忍者ブログ
アルミは軽くて強い。加工しようとするとやたら粘っこいクセに熱に弱かったり、となんとなく親近感を覚える素材なのであります。
[385]  [384]  [383]  [382]  [381]  [380]  [379]  [377]  [376]  [375]  [374
昼前からぼっつら和歌山に下り。

M○Xで解凍済のオキアミ一枚買って。

刺し餌一掴み抜いたオキアミ細かく切り刻み、押し麦1/3袋・3倍チヌ半袋・V9遠投半袋のいつものレシピで撒餌こしらえ。

川に向かおうと走らせたが、田中町交差点で左に曲がり、BOOK○FFとポンコチ屋はしご。



北島着、13時半くらい。

風もないええ天気の祝日なもんで、橋の下から南海鉄橋まで等間隔にチヌ師が並ぶ。

一番下手に陣取り、準備。

風もないので、川は澄潮、いつものポイントは底まで丸見え。

ちょっと沖の底が見えなくなっている場所をポイントに設定し、撒餌入れていき。

ぼっつら流す。

段々とボラが集まり、そろそろかな~と思ったら、下手からぴちゃぴちゃと跳ねながらコノシロの大群到来。

目の前のポイントはボラとコノシロで充満。

これ、底にチヌ入る余地あんのかな・・・。

刺し餌ベタ底で這わして、チヌのアタリを待つが・・・これが、遠い。

15時を回ったところで、ちょんとボラアタリのように沈んで、浮いて~からのマッハの潜航。

ボラっぽいけどなぁ~、掛かったもんはしゃあない、と竿を立てると一気に沖へ突っ走る。

LBで足を止めに掛かるが、巻きにかかるとまた突っ走る。

ボラ臭いな~、チヌやったら大概のサイズやけどなぁ。

だましだまし寄せて来ると。

川底でギラリと光ったのは幅広いタイ型。

よっしゃ~!!と更に慎重にやり取りをしていくと。

思わぬところで、魚の動きがストップ。

杭かなんか、巻いたよう。

そのままテンションキープで、自分から外してくれるのを待つが。

プツン!という感触と共に穂先が跳ね上がり、バラシ。

どこに何が沈んでるのかわからん、川OTL

***

30分後に、今度はチヌらしいアタリで40cm級を掛けるも。

今度は見えてる杭に巻かれて、鈎ハズレ。

とことん、杭に祟られる一日やなOTL

16時を回り、「子どもたちが帰る時間です」からラストスパート。

急速潜航アタリからの、沖に突っ走る奴がもう一度襲来。

今度は巻かせへんで~、とLBを駆使し。

ようよう取り込んだのは・・・



ここでは良型だけど、これは・・・いらんなぁw


続いて、ちょん、じわ~・・・からのチヌらしいアタリで、回遊型の35cm級。

今日のチヌは元気なのばかりで。

最後のチヌをポイントに突っ込ませてしまい、アタリも途絶えたので。

16時半、納竿。



お持ち帰り。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 4 5 6 7
8 9 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/18 KAT]
[09/18 ハオコゼ]
[09/17 Georgecaf]
[08/30 KAT]
[08/30 KAT]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAT
年齢:
43
性別:
男性
誕生日:
1976/02/09
趣味:
釣り・工作・料理
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]