忍者ブログ
アルミは軽くて強い。加工しようとするとやたら粘っこいクセに熱に弱かったり、となんとなく親近感を覚える素材なのであります。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
秋の南紀コロタマ会参加のため、3日から夜釣り。

子守のついでに佐野の市場で夕網のジャコエビ1トロ・ワンコインで買い。

17時に家を出て、あっこ入ろか、あっちしかええか、考えながら阪和道をずんどこ走ってると。
今、考えてたポイントに行くための出口、まさに通り過ぎたがなOTL

初っ端から、折れそうになるわー(汗

次の候補地は・・・と考え考えしてると、同じく参加予定のティワン殿からメール。

テ「S浜入りました」

K「まだあいてまっか」

テ「開いてま(浜やし、何言うとん、このオッサン)」

K「ほな行きま」

紀勢道の延伸の恩恵に浴し、18時半にはハマに着地。

ハマの右からティワン殿・みりおね屋しんさんがすでに布陣済み、ワシは左に入らせてもらう。

お二方はハマに自作の竿立てピトンで、さながら竹林のように5本の剛竿を生やして居られる。

しかも、お二方とも1本はPENNの両軸だもんだから、時折、ジュビーーーーーンとスプールの高速回転音が闇夜を切り裂く。



そんな中、空気読まずに土嚢袋に砂入れて、ハマ式・ショート尻手竿ぶっ飛ばしスタイルでスタンバイ。

いつものファインセラAX2本でジャコエビ付けて打ち返す・・・

・・・が、晩夏の海は熾烈な餌取りも健在で、着底から30秒ほどで素鈎。

早々に諦めて、ロールイカを解凍するのであった。

***

21時前の満潮を過ぎ、沖目に投げていた竿が。

ジュビン!!チリン!チリン!チリン!チリン・・・

高速発射!

慌てて竿尻を掴み、思いっきり竿を立てるが・・・スカッ!!

なんでさ。

竿尻あんだけ振ってたら、普通、乗るやろ・・・OTL

南紀のアタリは一晩一発・・・今日は終りか・・・。

それなら、飯食うべ。



今回初導入のバーナー(新古)とヤカンでお湯を沸かし、ハマラーメン!

今までは冬の夜釣りでも冷えたパンをもそもそ食いながら、ひたすら釣り!だったが、最近は「のんびり」に心引かれ。

そして。



お湯があるなら、コーヒーを淹れねばなるまい。

あかん・・・釣り場で飲むコーシーめっさ旨ぇ・・・。

もちろん、横目でケミはチラ見してるんですけどね。

動かないんだなー、これが。

***

腹ごしらえも済み、ひたすらロールイカ投げ倒すも無しの礫。

右方向ではティワン殿・しんさんが時折長物やゴンを上げてるが、こちらは時折フグの歯型が付くくらい。

時間は23時を回り、ワシとこの釣り座でしんさんとダベってると。

闇を切り裂いて。

ジャジャジャジャジャー・・・・・・ジャジャーー!!

PENNのド派手なクリッカ音がハマに鳴り響く。

竿に飛びつくティワン殿。

神戸港で鍛えた高速リーリングでハマにズリ上げられたのは。



本命コロダイ。

おめでとうもそこそこに我の竿を打ち返すも・・・やっぱり無しの礫。

***

0時を回り、流石に睡魔が襲ってくる。

これではいかん・・・とロールイカを封印し、ジャコエビ・冷凍エビに変更。

餌取りアタリ出たら即打ち返し。

潮も大分下げたとはいえ、右の竿投げたら左にコツン、左投げたら右がビビン!

それなりに当るが、不思議にゴンズイが一匹掛かっただけで、一向に餌取りが乗らない。

1時過ぎ。

ジャコエビ房掛けにして投擲、糸フケ取って、三脚に掛け・・・ようとしたら竿尻浮いてきて、竿先がぐぐーっと引っ張られる。

なんやなんや、と大アワセを入れるとギュウゥーンとええ感じの締め込み!

ゴリ巻きで対抗すると、最初の一伸しが嘘のように寄ってくる。

これって・・・もしかして・・・アレですか。



メ・・・メンドリアーン!!

会いたかった食いたかったよw

***

その後、ひたすら打ち返すも、干潮の3時40分を迎え。

何かが「ポキッ」と折れて、お二方より一足早く、納竿。

会場で仮眠。



詳しくはじゃこはんのブログにて。

メンドリアーーーーーン!!

***



今日のエモノ。メンドリ40ちょい。



メンドリアンは美味しく頂きましたwww
PR
南タマ、参加してきました。

前々から「釣りに行く」と決めることが少ないワシ(だって天気と月と潮と風と暇な時間の相談なんだもん!)。

珍しく「この日の夜は釣りに行きます。」と事前予告を行ったため、17時前、すんなり出発。

阪和道経由工事復旧した紀勢道で富田までバビュンと一時間。

便利になったもんだw

台風が近づき、外海は波被ってるところがほとんど。

限られた堤防は争奪戦の様相を呈し。

空いてるところを見つけたとこで、即落着。



明るい内は餌取りもなかったが・・・日が落ちると子フグ・中フグ・ゴンが暗躍する奇奇怪怪の南紀の海。

いつもの泉南産ジャコエビでは打ち返し負け気味になるので・・・



今回はこんなのも買ってみた。

捨て竿に付けて放り込むが、シャコは殻が固い分、小フグ・ゴンには厳しいのか、餌が残る。

これでコロ回ってきたらイチコロやで~、くっくっく~。

本命2本はひたすらジャコエビとイカで打ち返し。

ゴン・アナゴさんまみれで数時間。

23時前、一度大きくドラグがうなるも、アワセ入れたら「スカッ」

0時過ぎ、満潮と同時に月が沈み、期待の時間。

時折、ジャコエビが残り、期待がどんどん膨らむが・・・。

1時超えた辺りからまた餌取り猛攻。

平気なのはシャコばかりなり(中フグにはヤラれるが、硬い尻尾は残る)。

2時過ぎ、疲れもピークに達し、三本ともシャコ付けて、ボンボンベッドに横になったら・・・

朝だったOTL

ちなみに、シャコは三匹とも頭取られてたけど、尻尾残ってた。

ほんまにコロに効果あるかは、検証の余地有り(釣れんと話にならんわなw)。

***

7時より印南SAでコロタマを偏愛するオッサンの会に参加し。



○ボを噛み締めつつ、釣具屋経由で帰宅。

久々のロングランやった。。。

参加の皆様、お血枯れ様でしたm(_ _)m
台風一過の18日夕方、じゃこびっち氏からメール入電。

じ「荒れ後の一発取りにいくで~」(意訳)

K「がんがれー」(意訳)

晩飯の買い物をしてた我輩は、明日行けばいいやぁとばかり華麗にスルーし。

20時、パリパリの皮付きギョーザとうちで取れたピーマン入りのチンジャオロースーで飯をガツガツ掻きこんでると。

じ「こんなんきたで~www」(意訳)

ブフォッ

ドブ色の海から・・・やりよった!!

そっから色んな事に手ぇつかんわ、困るっちゅ-ねん(-_-;)

***

結局、翌18日、遅きに失した感のある出撃。

うねりが残り、外向きはアウト。

河川の周辺はドブ色、

心当たりを覗いて行くが、いまいちピンと来ない。

夕暮れ迫る中、某港までくると。

お、ここ水潮だけど港内まだきれいやなぁ・・・。

駐車ポイントに車を入れ、見渡せば、先端内向きに一脚立てて準備してるコロタマーン発見。

べたべた歩いていくと、キンコロ恐怖の乱獲マシーンこといけちゃん殿ではありませんか。

近況やら道具の話やらしてる間に陽が水平線に没しようとしてるので。

こちらは湾奥から投げて攻めることに決定。



夕暮れ空をバックに月と金星とケミ、向こうの明かりはいけちゃん殿。

エビで打ち返すが。

豆フグ湧いてるようで、消えるの早い。。。

投げて、巻いては投げるの繰り返しをしている内、20時半。

投げ終えて、二つ揃ったケミを見ていたら。

水道ど真ん中に投げてた竿のケミがす~っと流れ、ガチャーン!発射!!

慌てず騒がず竿尻掴み、思いっきり竿を起こす!!

スカッ!!

あれ~!?乗らんかったがな(TOT)

***

南紀のアタリは一晩一発・・・もう来やんかな・・・と打ち返しを続けていくと。

さっきと同じ所に入れてた竿にコンコンコン!ときて、ジワジワ絞り込まれる・・・

タイミングを見計らってアワセくれると、ズン!ときて竿先が絞り込まれる。

あらーこら小さいな~とゴロゴリゴリ~と巻いて、ドサッ。

ライトオン。



フ「腹がパッンパンです・・・」

なんでやねんOTL

23時半、納竿。

余ったエビはいけちゃん殿に進呈し、撤収。

***

あ、そうそう。



ボンボンベッドの寝心地は秀逸やった。。。

***

20日は代償に、夜帰ったばかりの阪和道を南に進み、白浜の冒険世界へ。

椿温泉寄って、田辺市内に戻る時に紀勢自動車道の南紀白浜~田辺IC間を走ってみたが。

富田での導入から田辺ICまで、めっさスムーズの一言。

惜しくらむは、台風11号の影響で、白浜向き車線が復旧工事中。

早期復旧が望まれる。

しっかし、今回の釣りは高くついたのォ~NO~(TOT)
猫の目のようにコロコロ変わる天候に右往左往させられてるコロタマーンの皆さんこんばんみm(_ _)m

投げで悪天候だと血ンドイ釣りを強いられ、撤収と帰宅後の処理がモーレツに面倒で、できるだけ悪天候の日は避けたいもんですよね?(俺だけ?)

今週末の土日でもう一発あの引き味わいたいわ~(できればもう少し大きいの!)と思ったKAT。
週中から天気予報に釘付け・・・

木曜に土日雨・曇り予報に変わった時にはOTLしましたが。

土曜は夜半から雨だけど、なんとか天気持ちそう・・・日曜はどうなるかわからんし!と突撃カマしてきましたよー。

でもまぁ、ハマは断念しました。

南に行くほど雨降るタイミングが早い&雨が酷くなる傾向が強いんですもの。

おまけに各地の雨量計と河川の水位確認すると白浜以南は結構雨降ってるのに、中紀エリアはさほどでもない・・・。

そろそろ中紀でも行けるんちゃうんけ!?

買出しのついでにジャコエビ買い物カゴに放り込み、冷蔵庫には黒虎・イカタンスタンバイ済み。

しかしまぁ・・・処々の都合で出発18時。

日没までにポイントに入ったる!?と南下開始。

***



19時過ぎ、セッティング完了。
予想外の先客エギンガ二人、イカ師は紀北か泉南に集まってるもんと思っとったOTL

外2本・内に1本入れてジャコエビで打ち返し。

予想通り海はうっすら白濁り程度で底まで見えてるが。

豆フグが湧いてるようで、餌は3分で丸裸。

満潮21時前までひたすら打ち返す。



ようやく竿に出るアタリでゴン。


パンパン!と竿先叩くアタリで期待させといて・・・



アナゴンタ。

いつもの二人に顔は見たでー。

次はコロじゃ~!!とひたすら打ち返す。

20時前から真正面からの風がきつくなり、エギンガさんは撤収。
礼儀正しく海面を照らさないエギンガさんだったので、実に運が良かったすm(_ _)m

***

20時半過ぎ、満潮。

竿先はぴくりともせず餌だけ消えてゆく。

時折、雨がぱらぱらっと来てヒヤリとさせられるも、沖のイカ釣り船の明かりは見えてるので続行。

念のため、21時に内向きの捨て竿撤収し、竿2本と三脚一個畳めば逃げられるように準備。

下げに入ると、時々、餌が残るタイミングがあり、ぼちぼち奴らが回ってくるか!?とまめに打ち返し。

左の竿がコツン、ときた後、じぃわぁ~っと入っていく・・・。

尻手外して、竿尻股間に通して、アワセるタイミングを計るが、一向に次の魚信がない・・・。

一か八か!?とブン!と竿を立てると強烈な重さ。

しかし・・・引かん。

ゴリゴリ・・・と寄せてきて、どっこいせーと抜き上げようとすると

ドボンドボン!!

???



石2個も抱いてやがったOTL

***

22時、一台の車がポイントに進入し。

二人ばかり狙ってるポイントの方に近づいてきたな~っと思ったら。

ピカッ

海面照らしまくりで、オマケにこっちにもサーチライト点灯。

一番いい時に何してくれやがる!?

おまけに車にもどったなーと思ったら大荷物抱えて、三人に増えて、再来。

ライト照らしたままガンガンガンとピトン打って、どばっちゃーんとバッカン海に突っ込んで・・・

磯竿にアジぶらさげて、ワシのラインにクロスさせてドボ~ン!

あいつらだけはアカンOTL

理屈通じひんし・・・。

***

結局、奴らの射線に入らん場所まで移動し、再セッティングする羽目に・・・。

2本ともイカ短で遠投して探って行くも。

時折ゴンが餌齧るくらいで何も当らず。

予定通り、12時前納竿。

天気保ってなんとか釣りにはなった・・・・。

撤収して、走り始めて五分後。

ポツポツときて、ザーの雨。

危なかったw

***



彼には、角長醤油入りの特製風呂で垢落としてもらいました。
朝錬の心地よい疲れを引き摺りながら、用事を済ませ。

夕方からは子供ら連れて、夜店。

ほんまは夕方から南紀のサーフでコロタマ開幕戦をやりたかったのだが。
夜店のために断念し、朝錬で我慢することに。

カキ氷食わせてると・・・じゃこはんからメール入電。


添付画像は・・・ワシも行きたかった浜!!すでに竿立ってるしOTL


あかん、火ィ点いたわ(-_-;


今日はコロタマ開幕の日や!?疲れてるけどな・・・(TOT)


***


子供らが満足するまで夜店堪能させ・・・フリーになったの19時半。


急いで道具と冷凍餌をかき集め。
ネットで天候を調べると・・・南に行くほど雨。
まぁ降水量1mm程度だからなんとかなるやろ~と高をくくって出発。


イカ短は充分ストックがあるが、スーパーで半額のジャコエビ2パック追加で仕入れ。
怪物という名の栄養ドリンク飲みつつ、ガソリン入れて南下開始。


竿出してるじゃこはんに天候確認のメール打つと。


「本降りで動けん。雷はいてない」


え?移動もままならんほどの雨!?


心折れそうになるも、車横付けでコロならいけんちゃうか・・・と南下継続。


御坊でぱらぱらだった雨も、みなべ入ると本降り(TOT)

田辺ICではぼとぼとの「南紀雨」


ううう・・・最近楽な釣りしかしてなかったからなぁ・・・今日は修行やなぁ(TOT)

***

雨のお陰か、横付けポイントはぽっかりと口を開けており。


リアドアを跳ね上げ、カッパ着込み。

バッカンに水を張って簡易アンカーに。

三脚をセッティング。

尻手ロープを張り。



雨で集中力が落ちるので、今日はAX2本出し。

竿2本と三脚・アンカー・尻手以外はバックドアの下と車内に収納し、陣地構築完了。

左の竿は足元専で、右の竿は広範囲に投げていく。

23時前、全てのセッティングが完了し、ジャコエビつけて、砲撃開始。


***


小雨が降りしきる中、打ち返す。

潮は底から上がり始まったばかり、満潮までどっかで回遊あるやろ~との値踏み。

餌取りはぽつぽつあり、ジャコエビでも3分くらいは保つが、穂先にアタリも出ず消えていく感じ。

小フグが群れをなして行き来してるのか、、イカ短だと残る時もあるが、イカと言わずハリスもズタボロ。

エビ多目に買っといて良かった~。。。



雨が小降りになた0時頃、ぶろろ・・・とでっかい車がやってきて。

お疲れのじゃこはんとBBさん。

ほんまに酷い雨と餌取りだったらしい。。。

***

お二方がお帰りになった後、暫くして雨がまた本降りになり。

フード被って近投竿の餌を付け替えてると。

背後から変な音。

振り返ると。


ジャアァァァァァ!!ジャアァァァァァ!!チリンチリン・・・



脳汁全開!


竿を掴み、尻手外し、走りが止まったところでドラグ締めてアワセ!

グギョギョギョ・・・と久しぶりの感触。

ゴリゴリゴリーと巻いて、足元での突っ込み浮かせて、ドサッ!



35ほどだが、初コロ。

即打ち返すが、また雨音だけが響く、静寂の海。

***

追加を期待してこまめに打ち返すものの。

一度紛らわし~アタリで腕の太さのクロアナゴが来て以降は竿先に出るアタリはなく。


3時納竿。


南紀のアタリは一晩一発、サイズは時の運・・・を噛み締めつつ、帰宅。

翌6時、長い一日を追えた。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 14 15 16 17
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/20 KAT]
[11/20 ハオコゼ]
[11/19 KAT]
[11/19 ガッシー]
[11/15 KAT]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAT
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1976/02/09
趣味:
釣り・工作・料理
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]