忍者ブログ
アルミは軽くて強い。加工しようとするとやたら粘っこいクセに熱に弱かったり、となんとなく親近感を覚える素材なのであります。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
血事のイライラが募りどうしようもなくなってきたので。

イカとエビと道具積んで南へ。

10時満潮過ぎ砲撃開始。

潮はちょい濁り(水潮?)・・・予想通り熾烈な餌取り。

ゴンだけならまだしも、小フグ・中フグがビビン!と齧るもんだから餌が幾らあっても足りやしない。

ゴンが消えてもフグは居残り・・・餌が残る気がしない。

ひたすら打ち返して・・・。

餌取りも静かになり、じっくり本命が待てる!と期待を込めた2時半。

現れた1台の車。

ライト点けっ放しのイカサマ二名。

ワシの狙ってるポイントの上に登りよった・・・。

海が照らされると餌取りが活性化する不思議。

あれだけ静かだったケミは一気に揺れだし。

みるみる内に減る餌達。

3時、弾切れ納竿。

一晩保つだけの餌あったんだけどなぁ・・・

着実にVだけ増えていく・・・。

V.Ⅴになりました・・・OTL
PR
3日夜半出発、4日日の出までの逆半夜行って来ました。

ポイント着1時前。

うねって湾内に逃げ込んだコロ狙いのはずだったが。

外向きを見ると干潮だからか波はまだマシ・・・。

三・四日台風のうねりに曝された海は白濁り。

・・・予定変更。

湾内の小波止先端に陣取り、外向き波止内側の回遊ルート砲撃に切り替える。

***

三セット持ってきてるが・・・体力の限界近いのでプロサとS-GFX出して二本体制。

イカ短付けて準時砲撃開始。

しばらく音沙汰なかったが、S-GFXが前アタリの後緩~く発射!

ゴリ巻きアワセ!ガツン!

一拍置いて竿がぐにゃー。重量感。。。


君か。久しぶり。

エイ子さんをリリースして振り向くとプロサ発射!どーん!

慌てて竿を起こし・・・え~・・起こしたがスプールがギュルギュルギュル・・・

あ。アカンわ。

何かが遠くでドッパーン!

ギュルギュルギュルギュル・・・・フッ。

シャークさん、さやうなら。

・・・なんかこの時点でお腹一杯ですねんけど。

***

仕掛けを組みなおして砲撃を再開すると。

じびじびじび・・・とゴン。ビビン!と竿尻浮かす黒アナゴ。

いつもの面々。

潮が上がってくるにつれ、活性も高くなってるのか60cmくらいのアナゴでも竿尻浮かしよる・・・。

潮も上がってきたので、沖のほうはどやねん、とプロサにイカ短房掛けして遠投してみる。

すかさず竿先に出るびびんとしたアタリ。

どこでも同じやな~。

放っとこ。

横目にケミ入れながら、内向き投げてたS-GFXのアナゴを処理してると。

ケミがありえん速度でシュパッと飛び。

チャリンチャリンチャリン!!!

暴れる竿を掴み、ゴリ巻きアワセ!ガツン!!

強烈な速度で竿を絞るこの暴力的な引き!

タマミ!

取れそう!と思ったところで・・・フッと穂先が戻り。

しばらく呆然。

湾内仕様でフロロ10号でしたOTL

***

その後、NA25号付けて投げるも「南紀のアタリは一晩一発」

アナ・ゴン千切っては投げ千切っては投げ・・・

夜明け。

5時納竿。

***

士道不覚悟也OTL

VⅣになりました・・・OTL
毎度。暑い日が続きますなぁ。

前回の判断ミスを二週間悔やみ、一部装備改変して、昨夜行って来ました。

まぁ、いつもの事ながら、釣れんかった訳ですが・・・

***

前日までに鈎・錘補充やリーダー巻き替え等、装備の準備を済ませ。

当日の帰りにじゃこエビ・イカを仕入れ。

更に家事やら全て済ませ、出発。

いつもの逆半夜・・・。

勤務先の出入りのパン屋にもらった試供品のパンをかじりながら阪和道を南下。

ポイント着0時過ぎ。

本日の装備は・・・

・プロサーフSF405AX+パワーサーフQD4000
・S-GFXプロスカイヤーType-S35-405+プロカーゴ4000改QD
・ツインパワー405AX+ウィンドサーフ4000QD

全てPE5号150mにリーダーNa20号10m巻き。
外向きにエビ餌でプロサとType-S、内向きにイカでツインパの布陣。

思うところあってQD機とQD改造機を揃えているが、QD戦法は経験不足のため捨て竿のみQDとし、本命2本はフルロック。
全て尻手付けて竿振っ飛ばし釣法の体制。

満潮0時過ぎなんで、チャンスは今。

3本投げ入れ終り、一服しようとラッキーストライクに火をつけたら。

Type-Sの穂先が押さえ込まれ。

ケミが流星のように流れて、発射!

よしゃー!と竿を手に取り、巻き合わせ!ガツン!

グギョギョ・・・と実にコロっぽい走りの後・・・


フッ・・・


外れたがなOTL



チャンスはまだあるはず・・・とエビ・イカ・ゲソを投擲し続けるが。

下品な前アタリの後に竿を飛ばすゴン太黒アナゴとじびじびとしたゴン。

いつものメンバーに熱烈歓迎され。

根係り多発でラインブレーカ大活躍!と思いきや、蹴り飛ばしてしまい、殉職とか。

本命のアタリは・・・とケミに集中してると。

気が付けば東の空が白々と。

逆半夜は延長もくそもできんから辛い・・・。

4時半、失意の納竿。

***

VⅢになりました。。。
7/14~15の全タマに向け準備を進め。

当日は昼間に小エビを買出しに行き。荷物はまとめて準備万端。

23時、出発。狙うは漁港コロ・・・。

ポイント到着0時過ぎ。

重い荷物をよろよろと運び。

早速、三脚を出して、ピトンを打ち込もうとケーソンの継ぎ目を見たとき。

「ぷちっ」



「ぷちっ・・・・ぷちっ・・・・ぷちぷちっ・・・・」

かすかなアノ音が聞こえる・・・

湾内に移動し、ライトオン。

うぎゃああああああああああああ

白濁りの水面を埋め尽くすフグフグフグフグ・・・

よりによって、今日は奴らの一番好きな蛍光ラインに巻き替えてきたしOTL

あがん・・・移動するしかない・・・。

とはいえ。

川の影響を受けにくい手持ちポイントの最寄はこっから更に1時間。

時刻はすでに1時前。満潮2時。夜明けは4時半。

ポッキリ

***

結局、カゴ師のおいやんに教えてもうた遠投でないと入らんシモリポイントの確認のため某波止に向かい。

フカセ師とカゴ師の間に入れてもらうも。

両脇10mの間に左2名、右1名、無言で入ってきたイカ師に挟まれ。

ひたすら投げ錬。

教えてもらったポイントの確認はできた。

ひたすらポイントに餌を置き続けてると。

夜明け前、プロサーフ発射!

おおお来た~!とゴリ巻き開始。

が・・・1度目の突っ込みが終わると無抵抗。

極太黒アナゴでEND。

早々に引き上げ、森の鼻駐車場で仮眠zzz

***

6時40分、携帯のアラームが鳴る前に、拍手で起きる。

検量はじまっとるやんけOTL




最初から最後まで蹴っ躓いて終わった全タマ。

南紀会場では70オーバのタマから80オーバのクエまで。。。

釣る人は釣ったある・・・

VⅡになりました。。。
このところ家庭内も平和で。近場のキス釣りで我慢していたこともあり。

木曜晩。ついに・・・

南下許可、下りる。

さー、今期もコロタマに挑みますか!


準備は済んでるねん^^;

しかし・・・投げフル装備は・・・重いOTL

***

金曜は血事を済まし。帰りの電車で寝て帰り。スーパーで小エビ買い込み。家事を済ませ・・・

23時。冷蔵庫から餌を取り出し、出発!

今晩は1時過ぎに月が沈み、2時前満潮。実釣時間は1~4時の三時間。

フカセなら1尾2尾出すには十分な条件なんだけどな・・・

投げだとなかなか・・・

少しでも獲れる率を上げるべく、いろいろ考えながら阪和道を南下。

***

現地着、0時半。

ポイントは迷いに迷い、結局、少しは勝手が分かる、波止。

潮は少々濁り。ゴン地獄っぽいな。。。

早速ピトンを打ち込み、三脚を固定。

尻手ロープを調整し、竿の準備にかかる。

今日のお道具は

・プロサーフSF405AX+パワーサーフQD+PE5
・S-GFXプロスカイヤーtype-S35-405+ウィンドキャストQD+PE5
・リーダーNA22号
・鉛15~30号

新採用のQDと5号PEラインのテストも兼ねてます。。。


準備に手間取り、1時、戦闘開始。

正面から4mほどの風が吹いているため、穂先はゆーらゆら。

その合間に「びびび・・・」とゴン様が餌をちゅうちゅう吸うシグナル。

餌がなくなると付け替え・・・「びびび・・・」

活性が低いのか、あんまり鈎掛りはしないが。

時折、食い意地の張った奴が・・・で、お約束のゴン。。。

ひたすら打ち返してると。

type-Sのドラグが「ジー」

手持ちで聞くと生体反応。

ドラッっとアワせると・・・やっぱりアンタか、の黒アナゴ

***

2時。満潮まではうるさく当っていた餌取りが散発的になり。

闇夜の中、ケミが今飛ぶか、穂先が舞い込むか・・・と期待が高まる。

沖に遠投していたプロサの穂先が「コン」とお辞儀をして。

ドラグが「じり・・・じり・・・」という感じで滑り出す。

バクバクするのを噛み殺し、竿を持ち。

タイミングを見計らい、ドラグを閉めて一気にアワせる!

「スカッ」

***

続いて・・・近投のtype-Sに激震。ドラグが「ジャー!」

即ドラグを閉め、巻き、アワせ!

「スカッ」




・・・ドラグフリーって難しいOTL

***

2時半を回ると、再び餌取りのアタリが出だし。

投げども投げども餌が減るばかり。

やがて、東の空が白々と明るくなり・・・タイムアップの4時。

さー片付けんべか、とtype-Sからバラし始めてると。

背後で「ジャ、ジャ、ジャー!」

うおおい、マジか!?

竿尻が浮き始めたプロサをむんずと掴む。

確かな生体反応!

ドラグ閉め!ブンッ!!

「ガツッ!!」

あかん、巻かれとる・・・が、まだ生体反応はある。

引きが一瞬止んだ隙を見計らい、ゴリ巻き!

「ズボー」

出たっ!ええ重量感。絞り込まれる穂先!

よっしゃー!最後の最後に来たか!!

ゴリ巻き・・・アレ?引き、軽なった(TOT)

・・・

・・・

べしゃ。



最後の最後が・・・お前かOTL

頼んでもないのに外道三兄弟勢揃いしやがってOTL

4時過ぎ、納竿。

今年も○ボスタート、致しましたm(_ _)m

***

帰りがけにポイント偵察しながら帰ってると。

三脚片付ける人発見。

話しかけてみると同じキンコロ戦士おかもっちゃん殿でした。

同夜、ご自身は三升目の76タマを上げ。別の場所でそ~さんが90弱のクエ。

釣る人は化け物釣ったある・・・

実力差を痛感。

しかし、投げは夢あるなぁ・・・。

いつの日か、ワシもやったるでーと夢見つつ、夜明けの阪和道を北上しましたとさ。

おしまい。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 14 15 16 17
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/20 KAT]
[11/20 ハオコゼ]
[11/19 KAT]
[11/19 ガッシー]
[11/15 KAT]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAT
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1976/02/09
趣味:
釣り・工作・料理
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]