忍者ブログ
アルミは軽くて強い。加工しようとするとやたら粘っこいクセに熱に弱かったり、となんとなく親近感を覚える素材なのであります。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
土日ままならんのなら・・・と金曜の晩、満潮からの下げ潮狙い。

勝で青400円仕入れ、22時過ぎ、南下。

一か所目はド遠投ポイントでアジ狙い。

1投目からコンコンコン・・・ときてウキが急速潜航。

掛けアワセると18cmくらいのアジ。

このサイズが居るなら、5尾あれば上々!と打ち返すが。

ウキがピピン・・・と沈んではす~っと浮き上がるを繰り返し。



豆アジ天国。

アジ釣りでは最初に釣れる一尾が一番マシな不思議・・・。

たまには小マシなん混じってないんか・・・と打ち返してたら。

頭の上をセミより大きな羽音で、スズメバチほど高音でない羽音が通過。

背後の街灯を暫く旋回していたが、ボテッと落下。



今日はお呼びでないんだけど。。。

***

二番目は、マゾにも程がある、漁港。

たまにはテトラせせりたい欲求に駆られ、外向きのテトラに座り、ウキ流し。

ポイントを見に来たガーさんやらにピカ~っとやられるが、これも修行。

暗闇で消灯し、静かに釣ってると、ライトを照らして初めて気が付くのか、

「うぉ、居るわ」とか言うてるしw

あの角度なら○ヒロ以下には届いてないやろ、とタナを調整して対応。

ぽつりぽつりと小メバル・小ガシラを拾っていくが、リリースサイズばかり。

やがて、アホの団体さんがやってきて、右から左まで隅々と照らしてくれたので、移動。

***

最後は新規開拓。

ガーさん多い場所だが、今日は無人。

手前から3m刻みくらいで1ヒロ・1半・2ヒロと流していくと。

そこそこ具合のええとこ見つけ。

小ぶりなメバル2連。

小ガシラ・小メバルを釣っては捨て~してると、餌箱ももうラス1残すのみ。

最後に本流の底ベタ流したろか・・・。

錘で底をこつんこつん叩きながら流していくと。

ウキがずもももも・・・と吸い込まれ。

これはええ型くさい?と竿を立てると。

ガクン!ガクン!と大きく頭を振って、ずもももも・・・と竿を絞り込んでいく。

これはもしかして・・・ぬるっとしたガシラ!?

矯めて底から剥がし、一気に浮かせて、足元ややこしので、念のためタモ出動!

ライトオン。

・・・尺ないグレやんけOTL

翌2時半、納竿。



標準的泉南のオカズ。
PR
20時半、開始。

梅雨メバルに中アジなんかあるとうれしいな、と砲撃ポイント。

50mラインから叩いていく。

この間の荒れで海藻はだいぶ減ったようで快適。

しかし、ストロークの長いうねりがある上、やたらと早い下り潮。

ツンツンツン・・・ときてウキが沈み、急速移動。

とりあえず竿を立てるとドーン!!

硬く締めてるドラグがジリジリジリジリ・・・・・!!

あっかーん!!

スズキさん@夏で元気いっぱい、やんけ~!!

ブレイクの向こうに行かれたら終わり、と応戦するが、あっさりズルズルズル~っとラインを引き出し。

ウキ下でリーダーぷっつん。

ウキ回収できただけでも儲けモンやな。

仕掛けを張りなおそうと、バッグに向かってライトオン。

なんじゃこりゃ!?

シロアリまみれのバッグ⁽TOT⁾

梅雨だね・・・OTL

***

仕掛け貼り直し、もう一度ブレイク際を攻めてると、じわんとウキが沈み。

久々のドサッと25cm級。

後続ないか~と砲撃してたら、うねりのストロークが段々大きくなり。

時折、足元の堤防に当たりはじめ。

悠長に釣りしてたら。

あっという間にダッパンダッパン打ち寄せる波に変り。

堤防の上まで飛沫が吹き上がる始末。

一発、モロにかぶり、上半身ベッタ~。

この波では浅場はどーにもならん。。。

22時、納竿。



スミイチもまな板乗せてみたらえらい痩せとるOTL

今日はええとこないわ~!!
10日ほど前、タマモ氏がええアジ釣ってたので、まだ居らんか?と青虫もって様子見に。

18時半、現地着。

風が落ちた・・・と思って出てきたのだが。

目の前に広がる波濤・波濤・波濤と真正面から吹き付ける風。

夕方の風やからすぐ止むやろ・・・とリーダー結んだり、仕掛作り直したりしてると。

波は残るが、風はだいぶマシに。

今日は久々の砲撃戦装備(磯竿+PE+重量ウキ=ド遠投)。

昨年まで使用していたDUELのSMOOTHⅡが廃番になり、今年から4本編のPEに変えたが、これがまた投げ切れやら潮乗りが悪くて使うのが難儀・・・。

使わんことには慣れん!と修行のような出撃。

シチュエーションまで修行にならんでもええんやけど(波飛沫あびまくり)。。。

今日のウキはなくしてもいいように、廃品利用で



こんなの。

無理矢理ケミ50ネジこんだったw

***

風に向かって投げるが、飛距離は伸びず、波飛沫にPEは引っ張られ、ウキはどんどん寄ってくる。

うんうん唸りながらウキ投げてると。

・・・実は、投げるフォームがあかんのんちゃうか?

初心を思い起こすべく、垂らしほぼなし、海に向かって仁王立ちして、胴体半身。

竿を前方から後方に大きく回し・・・

仕掛けが伸びたところで間髪入れず、振り切る!

シュカッ!!

おー、これこれ、シュカッっと飛ばんとあかんのよね。

ウキは向かい風をものともせずスッ飛び、楽々ポイント沖へ着水。

これやこれや。

***

投擲を元に戻してからは、トラブルなくなる不思議。

ようやく沈むようになったウキには10cmあるなしの子メバルが付いて帰ってくる。

どうやら沖の底は小メバル運動場のようだ・・・。

しつこく子メバルリリースしてると、違う手ごたえで小アジ登場。

むむ、来たか!?と気合入れて投げ返すも、また小メバル地獄。。。

***

20時、月が出るまで、あと30分。

・・・タナ上げよ。

底切って、誘い誘いしてると、目論見どうり、ジワリジワリとウキが入り、小マシなメバル。

ぽんぽんと家族分だけ釣って、またタナを下げる。

アジ、ないんか?

波間に揺れるウキを見据えてると。

空がすいーっと明るくなり。

メバルの時間終了。

それでもアジはあるやろ?とウキを流し続けたが。

アタリのなさに耐え切れず、21時半、納竿。



家族分の塩焼き。
まずは2日。

水温も18度を切り、ぼちぼちメバルの交接時期。

まだ今年、まともなメバル食ってないぞ~と真夜中ド干潮目指して出発。

途中の気温表示計は5℃・・・寒くなったもんだ。

23時から翌2時までやって。



こんなもん。

赤は指先ほどの卵、黒は精巣パンパンの雄と大豆くらいの黄色い卵巣のメス。

・・・水温低下の速さに生殖器の成長がついてってない感じがするな。

もうしばらく、メバルやれるかも。

***

つぎは4日。

日曜の夜、家事済んでから「ポンコチ屋覗いてくるわ」と家出たが。

玄関を出てみれば、午後から降ってた雨は上がって、無風。

ちょうど満潮からの下げ始め、やな。

勝で青虫買って、そのまま釣り場へ。

21時から23時過ぎまで、満潮釣り場2か所回って。



メバルは伸びず、グレ2枚に終わる。

夕方からぼちぼち下処理してあったツバス兄を捌き、晩飯の支度があらかた済んだところで夕暮れ。

おもむろに冷蔵庫から保冷材とキビナゴ取り出し、ハマへ。

17時半、投擲開始。

1投目、3カウントで巻き始め、サソイを二回入れたところで、コツっ!!

反射的にアワセ入れたものの、引かん・・・。

上がってきたのは、ベルト弱。。。

リリースするにはアレな鈎係りでキープ。

そこからは遠投しようが、移動しようが、反応薄く。

18時過ぎ、納竿。

ぼちぼち終盤、かなぁ。。。



細っ。。。



気合の捌きで一品増えた。。。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 14 15 16 17
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/20 KAT]
[11/20 ハオコゼ]
[11/19 KAT]
[11/19 ガッシー]
[11/15 KAT]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAT
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1976/02/09
趣味:
釣り・工作・料理
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]