忍者ブログ
アルミは軽くて強い。加工しようとするとやたら粘っこいクセに熱に弱かったり、となんとなく親近感を覚える素材なのであります。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
3時、振ってた雨も上がり、天気は回復傾向?なので。

ロッドケースとクーラー、一式詰めたバッカン車に積み込み。

勝でアミエビレンガと氷仕入れて、南下。


行き道にも一雨来たり、時折ピカッと光る空、天気は予想以上に不安定。


カッパ上下着こんで、釣り場にようよう着いてみれば。


ジギンガジギンガジギンガ・・・の列。


まぁ、こんな天気で来る人はガーさんだけだよね。


空いてるところに陣取り、一人、サビキの用意。



時折、小雨が叩きつけてくるが、順調に小アジを集め。



夜明けまでに今日の弾丸準備完了。



そして、夜明け。



外向きはジギンガジギンガジギンガ・・・の列なので、ウキ流す余地はない。

今回はジギングロッドも持ってきたので。

列に交じって、朝練開始。


タコにしか使ってないジギングロッドに65gのジグ結び、ペンデュラムでスイング。

うむ、(投用25m分けで)三色か。

フィンガープロテクター付けたら4色行くなwとか思いつつ。


巻いて竿跳ね上げての苦行開始。


なんか・・・むちゃくちゃ・・・ハードなんですけど。。。


デスクワークで弱った体にキツイ釣りやなぁ・・・。


時折、誰かの竿が曲がり、40cm級のツバスがぽつりぽつり。



ぐりぐりぐりぐりしゃわしゃわ巻いてると。


ゴン!


と来たが、想像以上に軽い引きで。







ジギング初エモノ。

青物ではあるけどね。。。


***


6時を回ると、西からの風がごぅ、と一吹き。


あ、アカン、この風。


予想通り、どんどん風は強まり、飛距離はガタ落ち。


荷物吹き飛ばされる事もあるので、物陰に荷物を移動したものの。


過去の経験から心は折れかけ。





ふと、風下になる裏を見ると。

いつの間にか、べた凪の海面が黒く染まるほどのイワシの群れ。





風の緩んできた、6時半。

ジギングに見切りをつけ、飲ませにスイッチ。



畳んだサビキ竿を再び伸ばし、投げサビキでイワシを10尾ほど確保。

いつものツバス狙いなら竿2号に普通のAmb5501・道糸4・ハリス5でするところ。

竿3号・クリッカ&強化ドラグ化したAmb5501・道糸6・ハリス8をチョイス。



のんきに海面を泳ぐイワシ。


見た目、青物の気配は皆無。



しかし、この下には、単発で回って、底でイワシつまみ食いしてるヤツが居るハズ。
(ただ泳いでるだけ、ということも多々あるがw)


マイワシ背掛けで、バクチ開始。


飲ませはワシ一人。


ウキはぽよぽよ平和に右へ行ったり左へ行ったり。




2尾目のイワシに替え、投入。



投入後は大抵、底に潜ろうとするが。

そのまま道糸がす~っと走り、クリッカがじりじり~。

竿に飛びつき、スラック取って大アワセ入れるが。



軽っ!?




エッソ~ですか~?タッチ~ですかぁ~?とぐりぐり巻いてくると。










また、お前か。





体長の半分以上あるイワシ付けてんねんけどな。




***




投入にしくじったり、トンビ躱したりして、イワシ替え~していると、イワシも残り数匹。


ぼつぼつ追加しとかんとな、とサビキ竿を手に持ったら。




ぽよぽよしてたウキが消え。

ラインが海面を切り裂くようにスパッ!と走り。

クリッカがギャロロロロロ!!大咆哮!!


居った~!!
(むしろ、居ない率の方が高いんだけど)



サビキ竿を投げ置き、竿に飛びつく。

竿を倒した状態から巻きアワセを入れると、63の3号が胴からグワ~ン!!


6号に合わせたドラグはぐりぐりぐり、ぐりぐりぐりぐり~と段付きで糸を吐き出し。


一気に50mほど持っていかれる。


脈動するように頭を振る感触。




巻いてライン回収してはズルズルズル~と持っていかれ、一進一退。


根に入る魚じゃないし、と割りきり、こちらは長期戦の構え。


強化ドラグはドラグ設定幅がごくごく少ないため、遣り取り中に緩んで、ずぎょぎょぎょと逆転してひやりとする一面があったりしながら。


5分、10分とやり取りし。


ようやく、遠くの海面に姿が見えた。



そこからさらに、何度も突っ込みまくり。

ようやく寄せても、また沖に走られを繰り返し。



リールの巻きで頭向けられるようになったところで。

ジギンガ兄さんのアシストでタモ入れ一発(ありがと~!!)。










ドサッ!!
(久々!)














こんなんでましたけど~。


7時半、納竿。



10㎏楽勝で超えてるので、血抜くのも、持って帰るのも、難儀どした。。。











今日のエモノ。

メジロ兄93cm(帰宅後計測)、10㎏オーバ(手勘定)。

俎板68cm砲が、小さく見える。。。





そして、晩飯。




初日はカマ焼き&尾の身で照り焼きの焼き物コース。




翌日。




一晩寝かした背と腹でお造り定食。

旨し。
PR
地獄のような一週間が終わり。

平穏が訪れた12日、出撃許可が下り。

13時前、阪和道乗って山越え。

餌仕入れて撒餌練って、14時にはスタートして、16時半満潮下げ始めで一枚確保が今日の予定。

○西でポンコチ偵察がてら集魚剤を買ってると。

「あれ、○○やん」

これはこれはの投げ師匠m(_ _)m

同輩の投竿物色中の師匠とやっぱ405のDやったらあれだしょ、とかスピンは06やろ、みたいな謎の会話を繰り広げ。

はっと気づくと13時半回っとーし(汗

暇乞いをして、解凍オキアミ置いてるM○Xへ移動。

ほどよく半解凍のオキアミ一枚入手し、車に戻って、バッカンを取り出し・・・


は?


バッカン一式あれへんOTL

先週、チヌ入れたから洗って干したまんまやぁ~!!

これから帰って出直して40分か・・・

M○Xの前でU切って、再度阪和道で山越え。

道中、餌冷蔵庫に放り込んで来週にするか・・・とか様々な事が思い浮かぶが。

家の前に着き、オキアミ開封。

集魚剤と麦とオキアミ混ぜ、再出発14時30分。

走り出したら、インパネにオレンジのランプが点灯、ガス欠かよ。。。

とことんツいてないな、今日は。

ガソリン補充し、今度はR26バイパスに乗り込み、川まで一直線。



14時50分、川着。

一昨日の雨で程よい濁り。

パカパカと撒餌打って、仕掛け組んで、ようやく開始。

上げ潮だが、放流が効いているせいか、ゆっくり川。

全オキアミで流しているとポツポツ頭齧られ始め。

チヌを待つ。



16時を回ると、粉雪が舞い始め、ウキを見ていると平衡感覚がおかしくなってくる。

16時半、ぼちぼちやな・・・と思ってると。

ウキがじわじわシモり・・・シモり・・・走らんなぁ・・・。

もうええやろ、と竿を立てると、おも~い感じでばたんばたんと頭を振る感触。

走る気配もないのでそろりそろりと寄せて来ると。

笹濁りの海面に見えてきたのは茶色い魚影。

もしやのマゴチさん!?と思ったのも一瞬。

茶色は赤銅色のボディに変り。

三角のヒレ、丸い口には口ひげ、のカープ大将OTL

しかも、全長70cm、推定5㎏の大物w

海面に浮かせた途端、頭を下げての急速潜航。

低水温で動きは鈍いが、強烈なヒトノシ。

こんなんマトモに相手してたら15分は無駄になるじょ~。。。

上げるのも億劫なので、下手に誘導し、水中に沈んでる乱杭場に持ち込み、ゴリ巻き。

案の定、乱杭に突っ込み、うまいこと鈎ハズレ誘発。

***

ハリス遣り替えて、チヌのアタリを待つが。

防災和歌山市が鳴っても、日没にも音沙汰なく。

17時半、納竿。

○ボ。
朝から恒例の野菜の買い出しに行き。

出撃許可が下りたので、昼から先週の雪辱戦で川へ。

途中の温度計は2℃。

我ながらアホやなぁ。。。

M○Xでずるずるのオキアミ一枚買い、刺餌用に一掴み抜いて、4倍チヌ半袋にV9遠投半袋をブレンド。

先週もドッグラン近辺は釣りとドッグランとで昼前から駐車場待ちが出るほどなので、北島橋へ。

用意して川に降りると・・・。

ありゃー、三世代釣り師に橋下の上も下も押えられとる。



少し下手で開店、13時。

満潮14時前でチャンスタイムは始まってる。

撒餌をバラ撒きつつ、寒風に吹かれながら打ち返す。

時々、陽が差すものの、小雪も舞う。

15時過ぎ。

回収寸前のウキがじわーっとシモり、そのまま急加速!

チヌか?

じっくり待って、竿を立てると。

ぎゅぎゅぎゅぎゅ~~~ドタンバタン、ぎゅううううううううううん!!

あかん、ボラや。。。

下手に歩いて、ポイントから引き離す。

走られては寄せて、走られては寄せて、を繰り返すが、全然ウキ見えて来ね~しw

もう、切るか~と思ったら。

お「兄ちゃん、すくおか」

散歩のおいやん登場。

K「ボラやからええわぁ」

お「そうかぁ、今時期のボラ旨いでぇ。チヌなんか裸足で逃げ出すで」

確かにな~。

おっさんとボラの話をひとくさり。

ソロバン旨いでな、で意気投合してしまい。

お「ほかすんやったらもろて帰るわ」

無事ボラは上がり。

おいやんは奥さんに電話を掛け、今晩の寿司キャンセルとボラの収穫を報告し。

ニコニコ顔で帰っていったw

・・・あんだけ嬉しそうにされたらこっちまで嬉しくなってくるやんけw


***


片付けも済んで、再開。

ボラアタリが出始めるも、完無視を決め込み。

刺餌をオキアミ尻尾のみに切り替えてチヌを待つ。

撒餌の範囲よりちょい沖を流してると。

ウキがじわ~っとシモり、急速潜航。

ピシッとアワすと、ガンガンガン!

おー、塩焼きサイズのカイヅさん、ひさしぶり♪

次も同サイズのカイヅさん。

チヌ集まって来たか~?

今日は掛けてからは上手か下手に誘導し、撒餌エリアを走り回らせんようにする事を徹底。



三枚目は40弱のよう走る奴。

その後。

撒餌入れて、場を休ませて、ウキ流す。

ウキ沈む、竿立てる、ガンガンガン!

うひょ~♪

以下、繰り返し。

痩せたんと口丸いのんは逃がし、パンパンの肥えたんだけキープ。

・・・

・・・・・


17時の防災和歌山市と共に納竿。

今日は紀の川チヌ、堪能した。




お持ち帰り、造り2軒分と西京漬け用と塩焼き家族分。

***

翌日の晩。



一日寝かせたチヌで造り、白和え、出汁巻、香の物に中骨出汁の味噌汁。


三日後。



漬け上がった西京漬けと自家製一夜干しとで晩飯。

縮尺がオカシイのはドンブリ飯とドンブリ味噌汁のせいw
7時半起床で阪和道を下り、○西でオキアミ・集魚剤を仕入れ。

ドッグランに滑り込み。

今日は下の方行ってみよう、と思ったが。

日曜にもかかわらず、ドッグランから下手の河川敷は工事車両が行ったり来たり。

結局ドッグラン少し下手で店開き。



9時開始。

ドッグラン付近はケーソン状の構造物が岸から竿1本半ほど沈んでいるが、この辺りからは土留がしてあるだけで粗い底。

土留のエッジ向こうを狙って撒餌と仕掛けを入れていくが。

この辺りからゆるりとカーブを描いて流れている上、手前と沖の表面流の流速差が激しく、仕掛けがどんどんエッジに引き寄せられ釣り難い事夥しい。。。

1時間後、ギブアップ。

竿2本先釣らんとどうにもならん。。。

***

上手に空いてるところは~と歩いていくと。



まーた、同じとこだよ。

撒餌をいれつつ、右に左に流れるウキを追うも。

まったく反応なく、0時を回り、1時を回り。

ええ加減、こんな餌捨ててるような釣りより帰って別の事した方がええんちゃうか?と思えてきて。

14時、納竿。

ボラすら集まらんとは・・・澄み潮きっついわ~。。。

帰りがけにドッグラン付近で釣ってる人見物してみたら。

釣ってる人は過剰にウキ下取った土入式もしくはベタ底仕掛の人だけやったみたい。。。

○ボ。
ちんどい血事の10日間も終わりを告げ。

ようやく自由の身に戻れた土曜日。

昼から自由時間を得たので、バッカンと竿積んで、時間が惜しいので阪和道へ。

解凍したオキアミ常時置いてる?M●Xでずるずるのオキアミ一枚買い。

前回の残りのV9遠投と4倍チヌ混ぜ混ぜ。

あとは腹ごしらえ・・・この道、築港まで行かんとコンビニねぇじゃん・・・。

築港のローソンでカレーパンとはみでるミンチカツバーガーを補給し。

ここまで来たら青岸橋渡って、久しぶりに土入川入るかなぁ。

青岸橋渡って、河口大橋から川を覗くと、海から上がってくるウネリで釣り難そう。

おまけに土入上手は工事中でブルやら軽トラなんか作業しとるし。。。

北島まで戻るつもりで右岸道路上がり始めたら、ドッグランの駐車場空いてるのが目に入り。

ほな、今日はここで。

先客が3組ほどいたので、一番上手、そして、今日も橋の下w



14時前、開店。

パカパカと撒餌撒いて、1ヒロ程の固定円錐ウキで開始。

岩石止めの木枠すぐ沖、もうチヌ通るでな・・・と竿1本半くらいの場所をポイントに設定し、時々撒餌入れつつ、ウキの挙動でタナを微調整。

時々オキアミの頭吸われるようになった所で、尻尾のみにチェンジ。

右にいったり左に行ったりした潮が緩み始め。

投入したウキに撒餌被せ。

ゆるゆる流れたウキが斜めに急速潜航!

うひょう。

竿を立てるとシャープに絞り込まれ。

チヌ竿の柔らかさを楽しみ、空気吸わせ、タモで御用。



エラ切って、バケツに突っ込み、続行。

ぽよぽよと引き込まれては浮いてくるウキ。

さすがに河口近いだけあって、ボラ集まるの早いな~と思ってたら。

ずもーんと引き込まれていくウキ。

掛かっちゃったか~。

ぐぎゅぎゅぎゅ・・・・ぎゅぎゅぎゅぎゅぎゅ~と走り回るのを竿満月にして耐え。

合間に撒餌打つ余裕を見せつつ、ぞんざいに寄せて、ハイ、46cm級ね。

お帰りお帰り~。

次のウキはチヌのようにシャープに急速潜航したもんだから、思わずビシッとアワセたら。

ずももも・・・と底を這いまわるような引き。

時々、魚雷のように突進しては止まるを繰り返す。

45では凌ぎきれそうにないので、ズーム伸ばして53へ。

走られては寄せ、走られては寄せ・・・を何回繰り返したことか。

ようやくウキが見え、浮いてきたのは、ずもーんとごんぶとなトド級。。。

チヌ竿だとチンドイじょ~。。。

ハリス掴んで、引きずり上げて、鈎外して、サイナラ~。

・・・なんか本命一枚しか釣ってないけど、満足しちゃった感ハンパないOTL

***

撒餌打ちつつ、ハリスと道糸やり直し、再開。

1投目、ウキが段々斜めにシモっていき、急速潜航!!

三本目は勘弁ちてくで~と仕方なく竿を立てると。

シャープに走り回る、本命。



難なく御用で二枚目~。

時刻は16時半。

さー、三枚目行くか~と、ウキを流し始めたら、またウキが底掻いたかのように沈み始め。

あっこにそんな障害物ないど???

竿を立てるとするっと抜けてきて、更に???

オキアミ付け直して、再度投入。

また同じように、ウキは斜めに沈下。

あ~、使いすぎて、水吸ったんか・・・最後のトド級にヤラれたな。。。

ウキを替え、再開するも。

緩んだ流れは再び川に。

17時、防災和歌山市と共に、納竿。



今日のエモノ、40前後。



晩飯。
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/15 KAT]
[10/15 KAT]
[10/14 ツインパワーZ ]
[10/14 ハオコゼ]
[09/24 KAT]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAT
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1976/02/09
趣味:
釣り・工作・料理
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]