忍者ブログ
アルミは軽くて強い。加工しようとするとやたら粘っこいクセに熱に弱かったり、となんとなく親近感を覚える素材なのであります。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
まいろ。

昨夜は納竿出撃の予定が、仕事終了間際「これもお願いします」と出されたカゴ3杯分の伝票に粉砕されますた。

悲しかったとですOTL

くっそ~~~!!

***

で、前回の続き。



延べ竿のゴム栓を二番の竿尻にぴったりハマるよう、現物合わせで削り込み。



スペーサーに発砲ウキの切れ端を挟み込んで、ステン4mmタッピングビス40mmで尻栓と合体。



スペーサーは発砲錘用の16mmを流用。

今回はビスがええ長さなかったことと、できるだけ短くしたかったので、一旦、これで進めることに。

エア抜きの穴を横に空けて、尻栓のエア抜き穴と接続して、尻栓加工は終了。



尻栓を竿尻にセットすると、尻栓の分だけ2番が浮き上がる。

この長さがズームを伸ばす際に手を掛ける部分になり、スペーサー+ゴム栓の長さ分、仕舞が長くなる事に。

ズームの構造は2番の竿尻を尻栓と一体化したゴム栓で受け、2番の一部を元竿の玉口とほぼ同径に太らせ、二番がガタツキなく収まり、元竿と二番を一体化することで短仕舞でも使えるようにするのがキモ。
  
要はビニールテープぐるぐる巻きにしただけでも使えると言えば使えるけど、使用中グラついたら「ムキー」となるので、ガイド固定の方法を応用し、スレッド巻いてエポキシ吸わせて、元竿玉口にあう肉厚部を作る。

まずは上端をマスキングテープで巻いて、位置決め。



今回はブレ止めを2.5cm幅にすることにして、下端も大体決定。



並継投竿のガイド下巻用に買ってあったドラゴンのホログラムシートを2.5cm幅に切って貼り付け。

元竿とのクリアランスが1mm程度なので、Aスレッドを巻き巻き。

この状態で元竿と合体させてみると・・・元竿の受けはエポキシ多めに吸わせたらええ感じになるやろうけど・・・ズームを伸ばす部分が短すぎて、魚掛けてからだとなかなか苦戦しそう。。。

ほんで、各部寸法の見直しから、やり直しOTL



尻栓のスペーサーを65mmほどにして、ステンの75mmコーススレッドに変更。

これで大分使い勝手が良くなった。

もう一度、元竿側の受けの位置を決め直し、ホログラムシート張って、Aスレッドで巻き巻き。

エポキシは~とマタギのバリーコート出してみたら、暫く使わん間に卑猥な液体に化しており。

やむなく、ダイソーのエポキシ接着剤で代用。

規定量混和後、ドライヤーで温めて、粘度を下げてスレッドに乗せ、さらにドライヤーで炙ってスレッドに吸わせていくが・・・。

10分エポキシとはいえ、硬化の方が早くてボコボコOTL

仕方ないから、塗れてないとこ補充するよう、翌日二回目の塗りを施し、ボコボコなんは削って整えることに。



どうせ元竿と擦れるところだから・・・と時々元竿と摺り合わせしながら、金工ヤスリで大まかに整え、スレッド見えちゃった所は瞬着で誤魔化し。

気休めにサンドペーパー600番→1000番→1500番→コンパウンドで研磨。




こんな感じでしょうか。

近くでまじまじ見てはいかんよ、クオリティw

普通のエポキシなら一発で決めるのだが・・・粘度低いタイプとはいえ、エポ接着剤は癖があるね。。。




これが元竿に二番を入れた、縮んだ状態。77cmズームで、穂先折れも含めると大体4.5m。




そこから二番を掴んで引き出すと・・・フルサイズのチヌ竿に。




最後にガイドを下から接着していき、ズーム式チヌ竿の完成。




全体像はこんな感じ。

もともとの仕舞寸法100cmの6本継のチヌ竿が、ズーム付けたら110cmに伸びますた。

さー、明日は試運転じゃ!!
PR
まいろ。

クリスマスS業務に翻弄された一週間をなんとか過ごし(昨日まで延長業務あるとは予想外だったがw)。

晴れて自由の身のはずが・・・血事炎上中につきOTL

仕方がないので夜な夜な竿いぢり。



去年⁽だったか?⁾某オークションで手に入れたHS飛竜08-53V。

ぼちぼち登板時期なのでレストアに掛かる。

まずは穂先から。



穂先補修アリでトップと二番が取って付けたようなハードガイド。

伸ばしてみると。



5cmくらい折れてるかな~?これではねぇ・・・。

釣り勝に持ち込み、あーでもないこーでもないとULガイドとっかえひっかえして。
(その節はありがとさんですm(_ _)m)



そこそこの形に落ち着いた。



ついでに各固定ガイドをドライヤーで熱して、全バラしてクリーニング。

磯竿の固定ガイド止めてるエポキシも年数経つとまっ黄色にガビガビ。

使用中に外れてもかなんのでリフレッシュしとこうと。



あとは二番の尻に合う、延べ竿のゴム栓仕入れて、本命の調理が待っている~♪


つづく。
まいろー。

寒くなってきましたなぁ。

昨年はコクワガタ達⁽成虫10数匹・メスの幼虫1匹⁾を越冬させるのにいっぱいいっぱいだったオサーンですが。

今年はこれ、



この通りOTL


今年採集したのは

・ヒラタクワガタ
・ノコギリクワガタ
・ミヤマクワガタ
・アカアシクワガタ
・コクワガタ(昨年からの居残り+今年羽化した♀1含む)

でした。

オオクワガタも1ペア買いました。。。

お陰でまぁ~、餌替えに忙しい夏やったw



泉南の過酷な夏の暑さを凌ぐため導入した新兵器



ベルソス冷温庫25Lは大活躍でなんとか夏を乗り切り。

暑さに弱いミヤマクワガタも25℃以下キープで7月から10月初旬まできっちり飼育する事ができたのでした。

しかしながら、10月の初旬、庫内ファンが沈黙、ミヤマクワガタより先に冷温庫がお亡くなりになるとは予想外(爆

冬は恒温庫として使ってみようと思ってたのに、鳴り物入りの外国人助っ人がシーズン終盤に故障でベンチ、みたいな。

(死因はファン内に侵水し、内部ショート、ファン沈黙。庫内ファンが通風のためとはいえ、結露するペルチェ素子の真下に剥き出しで設置されているのはいただけない。日本で企画・生産は某国とはいえ、ちょっとおそまつ過ぎる・・・。ファンどっかから拾って来れば動きそうなので捨ててはおりません)

泉南辺は夏の暑さが過酷な割に冬の寒さは大したことがないので。

夏場は保冷設備、冬は気温に任すという飼育方針がええのかな、と今のところ思ってます。

***

11月に入るとカブトさん・ミヤマさん・ノコギリさん達がばたばたと逝き、アカアシさんも一頭召され。

現在

・ヒラタクワガタ♂2・♀1
・アカアシクワガタ♂1
・コクワガタ♂3・♀1
・オオクワガタ1ペア

が越冬中であります。

あ、そうそう。



この方だけはフセツ一つ取れただけで、めっちゃ元気ですw

寒さで動けへんかと思いきや、ケージ開けるとめっちゃ威嚇してきますw

***

今年は真面目に飼育に取り組んだおかげで




どん!




どどん!

と幼虫もそれなりに。

今年はコクワガタとノコギリクワガタとカブトムシの幼虫、それぞれ10匹前後飼育中。


夏の間、割り出したクワガタ幼虫は冷温庫に入れて管理していたものの。

10月以降、涼しいとはいえ、積算温度が嵩んだのか。



12月入ったら♀は一斉に蛹室みたいなの作りだしたんだが・・・どうなの、コレ?

昨年のコクワは2齢で冬越ししたからこんな事にはならんかってんけど。

なんとかがんばって冬越しして欲しいところ。。。



ちなみに。

この間、息子が。

「来年はヒメオオクワガタだね」

と、ぼそっとつぶやいてたOTL


来年につづく。
日曜だけの休み。

用事と幼児に追われて夕暮れ。

少しだけ太刀やってくるわーと家を出て。



17時からテンヤ結んで砲撃。

もう終わった~?と思いつつ、夕まづめのひと時を楽しんでると。

フォール中にコツンと引っかかる感触、即アワセ。

ガスン!

竿が動きまセーン。

暫く待ってると、ゴンゴンゴン・・・と動き始め。

締め込み交わして抜きあげるといいサイズ。

2投ほど後に同じ根ガカリ級をもう一度かけたが、掛け所悪かったのか足元でポロリ。

2回のアタリ以外はなにもなく、西の空は夜に変り。

18時納竿。



ごんぶと。
朝方の冷え込み厳しい最近。

尿意で目覚めた6時前。

外を見ると夜明け前・・・朝練行くか、とハマへ。

砲列に並び、ここんとこ使い始めたIP26投げ倒すも無しの礫。

ほな、ヘビーシンキングミノーはどう使うんや?と実験開始。

これも青物のタナで起動さすのん難しいピーキーさやのう・・・。

小潮の朝マヅメはベッタ凪・無風で数10人いて、上げてたのエソ数匹だけやったんちゃうか?

初めて使うルアー投げては試ししてると。

後からきたショアジギンガがやたらと上手い所作で次々とエッソを掛けていく。

ほうほう、こりゃええ、と吾輩もジグ結んで見取り稽古。

しかしながら、ジギングロッドがバッドから曲がってジグを跳ね上げるのに対し、吾輩のAR-Cは悲しいかな、ティップでしかジグを跳ね上げない。。。

だいぶんアレンジが必要のようであった・・・。

充実した朝錬であった・・・と8時頃切り上げようとしたら。

泉南の海に並継2本とタマン竿佇立させる某理不尽大王と遭遇。

近況やらバカ話して、9時過ぎ、帰宅。

(大王様、邪魔してごめんやで&カレー釣れた?)

***

午後に一雨あり、夕方から南風が吹き始まる。

この状況ではシーバスよな?とシーバス用のミノー数本持って、17時前、出撃。

シーバス狙いなぞ、紀の川放浪に明け暮れた時から20年振り。

10ftシーバスロッドにバイオマスター3000、ナイロン3号ビニミツイストで編んで、オルブライトノットで8号リーダーに接続してた時代は⁽物理的に・精神的に⁾シーバスがすごく遠かったなぁ・・・。

今でも10ft6インチにバイオマスターC5000(ボディは3000)なのは変わらんが、PE1号にリーダーフロロ5号でシーバスとの距離は詰めやすいハズ。

目星付けてた、テトラ帯の風裏になってるところを叩いていくと。

二か所目で、引いてたSSRのフローティングミノーがのしっと抑え込まれ。

反射的にアワセを入れる。

ゴンゴン、と頭を振る感触の後、テトラに向かって疾走。

ギリギリギリ~と鳴るドラグ。

そっち行くな~と止めに掛かると。

テトラの際でバシャ!!っとエラ洗い一発。

抜けるテンション、ワシ茫然。

餌だとドラグゆるゆるで対応するからなぁ・・・あいつらの必殺技、忘れてたなぁw

残りの場所叩くも、音沙汰なく。



18時過ぎ、納竿。

泉南の夜は静かに更けていくのであった。
<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAT
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1976/02/09
趣味:
釣り・工作・料理
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]