忍者ブログ
アルミは軽くて強い。加工しようとするとやたら粘っこいクセに熱に弱かったり、となんとなく親近感を覚える素材なのであります。
[408]  [407]  [406]  [405]  [404]  [403]  [402]  [401]  [400]  [399]  [398
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

唯一の平日の休み、昼からのんびり出撃。

釣り師で粗粒ワンブロックと氷小、岬のオークワでパン買って、古巣へ。
(オークワ2Fに釣具置いててびっくりしたw)



13時から店開き。

溶かし網にブロック突っ込み、海水につけ、解凍。

表面が溶けたところで、ザルに上げて釣り開始。

今日は磯竿1.5-63に両軸道糸5、ウキ8・錘8.5号掛けて、ハリス1.2に伊勢尼3号、間に同枝ス。



刺し餌はコレ。

2ヒロほどから探っていくと、ココン、とウキが揺れ、ウリ坊二連。

飲ませもなんとかできるな、とバッカンに泳がす。

波止に沿って流れる潮にウキを乗せ、止めを繰り返してると。

コッコーン!!

とウキが気持ちよく入り、手のひら大の木っ端。

親呼んできてよ・・・とリリースしつつ打ち返すも、木っ端・木っ端・木っ端の嵐。

そうこうしてる間に、足元で遊んでたオセンが壁際に引っ込んだので。

飲ませ竿伸ばして、ウリ坊掛けてジョブチェンジ。

ぽこぽこと踊る円錐ウキがじわ~っと引き込まれ・・・。

穂先がくいーんくいーんと踊りだす。

イカやOTL

そ~っと巻き上げるも、足元で離され、掬えずウリ坊1ロスト。

残るは1ウリ坊。

イカ除けにスバルぶら下げちゃろ、と伊勢尼13の下に掛け鈎をぶら下げ。

賢いイカなら寄って来ぉへんし、青物はどっちかに掛かる。

仕切り直しで、気持ち沖目に投入したものの。

潮を無視して段々足元に寄ってくるウキ。

追われちゃあるけど・・・足元まで来たウキが、ずずずず・・・と沈みだし。

またイカ。

穂先を進んでいく方向と反対に持っていき、穂先がイカの重みを感じたところで、短く鋭くアワす。

ずしっと乗って、オカズ一品増えた~と思ったら。

抜き上げ時に落っことすOTL

弾も尽きたので、カゴに戻るが、木っ端街道がひたすら続き。

一枚くらい小マシなグレ来てや~と打ち返すも。

16時半、タイムアップ。

ウキスコーンだけは堪能した。

片づけて、ぼちぼち居ぬかいな、と思ったら。

「アジ来始まったな」の声が聞こえたので。

隠し持ってたエギングロッド継いで、3号エギを潮弛みの筋にポイ。

底まで沈めて、一しゃくり。

カーブフォール・・・と思ったら、スルスル~とラインが走り。

アワセ入れると、ズンと乗って。

最後の最後でイカを取り戻して、終了。

17時前、納竿。



木っ端3枚とトンカツ大。

よう遊んだw
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
なんか美味しそうなもん色々釣ってはりますな。
木端とはいえ、結構なサイズじゃないですか。僕も釣りたいですが、べた底の釣りしかしないので、ほとんど釣ったことありません。
こちら(伊勢湾)は、こういうことが過去にもあったのか、この2週間ブリが釣れ盛って、メーターオーバーまで出ている有様です。キャスティングマシーンになれないので、行ってませんが・・
ハオコゼ 2019/11/08(Fri)21:10:59 編集
Re:ハオコゼ尊師
まいろー。

木端といえども、捌く際には尺と変わらん手数要るのでなんとも複雑でありますOTL

>伊勢湾
大阪湾でも都市部の奥の方~に青物居付いたりと妙な具合になってます。
KAT 2019/11/09(Sat)00:28:41 編集
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[11/25 KAT]
[11/25 ハオコゼ]
[11/17 KAT]
[11/16 ハオコゼ]
[11/15 KAT]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAT
年齢:
44
性別:
男性
誕生日:
1976/02/09
趣味:
釣り・工作・料理
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]