忍者ブログ
アルミは軽くて強い。加工しようとするとやたら粘っこいクセに熱に弱かったり、となんとなく親近感を覚える素材なのであります。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
毎度。加藤屋です。

お血事のヤマを越し、今度は家庭のヤマ場を迎え。

怒涛の日々を過ごしてます。

あと二・三ヶ月は続きそうな感じですが。

お友達の釣果を指咥えて見つつ。

行ける様になるまでは、こそっとポンコツ屋覗きを糧にがんばりたいと思います。。。


前月のUPから一ヶ月にあったこと。


2回ほどメバルやりに行きましたが・・・小物数匹の貧果OTL

ポンコツ絡みでは。

こないだ、ようやく、前から探してたコレを見つけました(下)。
小継フェチにはたまらない一品。


一昨年前からこつこつ買ってたポンコツor激安ルアーもそれなりの数になってきたので。
新品のフックとスプリットリング買ってきて装着してみました。


それに伴い、コレを押し入れから発掘&再整備しました。
久々に回そうとしたら、フリクションリングが溶けてて、ローター固着してて焦りましたが、02NAVI用に買ってた予備があったんで無事復帰。

いままでも決め撃ち3時間勝負の釣りが多かったですが、今年は更にその傾向は強まりそうです。

そういえば、桜も咲きましたね。

4月に入って、キンコロも開幕。


今年も御安全に、でベストの整備。
フィッシュグリップとオサレな魚ハサミ(もちろん中古)を付けてみました。
もちろん、黒アナゴ&ウッチー対抗用なんですが(汗

ハサミとナイフの位置で悩み中・・・。


平和な夜はでっかい夢を見ながら鈎結んでます。。。

隙あらば、出撃する機会を伺いつつ・・・

皆さん、よい釣りを。
PR
またまた雑記ですOTL



フィッシングショーにもいけず。キンコロ新年会にも行けない我輩は仕事帰りに釣具屋寄ってダイワのカタログを買ってきた。

今回はカタログ「購入」。

カタログの配布方法にも色々あるんだろうけど。

○○円買ったら一冊プレゼントもいいが、買う物無い時困るのも事実。

300円以下なら値段つけてくれるほうが割り切って買えるからええか~、とちょっと思った。

少し昔はタダやってんけどね・・・(汗

***

さて。今回のダイワのカタログ。

ちょっと興奮しました。


何が・・・て。


大島磯の4号50HRと5号50HRて何よ!?

実売25Kほどの竿で4号と5号出すか!?

取り扱いにやたら気を使うSVFじゃなく、無駄に頑丈なHVFカーボンのこの号数を待っていた!

53のフルサイズでない所も際狙いで使いやすくていい。

5号で12号ハリスまで対応なのが頼もしいじゃねェか。

アラを探せば、チューブラ穂先&IMガイド仕様なのはナイロン太番手では無用の長物になりかねん。

ウキ扱いやすいソリッドにして欲しかったな。ズボにも使いやすくなるし。


わからんのが、ダイワさんはこれに何のリールを組み合わせるつもりなのか?

ダイワのLBは4000番(しかも上位クラス一機種)までしかラインナップないし・・・3000番までにPE巻いて使えって事?普及機で対応できそうなリールがないんだよな。

ラインナップの組み合わせに疑問は残るが。


なんにせよ、コロダイのフカセ用にいいエントリーモデルが増えたのは確か。

出せるんなら、もう4・5年早く、クレッサにモデル追加して欲しかったよ・・・

これは僻み、だなw

***

あと、地味に大島磯1.25-50Fが追加されたのも、私にとっては朗報。

カタログにはメバル層向けとして1-3.8・4.5が紹介されているが、遠投ウキ使いには5m以上が望ましい。

これまで、53ではちょい長い、45ではちょっと短い、と感じる事が多々あったので。

インプレッサ磯1号45・53マルチと合せて、店頭で要チェック、だな。


***


リールは・・・小番手はシマノ派なんでノーコメント。

大番手ではタイドサーフQDがカタログ落ち。

すでに10年選手近いプロカーゴ遠投とパワーサーフQDがカタログ残留。

これで大物/カゴ用はトーナメントISO・プロカーゴ・ウィンドサーフ・クロスキャストの四択になった。

ダイワさん・・・来年以降、どうする気?


***


あと。

トライアン鮎、いつのまに黒くなったの?

渓流竿のデザイン、もう少しなんとかならんか?せめて、漢字の竿は漢字で表記してよ・・・
台無しやん・・・


***

相変わらず、文句ばかり垂れ流してますが。

160円にしては楽しめた。

文庫本の半値以下で一時間楽しめたのは素晴らしい。

例によって、オチのないまま終わるm(_ _)m
今回も雑記ですm(_ _)m

月曜日。仕事終了場所を泉南に設定し、定時終了→W市内ポンコツショップ巡りの旅に出てきましたが・・・

獲物ゼロOTL


唯一、○西にシマノのカタログが入荷してたので、ヘビーシンキングミノー1個買ってもらってきた。



コレ。

ぱらぱら~っと捲ってみて。

新製品少なっ!?

そらカタログ出るの早いわけだよ・・・シマノさん・・・。

以下、気になったのをこちょこちょと・・・


バンキッシュ:そんな軽いリール何につけんの?総合メーカーならば、竿とのバランスを考えていただきたい。

AR-C Type-VR:泉南太刀竿AR-Cが投竿ちっくになって新登場・・・GAME版ないの?(TOT)

コルトスナイパーBB:ブランクス次第・・・だが実売14Kで同じガイド使った廉価版てどうよ?

磯竿:横文字の名前ばかりがどんどこ増えてw今年も庄内XTとホリデータモは残留w

投竿:動かざること山の如し。ついにプロサPFにチタノスパワーエアロ付かん旨説明がついたw

鮎竿:香鱗だんだん高くなっていくなぁ(TOT)

小物類:ぱっとせず

クーラー:フリーガ様「おまちなさい、ドドリアさん」



・・・なんしか、ワクワク感が感じられないカタログでした。

一言で言うなら「迷走中」あるいは「準備中」ですね。

来年度に期待。
昨日のハオコゼ尊師からのコメント。

>車にちょい投げ万能タックル1セットを積み込んでおくのはいいですね。

なんですが・・・釣りに集中的にいきそうな時は・・・

・磯竿1号ズーム4.5-5.4m1本
・ルアーロッド1本
・小継タモ4m1本
・2500番リール1コ(スプール3個、ナイロン2・PE0.8・ナイロン0.8号)

上記が標準だったりします。

メバル釣りたくなったら餌買ってGO!
カマス釣れてるならミノー曳こうか?
イカならエギじゃ~!

と・・・実に節操がなかったりします(-_-;

リールのメンテや高温注意・防犯面もあるので常備ではないですが・・・


実にカテゴリも小道具も全然違う組み合わせなんですが・・・

これらを支える最重要アイテムがコレ。



ソフトクーラーバッグ

クーラーバッグと言えば、ホームセンターとかで売ってる食品の保冷とかに良く使われる簡易クーラー
なんですが。

数あるクーラーバッグの中でも、上州屋PBのGETTクーラーバッグ(ハードインナーのない、ソフトクーラーバッグ)が大好きなのであります。


こいつのすばらしい所は・・・



このでっかいサイドポケット

どれぐらい物が入るのかというと・・・



今入ってるのをぶちまけてみました。

ルアーワレットにハリス・ウキ各種・鈎・錘・ケミ・プライヤ・ハサミ・スプール2コetcetc・・・
これだけ物詰め込めるソフトクーラーは滅多にありませんwww

オマケにサイドにドリンクホルダーとプライヤケースも付いてます。


初代GETTクーラーバッグが潰れた際、D社やS社のクーラーバッグも試しましたが。
でかいポケットは付いているものの、マチがほとんどない、ただの飾り・・・。

また、大手メーカーの製品は横寸法を長めに取っている事が災いし、底面積が少なく、曲面テトラやゴロタでは据わりが悪い・・・

結局、上州屋を駆けずり回り、東北で今の奴を手に入れました。

2・3時間の釣行や近場の夜釣り、突発的な釣りに実に柔軟に対応してくれるアイテムなのです。
そして、使わないときは畳んでコンパクトに収納!

反面、保冷能力はソフトクーラーなんで低め。

私の場合は3時間程度の釣りが多いので、手の平大の保冷材1コか、コンビニで凍った500mlのペットボトルを買って氷代わりに使うことが多いです。

それでも、1・2時間でよいのであれば、サバの保冷も問題なくこなし。
尻尾はハミ出るけど、70オーバのスズキでも持ち帰りに問題?はありませんでしたw

過大な期待さえしなければ、十分使える性能です。

***

色々と装備を変えて多用しているこのクーラーバッグですが。

この間の紀ノ川投げの際、こいつに投げ用品一式入れて、ドリンクホルダーに錘立てて使ってみたのですが・・・これが案外使い勝手が良くて、もう一個欲しくなってしまいました。

最寄の和歌山店に行ってみましたが・・・

・欠品中
・注文してもモデルチェンジ時期で入ってこない
・下手すれば廃盤


らしい・・・

上州屋は通販してないので。ツテを頼り・・・前のを手に入れた東北某店にて2個捕捉!



先日届いて、三個体制になりました^^


うれしくていじりまわしてたら、更にある事に気が付きました。



隣はキス釣り用に買ってあったD社のGX-6です。



パイルダー・・・オン!!



狙ったようにぴったり入ってフタまで閉めれましたw

この冬、キス釣り用のクーラー自作するつもりでしたが、回答を発見してしまったようです。

替えスプールはサイドバッグ付けるか、リールのきんちゃく袋に入れて、持ち手にくくりつければええような気がします。あとは竿立て・・・だなw

他にも、GX-6は蓋にエアチューブ通す穴が付いてるので、エビ撒きするのに、行きはエビ入れて荷物ひとつ、帰りはふたつ、のような使い方もアリかもしれません。


途中からな~んか脱線したような気もしますが。

このクーラーバッグはなんしか、使えます。見つけた折には手にとって見て見て下さいm(_ _)m


メーカー:上州屋(GETT)
商品名:クーラーバッグⅡ
品番:GB-251
サイズ:14L
カラー:色々。ロットによっては唐草模様とかもあり。
価格:1,780円(特売時1,280円)


それではm(_ _)m

年末に反射買いしたウィンドキャスト4000QD。
昨年一年死蔵してもうたウィンドサーフ35とボディは一緒の兄弟機・・・。

QD化できればQDリール三台体制が取れる!

とスポーツライフプラネッツの分解図覗きながら実機のシャフト周り見比べる事しばし・・・

結論:イケる!
※ただし、トータル2000円分ほどの部品発注と互換QD機のスプールが必要。

年始早々発注したら・・・3日で届いた。グッジョブ!


以下、作業工程。

改造は自己責任でお願いしますm(_ _)m
メーカーサポート等受けられなくなる・作業失敗等、不具合起きても当方関知しません^^


発注した部品はウィンドキャスト4000QDのNo.1・9・10・11・12・13・14・16・17・48。
(この内、16・17はウィンドサーフから流用可。ラインガードはウィンドサーフ35を使用。)


ウィンドサーフのスプールとハンドルを外し、シャフト周りをラインガードまで外したら、ボディ後端のネジを一本外し、ボディキャップを取るとオシュレート周りが露出する。
軽量化・ローコスト化のためにこんな構造なんだろうけど、ここはもう少し防塵・防水しやんとあかんのちがう?ダイワさん・・・


オシュレーティングスライダーにネジ込まれているネジ2本外してシャフトを抜くのだが。ネジロックたっぷりで簡単には回らない。
スライダーの後ろ側に隙間が2mm弱空いてるので、ここに2mm厚程度のスペーサーを噛ませると力が入れやすい。今回は2mmABS板を適当なサイズにカットして使用。
※くれぐれも頭ナメないように!
ネジ2本抜けたら、念のためクロスギアに噛んでるオシュレートピンを抜き、シャフトを前方に少しずつ引いて、ボディ/オシュレーティングスライダーから引き抜く。


上が今回導入する部品。下は除去するウィンドサーフ35のシャフト周り。
QDの13番は一見互換ありそうだが、空いてる穴径が違う罠。
16・17はEリング外すの面倒だったので、それぞれのシャフトに残すことにしました。

あとはウィンドキャスト4000QDの部品をグリス塗り塗り、逆工程で組み込むだけ・・・


ウィンドサーフQDの完成でーす!

もう一台買うよりかは安くついた・・・かな?
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/24 KAT]
[05/24 KAT]
[05/23 じゃこごうこ]
[05/23 ツインパワーZ]
[05/22 KAT]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAT
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1976/02/09
趣味:
釣り・工作・料理
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]