忍者ブログ
アルミは軽くて強い。加工しようとするとやたら粘っこいクセに熱に弱かったり、となんとなく親近感を覚える素材なのであります。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
まずは14日。

珍しく子供らが22時に寝たので、久々の平日出撃。

勝で青300円買うて、ぼちぼち南下。

南の空には半月超えた明るい月。

地合は月が見えなくなる0時半あたりからのハズ。

23時過ぎにはポイントに着いてしまったので、ぼちぼち投擲。

1投目、はぐれアジか、1尾当ってきたので、もしかして・・・と思ったが、海は沈黙を守り。

タナを変え距離を変え攻めるもなしの礫。

予想時間の0時半を回り、沖に投げたところで、竿に感じるツンツンとした前アタリ。

ラインを送るとスポッとウキが消え。

アジ登場。

一回分、6尾釣ったところで切り上げ。

翌1時前、納竿。



帰って捌いて、2時就寝。

***

16日。

前日は地合0時半なら、今日は1時過ぎ。

涼しくてええ風吹いてるので、久々に干物でも干すのに10尾ほど拾いに行こかいな。

青300円持って、1時前から流し始める。

1投目からアジがウキを沈めるも、これもハグレアジだったのか続かず。

ようやく来たかと思えばメバル。

狙いの1時15分以降、群れ来るか・・・と流していくが。

ウキや手感に反応はあるが、食い込むに至らず放される事多く、完全な拾い釣り。

群れが薄いのか、イカにでも追っかけられてるのか・・・

飽きて、2時納竿。



結局、干物の野望は崩れ去ったOTL


PR
土曜日、早めに仕事を終えて会社を出ると雨が上がり。

このまま半夜コロなんてのもええなぁと、天気やら雨量計やら波予測やら雨雲レーダーやら調べると・・・。

昨日から中紀~田辺界隈豪雨やんOTL

***

家事を済ませ、23時。

外は静か。

まとまった雨降ったから川がないとこで、波は和歌山2.5mだから住吉崎より南はアウト。

つまりは泉南ですな。

勝で青400円買うて南下。

今日は電気ウキで足元ネチネチ攻めたい気分だが、そんなとこはどこもガーさんがいらっしゃって、遠くから見ただけでもライトピカピカ。

きっと家でもライトピカピカしてんちゃうか?

***

結局、辿り着いたのは広くて世話のないゴロタで。

スプールをPE08に変え、ハトライトロングキャスト3Bに変更。

23時過ぎ、磯竿1号振り切って、投擲!!

これはこれで気持ちええね。

着水したウキを流しつつ、時折アクション入れていると。

じわ~っとウキが消え、道糸がすぅ~っと走る。

え?これもしかして!?

竿にブルンブルンと来たところでアワセると、結構な横走り。

沖から寄せてくるウキは右に左に走り回り。

抜き上げ。

おおお、ちょっと小さいけど、小マシなアジやん。

何年ぶりやろ・・・・

それよりコレ一つで終りちゃうやろな?(一番アカンパターンやで、それ)

とかしてると、右側にガーさん二人ご降臨・・・

河岸かえよ・・・

***

右にも左にも余裕ある場所まで移動し、再開。

うりゃっと投げて、ワンアクション。

ウキがじわっと入り、高速移動!オープンベイル&ファイブカウント、竿立て!

ズシッ。

この感覚、久しぶりやな。

***

潮が下げてくると新たな問題が。

台風いっこも来ぉへんもんやから、カケアガリの海草わっさわさ茂りすぎ!!

掛けて、寄せても、のしっと獲られ、往生OTL

結局、掛けたら竿頭の上に掲げて超ゴリ巻き、海草の手前で浮かせて、水面滑らせて魚回収する他なく。

腕をプルプルさせながらもムキになって釣り続け。

翌2時半、餌切れ納竿。

気付けばクーラーバッグずっしり。。。



22・3cmのアジ、25尾。

大漁どころか、捌くのセルフ罰ゲームやんけOTL



翌日はアジ堪能した。

やっぱ地付きのアジは旨い。
梅雨入りですな。

もうすぐ、夏。

運動会も無事に済み、ゴーヤ垣を作ったり、家の周りの片付けをしていると、あっちゅー間に週末の休みは終了。

日曜の夕方、西に掛かるお陽さまみて・・・今週もまた釣りに行けなかったな、と嘆いていても仕方ないので。

まぁ、ポンコチでも漁りに出ますかね、と18時、出発。

一店舗目に着くと・・・入り口に太刀魚コーナー。

もう6月か・・・6月頃の太刀は釣期短いから、なかなかやれんのよね・・・。

そういえば、テンヤ一式積んだまんまやな。

おもむろに入り口に戻り、冷ケースからキビナゴ取り出し、勘定。

まだ間に合う!!急げ!!


(終わってから撮ったので、真っ暗~OTL)

スパイク履いて、テトラによじ登り。

久々の外洋。

夕焼けに向けて、力の限り、投げるのぢゃ!!

***

先客はワシ以外にウキのおいやん一人のみ。

ほんまに居るんかな・・・と投げ倒していくが。

夕マヅメのええ時間は過ぎ去り、西に残照が残る頃。

着水後、糸ふけとって、ワンアクション入れるとガゴン!!

AR-C1006改が一気に半円。

コレコレ!!

ひょ~~遠いと、楽し~~!!

のおおおお引きよる~とかいいつつ、明るいうちに確認しといた足元の海草藪を避けて、抜き上げ。

久しぶり~♪

キビナゴ変えて、タナやらアクション変えつつ・・・

ガゴン!とかゴツン!とか、ふいっとテンヤの重さが消えるアタリを楽しみ。

アタリの途絶えた、20時納竿。



7打数5安打。

和歌山の太刀魚は大阪湾の太刀魚と違って、アタリがええなぁ~。

楽しんだわ~♪

バカ陽気に誘われて、土曜の晩23時前、出撃。

勝でイシゴカイとアサリ掘りで底の破れたスパイクブーツを仕入れ、南下。

途中の温度計は14度・・・防寒着いらんなw

海はベタ凪、ド干潮につき、釣り場はよりどりみどり・・・。

ワシの勘は潮アタリのいい岩場先端でヨレ狙いと言っているが、潮が動くまで時間あるし。

半日公園で子守地獄のため、今日はあんまり歩きたくない。。。

結局、潮が流れやすい石積みに入ったものの。

ライト照らしてガサガサする人々に妨害され、30分ほどロスOTL


ようやく無人になった、暗闇で再始動。

今日は三叉サルカンで枝ス3cm出し、下鈎は矢引き下にして、春仕様の2本鈎。

まずは仕掛けを入れ、海草の伸び具合をチェック。

下鈎を海草スレスレくらいに調整して、潮上に投入。

あとは波の上下に併せて、ひたすら巻きサソイ。

何度か誘っていると、ウキがヨロっと倒れたので、即アワセ。

ブルルっと一瞬の魚信のあと、すっぽ抜け。

回収した仕掛けには無傷のイシゴカイ。

いるけど、流石に食い浅いな~。

今度はウキに反応が出た後、ウキが沈むまで待って、竿を立てる。

子気味のいい引きで、手の平サイズが上がってきたが、抜き上げ時にポロリ。

これでもまだきっちり掛からんかぁ~。

意地になってあの手、この手を駆使するものの。

ようやく一尾手にした頃には踝まで潮が上がり。

翌2時、納竿。



ド貧果OTL

胃袋は極小シラスで一杯。

イシゴカイ泳がせて、小魚に見せかけて食わせてるけど、やっぱ無理あるわなぁ・・・。

やっぱ春先はルアーしか分があるなぁ・・・。
今週も木金と低気圧が通過する見込みなので・・・。

虎視眈々と平日夜間出撃の機会を見計らっていたが。

9日、22時とびみょ~な時間に体が空き。

迷ったものの、冷蔵庫の余りエサ持って出撃。

行きの道路際の温度表示は7度、防寒着上下を装着。

22時半には波打ち際。

まだ海水温が15度あるからか、海から吹いてくる風が温かく、快適。

海はベタ凪だが、干潮直前の潮が流れるタイミング。

電気ウキを流すと、キュンと沈んでガシラ。

底だいぶ切ってるのに、底から凄い勢いで上がってきて、喰らい付いてるな・・・。

メバルは今時期の低気圧をスイッチに交接しよるので、半場予想していたが、お留守。

先週の荒れがスイッチになってもうたんだろう。

もう少しで卵に目が出てしまうなぁOTL

ウキは順調に入り、お腹大きいのから小さいのまでガシラが続く。

0時を回り、終了予定時刻まであと30分。

干潮前に潮が変わり、真正面から波が打ち付けて来、岸際は洗濯機状態。

メバルが出るなら、このタイミングで、この洗濯機の際、底やろ!

と青流し込むと。

じわじわじわ~と期待するウキ入れだったが。

上がってきたのはエメラルドグリーンの木っ端グレに赤メバル。

黒メバルの姿は無く。

外したか・・・外したなOTL

0時半、納竿。

急いで帰って、捌いて、1時半、就寝。



今日のエモノ。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[07/19 KAT]
[07/18 ツインパワーZ]
[07/05 KAT]
[07/04 ツインパワーZ]
[06/30 KAT]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAT
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1976/02/09
趣味:
釣り・工作・料理
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]