忍者ブログ
アルミは軽くて強い。加工しようとするとやたら粘っこいクセに熱に弱かったり、となんとなく親近感を覚える素材なのであります。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
例によって3時起床で人間の餌とアミエビ1ブロックと氷を仕入れて出発。

4時、ポイント着。

アミエビ解凍して、まずはサビキで小アジ釣り。

ぼつぼつ集まり、半日分、30尾弱確保、アジの部終了。

時間は5時過ぎ・・・満潮でちょうど潮止まり。

今年は太刀の当たり年やでなぁ・・・とAR-C1006改にテンヤぶら下げて、太刀の部開始。

一投・・・二投・・・タナ下げて、三投・・・四投・・・

あかん、反応ないわ、と早々に太刀の部終了。

のませ用の竿の準備。

前回のすっぽ抜けに懲りたので、手持ち竿は外掛け本結びの端糸に更に鈎結んだ段差鈎に、
置き竿は同じく外掛け本結びの端糸にスバル(イカ掛鈎)つけた仕様に変更。

山の端が薄明るくなる頃、ウキも見えないが、置き竿にアジ付けて足元を泳がす。

じじーっ・・・じじーっ・・・

5分もせん間にクリッカが鳴く。

ライトをつけて、走っている方向を確認し、逆方向になるよう、アワセを入れると・・・

ズン!と乗って。



一丁あがり。

再度、アジ付けて投入すると・・・また、じじーっで、2ハイ確保。

ウキが見える頃には潮が走り出し、アオリのアタリも遠のき、いよいよ本命のお時間。

周りの状況を勘案すると、外に2本出すより、内と外に分けたほうがよさげな感じだったので、置き竿を裏に移動。

さーて、打ち返すか・・・とアジ掬ってると。

「兄ちゃん、竿えらい事になってんで」

なぬ、とふりむくと。

クーラーごと竿の向きが変わり、穂先は海に向かって一直線。

うわーっと竿に飛びつき、クラッチ繋いでアワセ入れるが、ガスッとハンドルが止まる。

穂先を凝視すると、第二ガイドで道糸巻いてるやん・・・こらクリッカ鳴らんわw

ままよ、とゴリ巻きすると上手い事外れて、やり取り開始・・・焦ったがな。。。



無事、本命確保。

ツバス兄でよかった・・・メジロやったら、また竿沈めてるとこやった(汗

***



その後、裏でクリッカが一回吠え、エソ。

7時過ぎと8時前に外の手持ち竿でウキぷっしゅんを楽しみ、2本追加。

その後は潮がトロトロと右に行ったり左に行ったりで、一向に本命の潮っぽくならず。

9時半、納竿。



45前後3本とイカふたつ。
PR
土曜のつもりが日曜にずれ込んだ青物飲ませ。

例によって3時起床で人間の餌とアミエビワンブロックと氷仕入れて4時過ぎ、釣り場着。

夜明け前までサビキして、本日使う弾を30発超、用意。

そして夜明け。

ルアーマンに遅れることしばし。



ウキの識別が出来るようになった頃に、飲ませ開始。

開始早々、右の竿のクリッカがジッ・・・ジッ・・・ジッ・・・・

イカですな。

スバルも付けてないんで、ぞんざいに巻き上げるが、イカ付いたまま寄ってきよる・・・

ようやく水面に浮いてアジを放したが、未練げに水面直下から水面上にぶらぶらしてるアジを見ていやる・・・

なんとなく情け心?が出て、竿先を下げてアジを入れてやると、すかさず抱きついてムシャムシャ。

ワシはするするとタモを伸ばし、ムシャムシャしてる奴をそ~っとタモの上まで誘導し。



オカズでけたw

***

6時前、沖に投げたウキがスポンと吸い込まれ、道糸がす~っと走る。

ラインを送り、送り、送り。

もうええやろって所で、盛大な巻きアワセ。

2号竿ぐにょ~ん!!

お~乗った!!

右に左に走り回るのを楽しみ、余裕を持って、タモin。



本命確保。

これで気が楽になったわ~と。

のんびり次を打ち込んだら。

これまたスポンとウキが吸い込まれ・・・送って・・・・送って・・・うりゃっとアワセ入れるも見事にすっぽ抜け。

なんてよ~。。。

魚小さいんか~と新しいアジ付けて投入。

またスポン!

うぬぬ・・・と送って・・・送って・・・送って・・・送って・・・竿を立てるが。

竿に重みが乗ったものの、穂先が戻り。

スカ2発OTL

モーニングサービスはこれで終了。

***

追加のツバス目指して、ひたすら打ち返しを続けるが。

潮は右行って左行って、とろとろとろとろ・・・・と流れるばかりで。

青物の通りそうな流れが起きず。

時折、イカにアジ食われながら。

なにごともなく。

12時前、納竿。



今日は朝一だけやったなぁ・・・。



晩飯。

二年ぶりの、イワシ食って丸々太ったツバス旨し!!

土曜の朝から青物じゃ~だけで一週間を乗り切り。

金曜の晩、無常に響く「明日午前子守頼む」の声OTL

けったくそ悪いので、闇夜の釣りに。

前回は餌取りに翻弄された夜グレ。

一ヶ月経った現在も25℃オーバーのままOTL

勝で青400円仕入れて、0時半、ポイントへ。

ちょうど先行者が上がるところで・・・例によってタマモ社長ですやんか・・・。

ひしきり状況やら太刀の話して、入れ違いで開始。

タマモ氏浚った後ではグレないかも~とウキ流すが。

最初の2投はグレ掛かったものの・・・。

あとはひたすら小ガシラ中ガシラ豆ガシラ・・・たまにマイクロメバルに小鯵。

根性でなんとか小マシなグレを一枚探り出し。

青虫は全て魚に食わせて使い切り。

2時半、納竿。



鈎飲まれでやむなくキープした魚たち・・・



型は期待に届かなかったが、作ろうと思ってたメニューにはなんとか足りた。

海はもう一回くらい掻き回されんと水温落ちんなぁ・・・
まずは24日。

昼から息子の虫取りにT井漁港横の通称カメ公園に行ったら、漁港の方がえらい賑わい。

なんや~と行ってみたら、サビキの老若男女がスタンバイ中。

話を聞いてみると、昨日から中羽が大量に入ったらしく、皆、回遊待ち。

そうこうしてる間に食いだしたのか、辺りは一面中羽乱舞。

K「なぁ、イワシ釣ろうか」

息「おとうちゃん、虫取り来たんでしょ?」

K「・・・・はい」

虫取り一時間半、息子はトノサマバッタ捕まえてご満悦。

再度、切り出すと、ようやくOKが出て。



捌くの面倒でないほどだけ、中羽確保。

で、夕暮れは18時過ぎから太刀タイム。



二打数ニ安打だったが、締める時噛まれそうになって一尾海に放ってしもたOTL

左の潮はほんまアタリ少ない。。。

***

翌25日も一日子守で、夕方の太刀魚タイムだけがワシの癒し。

秋は釣りモノ多いが、予定も多いOTL



例によって左の潮でアタリ少なく、三打数ニ安打。

目一杯投げた先で掛けてるので、他の人はお察し状態・・・。

なんか型まで小さくなってきて。

来週の大潮周りに期待m(_ _)m
まずは21日。

出先直帰で外回りに出たものの、都合でえらい早和了になってまい。

18時前帰宅。

そのまま冷蔵庫に向かい、保冷材とキビナゴ持って、ハマへ。

出掛けに子供らと銭湯行く約束してもうたので、尻のない1時間勝負。。。

18時15分、投擲開始。

台風一過で海は水潮・濁り潮・・・それでも太刀はいる!!

海中も枝やら海草の切れ端やら沢山漂ってるのか、テンヤに当る感触がうざいくらいだが。

フォールしたテンヤにガツン!

水面直下流したケミが横に走り。

底を叩いてたテンヤの重みが消失し。

中層ただ巻き中に竿先が戻り。

19時15分、納竿。



4打数4安打。

パーフェクトと言いたいところだが、紛らわしい感触は全てアワせた結果なのですOTL

***

9/22 朝の部。

珍しく4時半なんて中途半端な時間に目を覚ましてしまい。

二度寝しようと目を閉じたが。

ハマの朝錬にはいい時間かもしれん・・・と思いついたが運の尽き。

5時前、キビナゴ持って、再出撃。

ワインダーさんが並ぶ中、一人高場に陣取り、投擲。

暗い時間はええけど、夜が明けてきたら一気に明るくなるからな~。

夕方みたいに一気に食い立ったりするんやろうか・・・とドキドキしながら投げてると。

単発ながら、表層と中層で二尾拾い。



いよいよ夜明け。

気付けば右も左もワインダーの列。

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・何も起こらんがな。

テンヤには何も当らず、ワインダーさんも一尾上げた人がいただけ。

そして、何事もなく、まばゆい、朝。

6時前、納竿。



朝はしんどいだけで、テンヤには向かん気ィする。

***

9/22、夕方の部。

昼間は用事と子守と晩飯の支度を済ませ。

18時、再々出撃。

雨がパラついてるからか、祝日にしては閑散としたハマで投擲開始。

コンディションは変わらず、水&濁り潮。

中層を広く探ってたが。

足元の水面をイワシらしき小魚が泳いでいくのを見て、戦術変更。

大遠投の後、即ラインを止めて、表層をスローに流して、サソイ。

すぃ~っと穂先が戻り、同時に大アワセ。

竿、半月。

コロのグギョギョギョ・・・もいいが、太刀の岩でも釣ったような初動・・・タマラン!!

締め込みを楽しみ、抜き上げ。



ええ太さ!

気を良くして、同じとこに投げたが。

ガツン!グゴゴゴ・・・フッ

バレたがなOTL

キビナゴ変えて、同じところ同じアクションで。

ガツン!スルスルスル~!バシャバシャ(ジャンプ一発!)フッ

なんてよ~OTL

三度同じパターンで、ガツン。

今度こそ!と慎重に寄せて、抜き上げ前のスネークダンスッ・・・ぽろっ

OTL

まさかの三回連続バラシでメンタルズタボロ。。。

おまけに最後のバラシでPEもつれてリーダー張り直しの刑OTL

リーダー張り直した頃には地合終了。

それでも、なんとか、あと1尾取りたい!!と。

小雨が本降りに変わる中打ち続けてくと。

潮目の向うに投げたテンヤの重みが消失し。

ようやくの2尾目。

首折って、仕舞こんでると、本降りの雨が叩きつける雨に変わり。

19時半、強制終了。



5打数2安打・・・

そして、晩飯は



塩焼き定食。
<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[04/27 KAT]
[04/27 じゃこび]
[04/26 KAT]
[04/25 ツインパワーZ]
[04/24 KAT]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAT
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1976/02/09
趣味:
釣り・工作・料理
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]