忍者ブログ
アルミは軽くて強い。加工しようとするとやたら粘っこいクセに熱に弱かったり、となんとなく親近感を覚える素材なのであります。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
バカ陽気に誘われて、土曜の晩23時前、出撃。

勝でイシゴカイとアサリ掘りで底の破れたスパイクブーツを仕入れ、南下。

途中の温度計は14度・・・防寒着いらんなw

海はベタ凪、ド干潮につき、釣り場はよりどりみどり・・・。

ワシの勘は潮アタリのいい岩場先端でヨレ狙いと言っているが、潮が動くまで時間あるし。

半日公園で子守地獄のため、今日はあんまり歩きたくない。。。

結局、潮が流れやすい石積みに入ったものの。

ライト照らしてガサガサする人々に妨害され、30分ほどロスOTL


ようやく無人になった、暗闇で再始動。

今日は三叉サルカンで枝ス3cm出し、下鈎は矢引き下にして、春仕様の2本鈎。

まずは仕掛けを入れ、海草の伸び具合をチェック。

下鈎を海草スレスレくらいに調整して、潮上に投入。

あとは波の上下に併せて、ひたすら巻きサソイ。

何度か誘っていると、ウキがヨロっと倒れたので、即アワセ。

ブルルっと一瞬の魚信のあと、すっぽ抜け。

回収した仕掛けには無傷のイシゴカイ。

いるけど、流石に食い浅いな~。

今度はウキに反応が出た後、ウキが沈むまで待って、竿を立てる。

子気味のいい引きで、手の平サイズが上がってきたが、抜き上げ時にポロリ。

これでもまだきっちり掛からんかぁ~。

意地になってあの手、この手を駆使するものの。

ようやく一尾手にした頃には踝まで潮が上がり。

翌2時、納竿。



ド貧果OTL

胃袋は極小シラスで一杯。

イシゴカイ泳がせて、小魚に見せかけて食わせてるけど、やっぱ無理あるわなぁ・・・。

やっぱ春先はルアーしか分があるなぁ・・・。
PR
今週も木金と低気圧が通過する見込みなので・・・。

虎視眈々と平日夜間出撃の機会を見計らっていたが。

9日、22時とびみょ~な時間に体が空き。

迷ったものの、冷蔵庫の余りエサ持って出撃。

行きの道路際の温度表示は7度、防寒着上下を装着。

22時半には波打ち際。

まだ海水温が15度あるからか、海から吹いてくる風が温かく、快適。

海はベタ凪だが、干潮直前の潮が流れるタイミング。

電気ウキを流すと、キュンと沈んでガシラ。

底だいぶ切ってるのに、底から凄い勢いで上がってきて、喰らい付いてるな・・・。

メバルは今時期の低気圧をスイッチに交接しよるので、半場予想していたが、お留守。

先週の荒れがスイッチになってもうたんだろう。

もう少しで卵に目が出てしまうなぁOTL

ウキは順調に入り、お腹大きいのから小さいのまでガシラが続く。

0時を回り、終了予定時刻まであと30分。

干潮前に潮が変わり、真正面から波が打ち付けて来、岸際は洗濯機状態。

メバルが出るなら、このタイミングで、この洗濯機の際、底やろ!

と青流し込むと。

じわじわじわ~と期待するウキ入れだったが。

上がってきたのはエメラルドグリーンの木っ端グレに赤メバル。

黒メバルの姿は無く。

外したか・・・外したなOTL

0時半、納竿。

急いで帰って、捌いて、1時半、就寝。



今日のエモノ。
※※※11/16(月)、11/15分追記あり※※※

2015/11/12 泉南・タコエギング

仕事帰りに1時間寄り道。

今日はこっからあっこまでと決めて、数投しては10歩歩きして、エギ引いていくが。

今日は留守なのか反応がない。

終了時間間際、ぼちぼち終点。

こらボウズか?と思い始めたところで、ムニュ。



やっぱりおった!

同じ所にエギ投げたらまた、ムニュっときて、三連発。

狭い所に固まってる事もあるんやね(-_-;

つーか、逆から叩けばよかったのかOTL



3杯で600gの水揚げ。

***

2015/11/13 泉南・メバル

四週に一度の闇夜の大潮だが、この週末は雨予報。

風吹く前なら雨でもメバル行ったるで~と決めてたので。

体が空いたら、風確認!なし!出撃用意!

青虫500円仕入れて、メバルポイントに向かったが。

大阪湾を渡ってくる波がポイントにまともにブチ当り、ポイントは真っ白なサラシの下。

この波ではウキも満足にコントロールできん・・・と断念。

第二候補のポイントに移動し。



食う分だけのグレ拾って、早々に帰宅。

メバルのウキ沈め、見たいわぁ~・・・。

***

2015/11/15 泉南・メバル

雨がしとしと降ってるものの、前線通過はまだ先で風もない・・・。

雨の中、1時から釣りってどうよ?とは思うが、メバルの顔見やんと治まらん。

合羽上下フル装備に磯竿一本とソフトクーラーに青400円持って出撃。

昨日ほどではないけど、それなりの波気。

潮は流れてるので、矢引きからタナを下ろして広く探る・・・が。

2ヒロまで下げても無反応。

イカ?ライト浴びせられ済み???

それなら石積みから顔出してるメバル狙いじゃ・・・と1ヒロで岸ギリギリ叩いていくと。

ちょん・・・じわあああああ。

これはメバルやろっ!?

子気味いい引きをあしらい、抜き上げ。

ライトオン。

メバルはメバルでも・・・赤やんか(-_-;

そうこうしてるうちに干底で潮が止まり。

小ガシラの活性があがる。

冷蔵庫にグレも控えてるので、今日はガシラ要らん!とリリースしていくも。

キープサイズも混じるだけに始末におえない。

底を切っても上がってきて、音速のウキ入れ。。。

みるみる青虫が減り。

最後の20cmオーバーの一尾のみキープ。

最後の青虫にグレが喰って来て、弾切れ。

2時納竿。



俺はぱっつんぱっつんに肥えた、黒メバルが食いたいんじゃあああああ!!



23時、釣り場着。

ハマの端からタコエギを投げていくが。

右手に先客二名で、叩かれているのか暫く反応なく。

沖でむにゅっときて手の平ダコ二つ。

今日はイマイチやな~と思いながら底を叩いていると。

平坦な底を引いてるのに・・・むにゅっときて、ズシン!

エギがびくとも動かない。

張らず緩めず聞いてるとむにゅむにゅ言うとる。。。

タイミングを見計らって、底から引っぺがすと・・・

なんだ、この重さ!?

一定速度でリーリングするが、ハンドルは三角巻き気味。

やがて、沖のほうに太い水柱が立つ!

えらい、でかい。

波打ち際まで寄せてきたが、足が長いからか、底にへばりつき、沖に向かって歩き始める。

ええい、とザブザブ踏み込み。

浸水するのも構わず、エギ掴んで、ゴロタに放り投げる。



ドサッ!!

満足!

翌1時過ぎ、納竿。



こまい方、2つで250g~。



でかい方、1150g~。
自己記録~♪

夜のハマ、侮れんなぁ・・・。
毎度m(_ _)m

大阪湾の水温もほどほどに下がってきたので、タコ釣り始めました。

これまでやったことあるタコ釣りは、飲ませの死んだアジを15号ほどの白いテンヤに針金で括りつけ、底をトントンしながら堤防の足元を探り歩くものでした。

最近はタコエギングと称してごついエギングタックルでエギを底ベタで引いてタコを釣るのが一ジャンルとして確立しているようです。

普通のエギングしてても、底を這わす時間が長いと、のしっときて、ウンともスンとも言わぬ割に、ぬぬぬぬ・・・と動く根ガカリが多発する・・・
まぁ、細いエギング用の道具ですから、取れるのは200gとか300gまで(私の過去最高は600g、ただしこの時はNA3号でした)。
大抵身切れして吸盤だけとか、抱かれた拍子に底掻いたかしてエギ取られたりとかなんですが。

なんしか、タコがエギ好きなのは、経験上明らか。

なんせ、コロ釣りのエビにも(居れば)飛びついてくるもんね(-_-;

今回のタコエギング開始に当たり、こちらのサイトを主に参考にしましたm(_ _)m

***

21日。

仕事帰りにちょりっとハマに寄り、道草。



タコエギングに際して特別購入したものはないが。

隠し持ってたAR-C906MHのデビュー戦がタコと相成った。
前から太刀魚用に使ってた02ツインパワー4000HGに投げコロのPE5号再利用巻いて。
コロ釣りではめっきり使わなくなったフロロ12号だかをリーダーにして。
根ガカリポイント突撃用のデフレエギのカンナ外し、ハゲ掛けの鈎に換装、タコベイト半切り乗せ。
5連クレンサルカンなんぞないので、サルカンをスナップで連結してモドキ作成。

それらしい道具にはなった!?

18時半、実釣開始。

投げて、底ズリズリ巻いて、投げる。

投げて、底ズリズリ巻いて、投げる。

普通のエギングでも乗ってくるので、そんなに巻くのは遅くしなくていいはず・・・。

投げて、底ズリズリ巻いて、投げる。

投げて、底ズリズリ巻いて、投げる。

・・・30分経過・・・

なんかもう、飽きてきたんですけど・・・。

帰ろうかな、と思ったとき。

投げて、底ズリズリ巻いてたら・・・グニョ~ンと来て、重くなった!!

乗ったがな!

竿立てて、一定の巻き上げで浮かすと、ぷしゅーぷしゅーと水柱立てながら寄ってくる!



ドサッ。

おおお、ほんまに釣れたでぇwww

もうちょっと投げたが。

いつもの帰宅時間が近づいたので、19時半、一旦納竿。

***

用事を済ませ、22時半、再開(爆

ちょっと潮が下げたからどうかな~と思いつつ、先ほどの手応えをモノにするため。

投擲投擲また投擲。

底をゴツゴツ当てながら引いてると。

モソッという感じでエギが動かなくなる。

ラインを張らず緩めず聞いてみると。

波のサイクルは無視した、ぐにょぐにょ感がある。

動き出すのを待って、一気に巻き上げると、先ほどのタコよりえらい重い・・・。

慎重に巻き上げたものの。

抜き上げ時に「ガラガラン!」



石抱いてやがった(-_-;

23時半、打ち止め。



今日の水揚げ、550gと200g弱。

初回にしては上出来?

***

22日。

今日も帰りに寄り道。

北よりの風でそれなりに波気あるが。

浅場にカニ食いにきてるタコには関係ないやろ、と一時間一本勝負。

底をズリズリしてると、カケアガリでドスン!

へばり付かれて、動き出すのにだいぶ待たされ。

なんとか取れたが、これ一つでタイムアップ。



今日の水揚げ、300gちょい。

***

タコエギング開幕2日にして、1キロ超えました・・・。

タコはワタ一式とって、洗わずジプロックの袋に個包装して冷凍へ(ヌメリが落ちやすくなって、保存も利いて便利だそうな・・・)

和泉ダコ(ボイル済み)が定番でグラム298くらいやから・・・うひ^^

タコエギング、結構オモロイかも。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1
4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/19 KAT]
[09/19 ツインパワーZ]
[09/17 KAT]
[09/17 ツインパワーZ]
[09/12 KAT]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAT
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1976/02/09
趣味:
釣り・工作・料理
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]