忍者ブログ
アルミは軽くて強い。加工しようとするとやたら粘っこいクセに熱に弱かったり、となんとなく親近感を覚える素材なのであります。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
泉南の海は奇奇怪怪。

浅いから当てにならないブイ。

時にはブイもなく小さな発砲のかけらだけで沈んでるカゴ・タコツボ。

定期的に吹き寄せる切れ藻の山。

最近では水質が10年前より目で見てわかるレベルに良くなってきているのでアマモ場も。

そして、なかなか枯れないホンダワラ。

そんな障害物の間の砂地を縫ってキスを拾わねばならぬ。

その釣りを、私はこう呼ぶ。

「障害物キス釣り」と。

***

普通のL天秤ではなんぼあっても足りないので。

師匠が使ってたラムダ天秤を参考に、自作の徒。

ちょっと重めの号数が欲しくなったので、追加制作。

材料は。



・1mmステンバネ線
・ヤマシタのステンクリップS(穴径が1mm)
・海藻天秤の好きな号数(誘導・固定問わず。使用済はちょっと難儀するかも)
・ラジオペンチとペンチ・天秤を曲げる軸にする+ドライバー(太さで選ぶ)
・-ドライバー
・あると便利なパイプカッター




パイプカッターの刃を海藻天秤のキャップ継ぎ目に入れて、隙間を浮かす。
カッターとかでもいけるけど刃折れに注意。





出来た隙間に-ドライバー刺して、外す。





折り曲げた天秤の軸が鉛に刺さっているので、天秤の頭をペンチ等で叩いて、抜く。
すでに使用済みの天秤の場合は、腕を伸ばし、気長に叩くこと。

抜けたら、折り曲げてある軸を伸ばして、鉛から抜き取る。





分解完了。






バネ線のアイ部分の作成。
手で、+ドライバーの軸とかに一周巻き付け、浮いたところはペンチで修正していく。
丸い型をつけるだけなので、厳密にまでやる必要はない。






丸く型をつけた部分をUの字程度まで開き、アイになる部分を見込んで、Ω型にラジオペンチで曲げる。






バネ線の弾力を利用し、両端をステンクリップの穴に通す。






ステンクリップに通し終えたら、ペンチのギザ部分などを使い、アイの方にステンクリップを寄せて、絞り込む。
アイが自然に絞られ、円形にまとまる。

形がゆがんだりしたら、ペンチで修正。力技。

最後にペンチでステンクリップを軽くかしめる。






腕側を開き、ラムダ型に整形。

寸法はいつも適当、腕長めが好み。






腕側の天秤の先に仕掛けを掛けるアイを作る。

ここは丸くする必要を感じないので、ラジオペンチの先で先端をくるっと曲げてD環に。






ここでふっと思いついて。

ウキ用の硬質発泡材(分量外w)を出してきて、キャップ側を軽くデザインナイフで削り込み、キャップを少しずつ捻じ込んでは干渉する部分を削って、現物合わせ。
鉛との接続部分はリューターでがーっと掘っては、錘捻じ込み、現物合わせ。

長さも適当。

発泡材の浮力分、引き軽くなればええ、程度の考え。






天秤の軸に錘を通し、軸を二つ折りに。

二つ折りにした部分を更に折り返し、錘に叩き込んで固定するので、バネ線の寸法配置と位置決めは慎重に。






四つ折りにする部分は抜けを警戒し、鉛の穴より大きな三角型に曲げる。






最後にペンチやハンマーで鉛に固定部分を打ち込み、完成。

作業時間は一時間ほど。


発砲ラムダ天秤になってしもたけど、こんな感じの天秤で投げてます。


今回は27号・30号で作ってみました。


※道具の改造は自己責任でお願いします。当方、責任は持てませんのでw
PR
例年2月の海は低水温で。

泳ぐ魚よう釣らんもんやから、アサリ掘りなどに精出すのだが。

潮位がええ塩梅になってきたな~と海の様子身に行ったら。



うそ~んOTL

例年3月入って、貝毒出始めて、4月上旬に解除ってのが例年のパターンで。

2月中旬から貝毒警報出たのはここ15年で初めてではないか?

今年は低水温が続き、今でも谷川で8度台。。。

春はそこまで来てるのになぁ・・・。
まいろ。

春めいてきたような気がして夜釣りに行ったはいいが、海の中はまだまだ真冬でぐはぁと血を吐いた加藤屋です、こんばんわ。

ここんとこポンコチ巡りでも大物は不漁が続き。

昨年春あたりからポンコチ市場も過熱というか、同程度の品物でも値段が1.3倍推移やし。

オクは高値相場に嫌気が差したのか、過疎気味。。。

でもまぁ、店頭では少ない小遣いでも、時々、抜ける品物があり。



鈎とサルカンの補充。

鮎用品ええのないぞ~。



NAとPE。

DMV道糸、根ズレに強く、値段も安く、(ウキ止め糸の素材選択さえ誤らなければ)使い勝手良し!

スリムPEは手持ちあったら、何にでも使えるし、もう少し買いたかったなぁ・・・。

サーフビートは新品だが、溜まったポイント消費で一巻千円見当。

PEも8本組が主流になって、4本組がお手頃になってきたなぁ。



渓流やら鮎で地味に高いのが天井糸。

電気ウキもこの価格だと気軽に使えますw

***

あとは初めて、某中古釣具屋のオークションを利用してみた。

これまでも通販はなんどか利用したことがあったが。

オークションの方は、ぽちっと落札、30分ほど落ちたんだか落ちなかったんだかわからん時間があったが、落札メールが届いてからはシステム的に配送・支払も指定でき、10分程で手続き完了。

コンビニ決済ができるとこがええね。



買うたのは飛竜08-53V。

いまは絶滅種となった6本継の短仕舞のチヌ竿。

B-ランク、穂先4cm詰・トップ・2番ハードガイド改造、で送料込み野口4人弱。

穂先に貼ってある、例のシールが2番の中で開いてうんともすんとも言わんのには困ったが。

トップ外して尻から抜いて事なきを得た。

(知ってるからビビらんけど、普通の人なら返品対象になるんでないの?)

掃除したら綺麗になりそうな竿やな~と落札したが、洗ってみたら、予想通りでええ按配。

同時期のHSプロ磯1-53MS-Vは半額セールで買えたが、飛竜は手持ちが足りず断念、のワシ的曰く付きの竿w

最近は夜釣りでも、抜いてドサッというようなメバルも減ったし、竿柔らかくした方がええのかな~と思ってたとこなので。

勝にULガイドの在庫あるし、元竿と元上に1節マルチ機能を追加したろうと画策中。

***

前々からHSプロ磯1-53MS-VのVってなんだ?って思ってたけど。
(ちなみにMは45-53のマルチ、Sはソリッド穂先)

ネット上で「Vジョイントでは?」との記載があったが、年代的に高級機種にしか使われてなかったように記憶してるし、バラした際にはそんなバイアス構造はなかったような。

カタログも手元には08年からしかなく、なんの事だろうなーと思ってましたが。

飛竜のパッケージに、その答えが書いてありました。

それは・・・




バージョンアップのV、ですかOTL

そうですか・・・。


やっぱ釣具はぽんこちぽんこち~♪


金曜の夜、釣具屋巡りしてたら、もうカタログが。

今年は早い。



言いたい事も色々あるけど、毒をさらっと書くのって難しい。。。
先週水曜の深夜に鳴る携帯。

この冬、全身転移の末期がんが発覚した母方の祖父がとうとう息を引きとったとの連絡。

木曜の仕事和了の足で、夜光バスに乗り込み、福島行き。

葬儀を済ませ、少しばかりの時間ではあるが、福島市内徘徊。

あー、ここも連れてもらってきたっけなー。

あー、ここでクワガタ取ったっけなー。

あー、ここらでワラビ取ったっけなー。

あー、ここで魚釣ったっけなー。

思い出だらけで地雷踏みまくり。

・・・ぼちぼち、鮎釣りも始めねば。。。



最近、熊出没が頻発しているようで、ワシが子供の頃クワガタ取りしてた田んぼの中の小山でも2・3日前に目撃があり、新聞沙汰になった模様。

一巡りして、温泉でも浸かるべ~と向かった土湯界隈にも熊目撃の看板。。。

どんだけ増えとんねんOTL

夕方の夜光バスに飛び乗り、大阪着の土曜はそのまま出勤、夜まで。

おかげで、日曜は使い物にならんかった・・・年だねぇOTL

***

ついでにパイプシート改のグリップ回り。



元竿22mm径にDPS22mmハメるのも・・・入らなかったらヤだなぁ、と。

灰色の熱収縮チューブ巻いて、24mmシートを装着。

それでもギリギリやったんで、Dスレッドで熱収縮チューブギリギリと締上げ、接着。

このままでも使用に耐えるけど、見た目がなぁ・・・と悪い癖が騒ぎ出し。

うちにあった3mmのコルクシートを巻きつけ、フォアグリップ風に成形。

デコボコ誤魔化すために、コルクの上に再度黒の熱収縮チューブを掛けて。

最後に段差や熱収縮チューブの口をスレッド&エポキシで封じてオシマイ。。。

これまでよりさらに3cm下げて、完全手投げ使用になりました。

・・・太くて黒くて、ソーセージみたい、だよなぁOTL
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 4 5 6 7
8 9 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/18 KAT]
[09/18 ハオコゼ]
[09/17 Georgecaf]
[08/30 KAT]
[08/30 KAT]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAT
年齢:
43
性別:
男性
誕生日:
1976/02/09
趣味:
釣り・工作・料理
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]