまったよ、絶滅危惧種・泉南横目魚w


地合は今じゃ!と打ち返すものの、音沙汰なく。

最後の最後にコンコン!ちゅうアタリでフグやん釣って。

17時、夕闇と共に納竿。



今日のエモノ、マコガレイ27cm



***

翌23日。

余り餌持って、干潮前後狙い撃ち。

早めの8時過ぎ、釣り場到着するも、昨日に増して激しいタコツボ&アナゴカゴ。

昨日の場所より右手になんとか投げれそうな所を見つけ、一本目を伸ばしていると。

右方向から漁船がやってきて、アナゴカゴ、ドボンドボンドボンドボン・・・・

試しに仕掛け無しで投げてみると、しっかり引っ掛かる位置OTL

魚掛けても、全部アレで落ちるわ・・・

ほんま、勘弁して(-_-メ


早々に竿畳んで、今度は左方向にテクテク・・・

タコツボとタコツボの間に50mほど投げれる所を見つけ、ようやく店開き。



青虫ぶら下げて、ファイヤー!

投げれる幅が狭すぎるので、2本で打ち返し。

干潮前後に、サソイ入れた竿に重みが乗るが。

イイダコにマダコの子・・・今日はお前らええっちゅうねん(-_-メ

11時を回り、雨がポツポツ・・・

もうボチボチ終わりかねぇ・・・と最後に残った餌全部房掛けにして投擲。

タバコ吹かしながら竿先眺めてると。

左から鵜が飛んできたなーと思ったら。

右の竿がスパーーーーーン!!とタマ並の大発射!!

変な脳汁どっぱー

もちろん尻手もないドラグロック、竿は三脚飛び越え、ガチャンと落下

慌てて竿尻掴んでゴリ巻きするも、ラインは弛んで手応えナッシング。

???と道糸を追っていくと。

視線の先には、「びっくりしたなぁ、もう」て感じで首を振る鵜のマヌケな姿。

一気に脱力OTL

何かが切れて、11時半、納竿。


***




昨日のカレイは腹側の一サク残して、造り&煮付け。

カラスカレイやらアカガレイばっかり食ってて、カレイの旨さを忘れてたなー。

やっぱ、マコは旨いわw
前回、キスあったけど一匹ではなぁ・・・。

まてよ。

夜釣れるってことは昼間でもいけんでね?と思って。

今週は夜な夜な無限仕掛を巻き巻き。

土曜の血事を半ドンで打ち切り、南下。

R26から河岸道路に入ると川が見える。

雨降ってないのに、なんか薄黒い濁り入ってんな~。

土入橋を渡ると・・・ん?変なもん見えたで!?



浚渫船OTL

ちょうどええラインにでっかいアームを下ろしては無酸素の真っ黒い砂泥を上げてはります。。。

黒濁りの原因はアレか。

時間は15時、磯コや水軒に回るには時間なさすぎ。

今は上げ潮、海側ならなんとかならんか?



ファインセラDXで投擲開始。

1投・・・2投・・・

無反応。

普段なら餌取り熾烈な1色前後で仕掛止めてみるものの・・・

餌は全て付いたままOTL

魚おらんわw



15時半、台船は和歌山港に消えた・・・。

いつもの釣り座に移動して投げてみると、4色から先がでっこぼっこもええとこOTL

前回餌取りすらなかったんも、コレかなぁ。

暫く、川アカンかも(-_-;

結局、イシゴカイは4匹使っただけで、投げ錬に変更。

久々に投げると・・・鈍ってるなぁOTL

17時の「こちらは、防災和歌山市です」と共に竿畳んで、ポンコチ屋&酒屋買い物にスイッチ。



川があかんので、カレイでもしてみるか・・・と仕掛購入。

***

買い物中にじゃこはんから入電。

帰り道の某所で店開いてるらしい。

土曜日だっちゅーこと忘れて下道で帰ったら、岬の渋滞にブチ嵌まり。

19時過ぎ、某所で会合。

余ったイシゴカイもらってもらうついでに寄ったはずが。

久々に話し込んでしもて、家ついたの22時前。

なんか不思議な日ィやったな。

○ボなんは間違いないけど。

じゃこはん、お血枯れm(_ _)m
少し早いが、コロタマモードから川遊びモードに切り替え。

20時前、川着。

いつものベランダは増水で流れてきた枯れ葦やら木片が散乱・・・。

先客はスズキ狙いというジジイ(普段ジジイ呼ばわりしないんだが、理由は後述)が一人。

ジジイは木片やら集めて焚き火して暖とりながらの釣り。

風は川上から川下へ右から左。

下手では煙被りまくるので、挨拶して上手へ。

***

三脚設置し、一本目を4色付近に落ち着かせ。

2本目を準備してると。

じいいいいい・・・・じいいいいい・・・・

当ったあるがな!



開幕はシマイサキ、塩焼き決定。

一本目を打ち返し、2本目に餌付けて3色付近に落とし、三本目を準備してると。

じいいいいいい・・・・・・・・・・

当ったあるがな!



化粧したキビレさん。塩焼きか釜飯の具やな。

満潮の潮止まりでこれなら、今日はどうなるんやろ・・・と思うのが釣り師の性。



ようやく三本揃ったのが20時半。。。

餌取りは少ないものの、時折ピンギスみたいなアタリと、豆フグに噛まれた歯型が残る。

10cmほどのニベが二匹掛かってきたのを最後に、餌も減らなくなり。



ひたすらマンダム。



月が昇って、ひたすらマンダムーン。


ふと気付くと。

下手のジジイが居らんのに気付く。

しかし、焚き火は普通に燃えている。。。

あの野郎・・・

燃えるもんには事欠かんし、延焼されても厄介OTL

竿三本上げ、バッカン片手に夜の消火活動をする羽目に。。。

ほんま、あの年代のジジイは頭おかしいわ。

***

消火活動を終え、再度餌付けて再開。

22時過ぎに、近投でハネでもないか、とぶち込んでた捨て竿に激震。

が、ドラグは滑らず、何者・・・と巻き上げてみると。



今日の本命さんじゃありませんか・・・サイズはビミョーな22・3cm。

キスやったら群れで居るんちゃうんか、と気合の打ち返しを行うも。


これを最後に再びマンダムタイム続行。。。



青虫千円打ちつくし、0時、納竿。




今日のエモノ。
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 4 5 6 7
8 9 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/18 KAT]
[09/18 ハオコゼ]
[09/17 Georgecaf]
[08/30 KAT]
[08/30 KAT]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAT
年齢:
43
性別:
男性
誕生日:
1976/02/09
趣味:
釣り・工作・料理
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]