忍者ブログ
アルミは軽くて強い。加工しようとするとやたら粘っこいクセに熱に弱かったり、となんとなく親近感を覚える素材なのであります。
[81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71

普段、釣り雑誌の類は読まないのだが。

古本屋にルアー誌の当月から遡って12か月分置いてあったので購入。
オマケのDVDとかがなかったこともあり、定価2冊分で十分お釣りがきた。

ルアーもぼちぼち再開したいな~と企んでるのだが。

主な目的は。


「餌と共通ターゲットの、ルアーでの理屈」を学習すること。


メバル・アジを中心として、スズキ・チヌ・青物について、餌で狙う場合のパターンとルアーで狙う場合の差異を想定しながら読み進めている。
そのためにも、12ヶ月分続きで必要なのだが、なかなか店頭にないのよね・・・

特に餌では難関となる、春先のメバルにええ事書いてあった^^

ルアーの知識がうまいこと餌にフィードバックできれば・・・お得な買い物かもしれない。


あと、前から探してた、南紀の地磯のバイブルとも言うべき「遊々いらすとマップ」の紀伊半島版を入手。

定価より高かったが、それだけの情報は詰まっている。

こちらも航空地図と併せて読み進めているが・・・妄想が湧いてきて寝つきの悪い日もしばしば。

秋の夜長は読書日和。


***


前にあつしさんが言うてたエギの話。

入れ替え(2.5~3号から3~3.5号へ)が必要になったので撮影してみた。



本命エギはヤマシタのエギ王QLiveとヨーヅリのアオリーQ本家・派生型半々。
特売で40%off以上でないと買わん連中。
それでもロストは精神的に大打撃必至なので、勝手知った釣り場もしくはココ一番で投入。

好きなカラーは赤ラインケース左側下半分と右側上から二個目の金色アオリーQ。
こいつらはイカに噛まれてボロボロだがまだまだ交代できない。

このところデフレエギ部隊がタコに全滅の憂き目に遭わされているので。
デフレエギの新顔、ダイソーエギスパートvar.Ⅳ2本とイカエギネクスト2本を導入。
(赤ラインケース、右側下からよっつ)

デフレエギは布・錘・アイ・カンナの接着が弱いもしくはハメてあるだけなので、各部を瞬着補強。
好みでカンナ下半分をペンチで曲げて半傘にしてある。

デフレエギは単価が安いので、初めての場所や岩盤・超浅場・ゴロタへ送る特攻兵。
何、死んでも代わりはいるさ・・・

下の2.5号は新子いぢめ・ボウズ逃れ用で、来年秋まで出番がないはず。


エギに関してはあんまりこだわりはないけど、食気の高いイカが居るゴロタや岩場ではデフレ兵、表層から底まで探る時はメーカーエギで使い分けてるくらいです。

それと、この夏、愛用のエギンガーZ(竿の名前)がガイド抜けで戦線離脱したので、半額処分のローライダー版セフィアBB・Mクラスを導入してます。釣種専用モデルだけあって、シャクリ易さと感度は劇的に向上しましたw

参考になるかどうかは?ですが。


今日はこの辺で。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
僕も昔友達から格安で譲ってもらったシマノGAME Eとかいう竿と、エギも20個くらいもっているんですが、実はイカは(も)一匹も釣ったことありません。(爆)これが私の真骨頂。

最近は七里一辺倒なんで、エギんぐは出来ませんが、そのうちマダイ狙いでも行けたら、二刀流でやりたいですね。

ハオコゼ 2011/11/09(Wed)19:04:54 編集
無題
めっちゃ参考になりますわ~ 感謝感謝。

定番といわれるピンクが少ないことに驚いたのと、KATさん好みだというカラー。こういうのは一個も持ってませんでした。なんか玄人の選択って感じでシブいっす。次回のエギ選びに参考にさせてもらいますね。ちなみに私の竿もセフィアBBです。

「遊々いらすとマップ」というのは知らなかったんだけど、ググってみたらかなり良さそう。で、オークション覗いてみたら4冊セット(南紀・若狭・大阪湾南・西)で開始価格2000円のまま今日終了というのを見つけてさっそく入札。

終了10分前までは誰も入札せずそのまま終了・・・・と甘くはいかず、最後5分で値は上がったものの、意地になり落札しちゃいました。このテの本は何冊か持ってはいるけど、ほんま読み出すと妄想膨らんで時間を忘れますよね。以前なおさんがウチに遊びに来たときにこのテの本をふたりで「あーだこーだ」いいながら読みふけってたら何時間も経ってて外が真っ暗になっててびっくりしたことがありましたわ(笑)
あつし 2011/11/09(Wed)23:03:35 編集
Re:
>尊師
ええもん持ってますやん~。使わんと損でっせ。
七里でもイカ居ると思いますぜ。
夜明け前の撤収前に投げて、底まで沈めて3シャクリ、糸フケだけ巻き取り、底まで落として、1シャクリ。あとは竿頭上に上げて底感じながらズル引きしてみてください。イカ居れば3投以内に「ぐにょっ」とした感触が訪れるはずです。
尻手さえ適正に張ってれば、夜間暇な時でもおすすめです。特に月夜。
あと、5号くらいの錘と天秤組み合わせてもPE使えば50m以上は飛びますんで、ちょい投げ竿としても優秀です。

>あつしはん
ワシのエギングはこんなもんです。
ルアーで状況分からん時はとりあえずナチュラルに攻めるのが癖なもんで。
なんちゃらジャークとか手が疲れるテクニック?よりもエビがイカに驚いて跳ね上がる・・・着底してズリズリ逃げるのんをイメージしてます。このくらいだと磯竿でもできますし。
昼間は結構しゃくりますねんけど、夜はこんなんで結構釣れてくれますよって。

>4冊セット
なぬー。ええのんありましたなぁOTL
何分古いんで、工事入った箇所や新しく出来た道や埋立地は乗ってませんが・・・この冬は楽しめますよ。
KAT 2011/11/09(Wed)23:30:31 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 4 6 7
8 9 10 11 12 13 14
16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/16 KAT]
[10/16 ジン太]
[10/03 KAT]
[10/03 ツインパワーZ]
[09/26 KAT]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAT
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1976/02/09
趣味:
釣り・工作・料理
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]