忍者ブログ
アルミは軽くて強い。加工しようとするとやたら粘っこいクセに熱に弱かったり、となんとなく親近感を覚える素材なのであります。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
クリスマスプレゼントの手配から梱包・袋詰めに明け暮れた一週間も終わりを告げ。

25日、早朝。

ガラガラガラー、バターン!!「うきゃああああああああ!!」

ふぅ、今年もサンタ業務無事終了。。。

全国のお父さん方、お疲れっすm(_ _)m

***

おもちゃに興じる子どもらを尻目に、「釣り行ってくるわー」と家を出て。

まずは中古釣具屋で今後使う予定のない物かつオクで値段付かんようなものを処分し。

クリスマスで寒くなった懐に少し温かみをプラス。

そして15時。



また来た、川。

前回は上手に上ったので、今日は下手。

扇状に投げて当たらなかったら30歩歩いて、また投げる。

おーここ、カケアガリきついし、少し水深あるからええやん!?とか底検討をつけながら。

100mばかり進んだ所で、竿先がのしっと引き込まれたのを巻きアワセ。

こないだより軽いわー、小さいわー、とぐりぐり巻いて。

寄ってきたのは30㎝ちょいのマゴチ。

鍋の具が一品増えたわい・・・と、ひょいと抜こうとしたら。

口からワームだけすぽんと抜けて。

茫然OTL

***

結局北島橋のたもとまで投げ下り、懐かしの、防災和歌山市。

17時、納竿。

○ボ。
PR
今日はええ天気だったので。

午前中から公園に遊びに行き、子供らをほどほどに疲れさせ。

昼は遅めに家でお好み焼き。

食べ終わり、片付け済まして、家族がまったりしている所に吐く、この一言。

「あと晩飯するから、釣りいってええかなぁ?」

***

すんなりOKが出て。

今日は手ぶらで阪和道へin。

和歌山北で降りると、そこは紀の川!!



市民スポーツ広場に車を停め。

降ろしてなかった太刀用AR-C10ftにポンコチ屋で買っておいたジグヘッドとワームくくり、スパイク履いて出勤。

14時半、開始。

川岸に立ち、扇形に投げては巻きを繰り返し、当たらなかったら移動を繰り返す。

暇な釣りだが、もうじき始まる川チヌフカセのために、使いやすい地形やら障害物を探すためでもあるので、ひたすらジグヘッドで底をへつる。

***

15時半。

もう飽いてきたど~と、底まで沈めたワームをずりずり引いてくると。

のしっと重くなり、竿がぐにょーんと曲がる。

ゴミ、引っ掛けたか?

リールは普通に巻けるので、そのまま寄せる。

枝か?ナイロン袋か?と思ってると。

竿先がガン!ガン!と入り、ラインが横走り。

食ぅとったんかい!!

カケアガリ際でいい抵抗をして浮いてきたのは。



食べごろサイズのマゴチ。

久しぶりに見たなw

***

本命は確保したので、気になってたポイントの底を何か所か擦り、正月以降の下見を終え。

16時過ぎ、納竿。



45cmほど。

早速、ぱぱっと開き。



ええオカズに化けた。
10日ほど前、タマモ氏がええアジ釣ってたので、まだ居らんか?と青虫もって様子見に。

18時半、現地着。

風が落ちた・・・と思って出てきたのだが。

目の前に広がる波濤・波濤・波濤と真正面から吹き付ける風。

夕方の風やからすぐ止むやろ・・・とリーダー結んだり、仕掛作り直したりしてると。

波は残るが、風はだいぶマシに。

今日は久々の砲撃戦装備(磯竿+PE+重量ウキ=ド遠投)。

昨年まで使用していたDUELのSMOOTHⅡが廃番になり、今年から4本編のPEに変えたが、これがまた投げ切れやら潮乗りが悪くて使うのが難儀・・・。

使わんことには慣れん!と修行のような出撃。

シチュエーションまで修行にならんでもええんやけど(波飛沫あびまくり)。。。

今日のウキはなくしてもいいように、廃品利用で



こんなの。

無理矢理ケミ50ネジこんだったw

***

風に向かって投げるが、飛距離は伸びず、波飛沫にPEは引っ張られ、ウキはどんどん寄ってくる。

うんうん唸りながらウキ投げてると。

・・・実は、投げるフォームがあかんのんちゃうか?

初心を思い起こすべく、垂らしほぼなし、海に向かって仁王立ちして、胴体半身。

竿を前方から後方に大きく回し・・・

仕掛けが伸びたところで間髪入れず、振り切る!

シュカッ!!

おー、これこれ、シュカッっと飛ばんとあかんのよね。

ウキは向かい風をものともせずスッ飛び、楽々ポイント沖へ着水。

これやこれや。

***

投擲を元に戻してからは、トラブルなくなる不思議。

ようやく沈むようになったウキには10cmあるなしの子メバルが付いて帰ってくる。

どうやら沖の底は小メバル運動場のようだ・・・。

しつこく子メバルリリースしてると、違う手ごたえで小アジ登場。

むむ、来たか!?と気合入れて投げ返すも、また小メバル地獄。。。

***

20時、月が出るまで、あと30分。

・・・タナ上げよ。

底切って、誘い誘いしてると、目論見どうり、ジワリジワリとウキが入り、小マシなメバル。

ぽんぽんと家族分だけ釣って、またタナを下げる。

アジ、ないんか?

波間に揺れるウキを見据えてると。

空がすいーっと明るくなり。

メバルの時間終了。

それでもアジはあるやろ?とウキを流し続けたが。

アタリのなさに耐え切れず、21時半、納竿。



家族分の塩焼き。
まずは2日。

水温も18度を切り、ぼちぼちメバルの交接時期。

まだ今年、まともなメバル食ってないぞ~と真夜中ド干潮目指して出発。

途中の気温表示計は5℃・・・寒くなったもんだ。

23時から翌2時までやって。



こんなもん。

赤は指先ほどの卵、黒は精巣パンパンの雄と大豆くらいの黄色い卵巣のメス。

・・・水温低下の速さに生殖器の成長がついてってない感じがするな。

もうしばらく、メバルやれるかも。

***

つぎは4日。

日曜の夜、家事済んでから「ポンコチ屋覗いてくるわ」と家出たが。

玄関を出てみれば、午後から降ってた雨は上がって、無風。

ちょうど満潮からの下げ始め、やな。

勝で青虫買って、そのまま釣り場へ。

21時から23時過ぎまで、満潮釣り場2か所回って。



メバルは伸びず、グレ2枚に終わる。

田舎からオカン襲来に合わせて23日から5連休を取ったものの。

家族サービスやら悪天候に阻まれ。



ようやく竿出せたのは25日の15時から。

17時には日が暮れるので、三本一気に組み上げ、ファイヤー!!

・・・したものの。

何事もなく、17時、納竿。



轟沈!!





おまけに残り餌もって、夜中の干潮にメバルでも居らんかと徘徊してみたが。

北の風に煽られた波で、竿出すことさえなく、沈没。

まー連休なんてこんなもんだOTL
<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 20 21 22 23 24
27 29 30
フリーエリア
最新コメント
[06/29 じゃこごうこ]
[06/28 ツインパワーZ]
[06/20 KAT]
[06/20 ツインパワーZ]
[06/20 KAT]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAT
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1976/02/09
趣味:
釣り・工作・料理
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]