忍者ブログ
アルミは軽くて強い。加工しようとするとやたら粘っこいクセに熱に弱かったり、となんとなく親近感を覚える素材なのであります。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
17時。

昨日塩してチルド室に寝かせておいたブリ?カマをグリルに放り込み、弱火で炙ってる間に野菜を切り刻み、豚汁(というか、福島県北風芋煮)を煮る。

窓から覗く空がええ感じに暗くなってきた所で。

冷蔵庫からキビナゴと保冷材を取り出し、「太刀やってくるわー」

仕上げは帰ってから。

玄関を開けると・・・しとしと降りやがな。。。

一瞬、躊躇したものの、後悔する位なら行っとけ!や。



合羽の上だけ着込み、ハマ着18:15。

雨は弱まり、小雨の中、いつものAR-C1006改にテンヤ5号くくり付けて、砲撃開始。

すでに地合でもおかしくない状況なので、水面下から探っていくことにする。

昨夜からの雨で海は水潮・濁りあり。

それでも食ってくるのが太刀魚!と探っていくが、全然反応がなく。

それならば中層!と人が少ないことをいい事に左右45度に渡り、投げ倒すが全くの無反応。

18:40を回り、未だノーアタリ、○ボが頭を過ぎる。

今日は明るいうちが地合やったんかぁ・・・・

18:59、ラストや・・・と大遠投後、底まで沈下。

スラックを取り、竿先にテンヤの重みが乗ったところで誘いだ、ワン・ツー・・・ガギン!!

反射的にアワセを入れる・・・が竿は半月のまま。

リールを巻いても竿が曲がるばかりで、それどころか、更に絞り込まれてドラグがジジっと滑る!

最初のヒトノシが終わり、寄せに掛かるが、なんせ大遠投の先。

寄せる途中にも二度三度と締め込みが入る。

四本確定&オモロ過ぎwww

ようやく手前まで寄せて、いつもの調子で抜き上げ・・・と思ったら。

体半分出てても、またくねくねダンスで水の中に戻っていきよるwww

ようやく、抜き上げ。



え~面構えしとるわぁ~♪

首を折って、仕舞おうとしたら何かが口からにゅるり。

なんや・・・と思ったらヒイカが丸一匹。

今日は底でイカ喰うとったんか・・・

満足じゃっ!!と19時過ぎ、納竿。



ドラゴンには寸足らずやった。



二日寝かした腹身と太刀二点盛。。。

こんだけあってもすぐなくなるOTL
PR
飲ませの朝は早い。

3時起床で道具を車に積み込み、人間の餌とアミエビ1ブロック・氷を仕入れ、釣り場へ。

まだ青物はイマイチなのか、空きの目立つ波止に4時、到着。

早速、餌活かしバッカンに水を汲み、解凍袋にアミエビブロック入れて、水汲みバッカンで解凍開始。

その間にサビキ竿と飲ませ竿を用意。

アミエビの溶けた所からサビキバケツに移し、サビキ開始。

夜明け前の暗い時間なので、ヘッドライトの明かりをサビキの棚に届くよう固定し、サビキを上げ下げ。

ほどなく竿先がトントントン・・・と上下し、アジが掛かり始める。

夜明けまでに半日分で20尾程度キープ。



ようやく、飲ませ開始。

6時過ぎ、ウキが斜め潜行し、するすると道糸が走る。

タイミングを見計らい、大アワセ入れるが・・・すっぽ抜け。

餌が大きかったのか、魚が小さかったのか・・・おそらく、後者。

***

大潮の潮流の複雑さに泣かされながら流していると。

8時前、ウキが急速潜行。

道糸が走るのを待って、竿を立てると、ズン!という重量感。

底に底に突っ込む引き・・・ええ型のシオ?メジロ弟?とワクテカしながら寄せに掛かると。

ウキが見えたところでびっくり。

ウキの上下で縺れてパーマ状態やん。

もちらん、ウキはウキ止めの位置。。。

無理でけんなぁ・・・とドラグをワンランク下げ、慎重に走っては止め、走っては止めして。



浮いてきたのはウグイス色のメジロ弟だが・・・背曲がりやん。。。

いつもなら、即海に返すが。

(画像では頭ばかり大きく見えるが)この背曲がりは肛門から前はブリで,後ろがくしゃくしゃ。

おまけに腹は超メタボで旨そうなんやけど・・・。

背曲がりにしてはよく走ったし・・・前のほうは食えるんちゃうか?

結局、悩んだ挙句、好奇心もあって、キープすることに。

***

その後、打ち返してはウキが走るのを待ちに待ったが。

ウキは暴れるものの、吸い込まれることはなく。

10時半、全弾打ちつくし。

暑さに耐えかねて、納竿。

***



結局、バラしてみたら、身はきれいなもんで。

指標になる背骨が曲がってて、包丁のコントロールに難があるだけで、問題なく開けた。

尻尾は無理な運動をしているせいか、筋張って血合い多く、肛門から後ろは全捨て。

味見してみると,釣った当日でも問題なく食える食感(天然は一日寝かせないと硬い・・・)。

身質は養殖に近いが、脂は天然に近く、食べやすかった。

今日は・・・食欲に負けたw
忘れてたOTL

18-19時、いつものハマ。



三打数ニ安打。

左の潮は地合遅く、短い不思議。

やっぱ右やね。
台風連続通過で荒れ続きだった海も凪ぎ、久しぶりに穏やかな週末。

来週は秋雨前線で雨予報が続くので、今の内に南行っとくか・・・と企んだ金曜でありました。

そして土曜。

子「お父ちゃん、虫取り行こう~」

はいはい。

炎天下の四季の里公園を夕方まで登り降りOTL

今日のピカ一の収穫はギンヤンマとキリギリス。。。

しかし、ワシの体力ゲージは赤ギリギリ。

18時半、ようやく開放され、出発。

午前中に下見しておいたスーパーでジャコエビ買おうと思ったら完売御礼OTL

二軒目もハズレ・・・しかたないから半額のヒイカとバナメイ300円買って・・・

高速乗ろうとも思ったが、ダメ元で三件目。

ようやくジャコエビ398円2割引シールつき2パック買い、南下。

すでに真っ暗なので、遅くても竿出せる場所へ・・・

21時、釣り場着。

荷物の重さにふーふー言いながら、移動。

投師と投師の間が空いてたので、断り入れて、落着。

もう動きたくない。

三脚と尻手を固定し、ケミ灯した竿を組み上げ、ジャコエビ付けて投入。



潮風に吹かれて、ケミを眺める至福。。。

釣り人をダメにする椅子にだらーんと伸びながら、餌取りアタリ出る都度、餌交換してコロを待つ。

22時半。

左の竿の穂先がお辞儀したなーと思ったら、竿尻が浮き、そのままガチャン!!

チリンチリンチリンチリン!!

脳汁どっぱー。

竿尻掴んで、腰を落として竿を立てる!

グギョギョギョ!!

おうおう、コロやなぁ!!

尻手外して、悠々と巻上げ、そのまま抜き上げ。

ドサッ。



いつものサイズやな。。。

一仕事終え、また釣り人をダメにする椅子に寝転がり、ケミと夜空をながめ。

折り返しの0時、お湯を沸かして。



真夜中のスーパーカップ。

秋風の中で食うラーメンは旨い。

その後、闇夜の下げに期待したが、穂先は微動だにせず。

穂先を揺らしたのは、上げ潮でゴンズイ2とコロ一枚だけだった。。。

秋の夜長、コロ釣りも本番じゃのう・・・

翌3時納竿。



今日のエモノ。いつもの鼻毛サイズw
9/1

闇夜の大潮だが、週末台風の影響でどうなるか分からない・・・が。

まぁ週末用にグレの2・3枚拾えるやろ、と高を括って23時半から。

先行者1名だが、久々のタマモ氏。

考える事一緒か・・・と思ったら太刀やって中アジ釣っての泉南平日フルコースOTL

うらやますィ・・・。

そんなこんなで電気ウキ流していくが。

一投毎にウキは沈むが、リリース規制15cm以下のメバガシアジウミタナゴにヨロイメバルにフグ。

合間に小マシな引きで22・3のグレ。

最後に手の平サイズのタコ来て心が折れ。

翌1時過ぎ、撤収。

***

9/4

台風の影響でか、天気定まらず、朝から出るにはウネリが入り。

結局、用事を済ませて、子守。

公園で虫取りさせてる間も雲行きが怪しく、気が気ではない・・・。

そろそろマズいやろ、と商業施設に逃げ込んだら、驟雨。

あぶねー。

ひとしきり遊んで、外に出てみると、晴れ間。

訳わかんねOTL

まぁ、晴れてるなら、と早々に帰宅し。



ラスボスでも出てきそうな夕暮れ。

ぼちぼち来そうな時間だね~と中層をテンヤ泳がすとガツン。

幸先よし。

再度同じタナを流すとコッ。

2本連続とは・・・と抜き上げて、鈎を外そうとしたらポロッ・・・ボチャン。

ええ太さやったのに・・・

これで運も逃げたのか、周りでポツポツ当る中、暫くアタリが途絶えたが。

一服つけて、なんとか気を落ち着けて、再開。

夜空に変わる手前で最後のアタリをなんとか拾い。



3打数2安打1ポロリOTL
<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[04/27 KAT]
[04/27 じゃこび]
[04/26 KAT]
[04/25 ツインパワーZ]
[04/24 KAT]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAT
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1976/02/09
趣味:
釣り・工作・料理
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]