忍者ブログ
アルミは軽くて強い。加工しようとするとやたら粘っこいクセに熱に弱かったり、となんとなく親近感を覚える素材なのであります。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
忙繁期に娘からアデノウイルスもらい、ゾンビの様相で血事して。

やっとこ迎えた天気の良い休日・・・。

黄色い洟が止まらんが、行ける時に行っとけ!

***

深夜1時の勝でオキアミと集魚材を購入(オキアミも高くなったなぁ~)。

風呂の残り湯、バッカンに入れて、解凍セット。

就寝。

***

8時起床の筈が、気が付けば9時回り。

誰も起きてないのが、嫌な予感するけど・・・強行。

阪和道ワープを使い(雄ノ山峠のジャンクション、半端ねぇw)。

和歌山北ICで降りて、右に曲がれば、そこは紀ノ川。

六十谷の堰から順繰りポイント見ながら行くが,主だった所にはフカセ師の姿。

結局、空いてる、いつもの位置に落着。



北島橋~。

撒き餌入れて、仕掛けの準備。

実釣開始、10時過ぎ。

満潮11時で、潮位はすでに高め。

底潮は上げているが、表層は海に向かって滔滔と流れる、激二枚潮。

水中ウキを投入するも、アタリは皆無。

時折、止まるタイミングがあるが、刺し餌も触られず、時間だけが過ぎる。

***

満潮を過ぎ、底潮も下げ始めた11時半。

ウキが微妙にシモったんでね?と思ったら。

するする~と引き込まれ。

フグ。

魚は居ったけど、なぁ。

しばらくすると、同じようなアタリで。



手の平さん。

しばらくフグと手の平さんと戯れてると。

川下から太いボラの群れがやってきて、餌取り消失。

潮は川になったり、緩んだり。

着水する撒き餌狙って潜水艦が遊弋するのを耐えて、本命を待つ。

12時半、潮は流れ続けていたが。

ウキがすっと止まり、川底に向かって急速潜行!

ガツン、とアワセると、頭振って、潮下にダッシュ!

これはやったやろ・・・と竿寝かせて耐えてたら。

浮いてきたのは。



中ボラOTL

紛らわしいわっ!!

撒き餌入れて、餌付けて放り込むと・・・

ウキがじわっと押えられては浮き、押えられては浮き・・・こいつらはフェイクだっ!アワセるな!

そしてさっきと同じように底に向かって急速潜行!

だああああ、掛かっちまった!

流れに乗って突っ走るのを、竿を倒してドラグで止め。

二度三度と突っ込むのに耐えてると。

川下にボコッと浮いたのは。

チヌやんOTL

タモで掬って、御用。



なんか複雑ぅ・・・。

その後、撒き餌撃ちつくすまでやるも。

追加なく、13時半、納竿。



終りよければそれでよし・・・?

***

本年もご愛顧ありがとうございましたm(_ _)m

皆様、よいお年をお迎え下さい。
PR
疲れる一週間の癒しを求めてお触りバー『ハマ』へ。

太刀魚しぶいのが皆わかってるのか、土曜にも関わらず人はまばら。

しかしながら、潮目になる所には蛸壺・アナゴカゴのブイがやたらと多く浮き。

投げれるところは非常~に狭い。。。



今までより高い足場で17時スタート。

右・左ブイに挟まれて投擲競技のトラックのようだけど、フルキャストできるのここしかね~(TOT)

だいぶ肌寒くなってきたので、今日はロンT着用。

竿尻が微妙に滑るのが気になる・・・と投擲を続けてると・・・

コン!

つまむアタリにドンピシャでアワセたはずが・・・竿尻がズルッ!?

やべ、竿尻逃げた・・・追いアワセ・・・と巻きを入れて竿下げようとしたら戻る穂先。。。

バラしちまった(TOT)

***

右手だけ袖捲り上げ、ひたすら投擲。

右手のワインダーが表層で掛けたのを見て、テンヤ軽いのにチェンジ。

表層引きでリフトフォール繰り返すと・・・

ゴツン!ときて、○ボ解除。

暫く投げたが、左手に居てたウキグループがブイに掛かり出したからかじりじりにじり寄って来。

投げる隙間すらなくなったので18時半、強制終了。



更に細くなって、2本半・・・これではもう行く値打ちないぞ~OTL
鈍足台風のお陰で、普通に港内半夜やったらなんとかなりそうだが。

色々あって、南下する気も失せ。


結局、やってきたのはお触りバー『ハマ』。

風もなく、程よいウネリが届いて、波気あり。

だが、人もまた満員御礼。

ルアーマンの間になんとか入れる隙間を見つけ、17時半前、投擲開始。

夕焼け空に向かってテンヤを放るが、海の向こうには避難船の群れ。

底から探っていくと、程なくして、ゴン!ときて指三本。

○ボ解除。

ワシが釣ったのを見て、お隣がウキに転向したので場所移動。

いつもに比べて、忘れた頃にアタリが出るので、集中力が要るが。

一晩ぐっすり寝たワシは一味違うで~!

で。

20時、納竿。





一つ細いのあるけど、6アタリ4ゲット。

時速アタリ2回・・・今シーズン最多だが、例年と比べると・・・(TOT)

久々に太刀魚釣り堪能した。
3日の晩からウネリに追われて湾内に回ってくるコロ迎撃作戦を企てたものの。

冷蔵庫の在庫餌を前回のコロ作戦で使い切っており。

夕方、心当たりの魚屋数件回るも夕網なくて、ジャコエビ買えず。

涙の不貞寝・・・。

***

今日は早番だったので、用意してお触りバー『ハマ』着18時20分。

陽が暮れるのも早くなって、17時半日没。

地合終わってるかもな~と投擲開始。

周囲を見ながら投げて行くも釣れてな~い&無反応。

東の空を時折仰ぐと欠けてゆく月。

月蝕見るのは初めてやな~。

***

太刀は2週ほど間が空いたので、水面から底まで探り倒す。

19時前、底を探って足元ギリギリまで寄せてきた時、ゴン!

てっきり、足元の障害物に当てたと思いきや、キビナゴの頭はしっかり潰され。

そんなん、解かるか~!?と一人逆ギレ。

19時半に終わるつもりだったが、風がない割に海面がザワついてるのが後ろ髪を引く・・・

少しばかり延長・・・と沖の底から探り倒してくると。

足元手前で、ゴン!

やっぱり居た!

久しぶりの引きを楽しみ、御用。

例によって友達は連れておらず。

北の風が吹き出して、19時40分、終了。



例によっていつもの画像。

少し細くなってギリ指三本・・・。
ほんまなら本日は家族サービスの予定だったが、諸所の事情により中止。

久々の平日休みなので有効に使わねば・・・。

3時半に起きだし、昨年からスタンバイ済みの波止用品一式車に積み込み南下。

勝で氷とアミエビ1ブロック、コンビニで人間の餌仕入れて、釣場到着4時半。

サビキで弾になる平アジとウリボウをバッカンに確保。

これで準備完了。

***



5号通しにウキがあって錘があって鈎がある、シンプルなウキ仕掛けに小魚背掛けで泳がせていく。

ボーナスタイムのマヅメ時は何もなく。

全体が沈黙。

まだ早かったか?

釣り場も空いてるので、少しでも確立を上げるべく、2本目の置き竿出して足元をカバー。

手持ち竿は投げて沖からちょい先を攻める。

7時前、隣のおいやんの置き竿のクリッカが鳴り、30ちょいのシオ。

シオなら・・・と仕掛けをちょいといじり、新しいウリボウ刺して投入。

ウキが馴染んで、ぴょこぴょこし出したら。

ウキがすぱっと消え、道糸がするすると走り出す。

タイミングを見計らい、アワセくれると竿が一気に絞り込まれる。

底に突っ込む引き。シオやな^^

引きを楽しんだ後は、よっこらせと抜き上げ、



御用。

二年ぶりの青物。。。

画像撮ってたら、置き竿のクリッカがガリガリガリ・・・!

友達連れて来よったか!

道糸引き出して送り込み、アワセ入れるも、スカ。

アジでは流石に大きかったな。

放置してたシオを締めてバッカンに突っ込み、鈎結び直して、再度投入すると・・・

スポーン!

と入るウキ。

ここから投げる度にウキが入り、シオ4連。

5回目に投げた時には潮が変わり、再び沈黙の海。

***

その後ぼちぼちと流すも、反応なく。

青物の気配が薄い・・・。

いてた時間帯、全体で7本。。。

弾撃ち尽くし、9時半、納竿。



シオ30~35。



自分で釣った青物は二年ぶりでした。。。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/24 KAT]
[05/24 KAT]
[05/23 じゃこごうこ]
[05/23 ツインパワーZ]
[05/22 KAT]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAT
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1976/02/09
趣味:
釣り・工作・料理
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]