忍者ブログ
アルミは軽くて強い。加工しようとするとやたら粘っこいクセに熱に弱かったり、となんとなく親近感を覚える素材なのであります。
[1]  [2
朝方の冷え込み厳しい最近。

尿意で目覚めた6時前。

外を見ると夜明け前・・・朝練行くか、とハマへ。

砲列に並び、ここんとこ使い始めたIP26投げ倒すも無しの礫。

ほな、ヘビーシンキングミノーはどう使うんや?と実験開始。

これも青物のタナで起動さすのん難しいピーキーさやのう・・・。

小潮の朝マヅメはベッタ凪・無風で数10人いて、上げてたのエソ数匹だけやったんちゃうか?

初めて使うルアー投げては試ししてると。

後からきたショアジギンガがやたらと上手い所作で次々とエッソを掛けていく。

ほうほう、こりゃええ、と吾輩もジグ結んで見取り稽古。

しかしながら、ジギングロッドがバッドから曲がってジグを跳ね上げるのに対し、吾輩のAR-Cは悲しいかな、ティップでしかジグを跳ね上げない。。。

だいぶんアレンジが必要のようであった・・・。

充実した朝錬であった・・・と8時頃切り上げようとしたら。

泉南の海に並継2本とタマン竿佇立させる某理不尽大王と遭遇。

近況やらバカ話して、9時過ぎ、帰宅。

(大王様、邪魔してごめんやで&カレー釣れた?)

***

午後に一雨あり、夕方から南風が吹き始まる。

この状況ではシーバスよな?とシーバス用のミノー数本持って、17時前、出撃。

シーバス狙いなぞ、紀の川放浪に明け暮れた時から20年振り。

10ftシーバスロッドにバイオマスター3000、ナイロン3号ビニミツイストで編んで、オルブライトノットで8号リーダーに接続してた時代は⁽物理的に・精神的に⁾シーバスがすごく遠かったなぁ・・・。

今でも10ft6インチにバイオマスターC5000(ボディは3000)なのは変わらんが、PE1号にリーダーフロロ5号でシーバスとの距離は詰めやすいハズ。

目星付けてた、テトラ帯の風裏になってるところを叩いていくと。

二か所目で、引いてたSSRのフローティングミノーがのしっと抑え込まれ。

反射的にアワセを入れる。

ゴンゴン、と頭を振る感触の後、テトラに向かって疾走。

ギリギリギリ~と鳴るドラグ。

そっち行くな~と止めに掛かると。

テトラの際でバシャ!!っとエラ洗い一発。

抜けるテンション、ワシ茫然。

餌だとドラグゆるゆるで対応するからなぁ・・・あいつらの必殺技、忘れてたなぁw

残りの場所叩くも、音沙汰なく。



18時過ぎ、納竿。

泉南の夜は静かに更けていくのであった。
PR
日曜は6時前から、実力テスト受けに行く長女を駅まで送る用事。

駅に吸い込まれた娘を見届け、駅前で缶コーシー&一服タイム。。。

この時期、早起きせんからアレやけど、6時頃でもまだ暗いんやなぁ・・・。

帰ってもうひと眠りする時間もないし・・・海でも様子見に行くべぇか。

***

ハマに乗り付けると、結構な車。



海は北の風、太刀魚するには難儀な風。

今日は凪んちゃうかったっけ?

海に向かって、一心不乱にジグやら投げ倒す漢の砲列。

青物かぁ。

10年前は岸一か加太周辺くらいしか狙えなかったんだけどねぇ・・・。

車に戻り、サゴシくらいなら、と太刀魚専用?AR-C1006改にIP26結んで、砲列に参戦。

風上に向かって、鉄板をフルスイング。

あとはアクションする速度でタダ巻き。

5回くらい投げただろうか。

むにょん、ときて、穂先がぐぐぐ~っと入り、なんか付いた。

太刀やったら2本半くらいの引きやけど・・・

ぐりぐりと巻いてくると、足元でぎらっと反転。

望外の力で締め込みよるw

突っ込みに耐えて浮かせてみると、50cmくらいのサゴシやん!!

よっしゃ、オカズゲーットと抜きあげたのはいいが。

タモないし、サバと同じ例のブルブルだし、歯はあるしトレブルフック振り回すし。

ようやくエラ下をワシっと掴もうとした所で。

ツルッ

ボチャン!!

・・・・何しとんのよOTL

その後、完全に夜が明けた7時過ぎ、納竿。

準備不足はいけませんなOTL

しかし、簡単に釣れよるもんやなぁ・・・やる人多いのもわかるわぁ。。。
土曜、昼から何する~?と子供らに聞いたところ。

珍しく「釣りしたい~」との答えが返ってきたので。

んじゃ~夕方16時半ごろ出ようか・・・。

餌と氷買いに行ったり、車にガソリン食わせたりして段取りして。

ぼちぼち行くか~、と声を掛けると・・・。

いや、ちょっと待て、なんでお前まで用意している!?

恐怖のサビキ釣りマッスィ~~ン『嫁』登場。

・・・終わったOTL

***



今回は小鯖⁽全リリース⁾が多く、総数が抑えられたので良かった・・・。


そして、家族が寝静まってから始まる地獄。

・・・3時間後。



家族サービスっつーか、奴隷労働みたいな。

ガクッ。
13時半から2時間ほど空き時間ができたので。

第二阪和するするっと下って。



14時には川っ端に。

AR-C1006改にワーム結んで、力の限りブン投げ、ずるずる巻いてくる釣り。

年末に目星は付けてるので、広い河岸でもここらやろって所からスタート。

扇形に打っていき、アタらなければ上手に20歩移動。

移動すること3回目。

ぼちぼちええと思ってたエリア終わってまうがな。。。

下手におもっくそ投げ、すでに打ったポイント浚い直してると、バコッ!!とアタり。

年末と違って、よう引くわ~!!

最後はハンドランディングで御用。



ミッションクリア(今晩のおかずでけた)。

***

来た道で、するする~っと帰ろうかと思ったら。

第二阪和、岬ランプの合流で渋滞(合流+上り坂)。

おまけに交通量が増えたからか、阪南スカイタウンから先渋滞(旧26との接続起点?)。

大阪向きは素直には流れんね・・・。



晩飯。

久々のまともな魚や~♪
春の繁忙期を終え、一息ついた週末。

春だイワシ釣りに連れてけ!と強請る次女・長男(覚えてんのかよ・・・)。

例によって一週間ほど前から田の浦・雑賀崎に群れ入ってるようなので、さらっと行こうかと荷物をワシの車に積み込み。

準備できたぞ~と玄関を開けると

子「お母ちゃんも行くの~」
子「お母ちゃんも~」

はぁ!?

同行決定=車変更=サビキ用品のみ。

終わったOTL

***

16時過ぎに家を出て、餌屋経由で田の浦着17時過ぎ。

いつもの漁協近くの港内でイワシ鈴なり。

一食分でええで~というワシの声虚しく、釣りまくる方々。。。

日没までの一時間、ひたすら鈎外す係。。。

途中、港内中央でガボガボッとしてるのを恨めしく見たことよOTL

***

その後、買い物・食事を済ませ、帰りは全通なった第二阪和道。

これまでもぶらくり丁から孝子峠まで10分少々で出られて非常に便利だったが。

今度はぶらくり丁から阪南のバイパス入口まで20分少々ですと!?

便利になったもんやなぁ・・・。

***

そして、すべての家事を済ませ、それから始まる罰ゲーム。。。

5cmから12cmの半端なカタクチ、8Lクーラー1/3OTL



今回は梅干と生姜少しの甘辛で、圧力鍋で20分炊いて、骨まで食えるようにしたった!

ただ・・・熱が完全に冷めんと箸でつまんだだけで身が崩壊するので、待ち時間もプラスオン。

2時間半掛かった。。。

血事してるほうが、マシじゃ~~~!!
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 8
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[11/27 KAT]
[11/27 KAT]
[11/27 ガッシー]
[11/25 ハオコゼ]
[11/20 KAT]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAT
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1976/02/09
趣味:
釣り・工作・料理
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]